東京ヴェルディ戦
エメが不在でも達也がきっちり2ゴール。
ゴールへの臭覚が鋭いというか飛び出しのタイミング、トラップも絶妙で
さらに進化する達也を見せてもらった感じ。
しかし試合内容はというと決して褒められたものではなかったと思う。
特に後半は中盤でプレスがかからないどころかDFラインに吸収されて
しまいクリアのセカンドボールもことごとく拾われて東京Vににいいように
パスを廻されてしまった。苦しいときになんとかタメを作り中盤を作って
攻撃に繋げることが出来ない。この辺がオフトが築いたポゼッションサッカーの
基礎を捨ててしまったギドのフットボールの課題かと思う。
そんな中で攻守に山瀬がとても良かった。最近の山瀬は積極的に守備もするし
長谷部の影に隠れがちだけどいい働きを続けていたから後半ダメ押しとなった
3点目の今季初ゴールは凄く嬉しかった。そして山瀬にきれいなマイナスのクロスを
上げた岡野もまた自分の役割を良く理解し苦しいときのチームをプレーで引っ張る
働きをしていると思う。岡野はボールを追いかけているだけと思われがちだがオランダ
留学の頃からマイナス気味のクロスの精度にかけてはかなりのものになってきた
と思うな。
個人的には永井のターン&ドリブルでかわしてシュートという一連の動きに萌えますた。永井だけでなくレッズの選手は勝負を仕掛ける強い気持ちがある。リスクを回避
してパス廻しをするのがいいサッカーだと思う人には理解できないのだろうが僕は
サッカーもつまつるところ個々の能力勝負だと思う。そしてサッカーは支配率を争う
競技ではなく点を取る競技だ。

テレビで見ていて、パスを繋いで繋いでスペースを作りゴールを目指す東京Vと
ボールを奪うと先ず縦の関係でボールを動かすレッズ。対照的な両クラブの戦いは
決定力の差だったな。森本は飛び出しについては非凡なものがあるけどトラップが
雑でフィニッシュに持っていけなかかった。コイツ、縦への動きはとてもいいけど
「パス廻し命」な東京Vのサッカーには合っていないような気がする。

磐田も横浜も勝ってまだ3位のまま。っていうか今のサッカーで3位にいていいの
だろうか・・・
[PR]
by caz0322753 | 2004-05-23 23:04 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/319799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< いったいこれは・・・ ネット社会の怖さかな >>