レッズ対磐田@埼スタ
あえて既出なことを言ってしまうと、今の浦和レッズは啓太が核だ、
そう感じたホーム開幕戦だった。
a0005688_20203096.jpg


勝ったことは間違いなく嬉しい。けど磐田に勝ったのにとくに感慨が
わかなくなった自分が不思議・・・というのは嘘で試合中も人間力が壊した
かつてはアジアを制したクラブに哀れみを感じてしまった。

この試合も啓太が中盤のバランスを注意深く取り縦のスペースへのパスや
大きなサイドチェンジを見せていた。小野伸二と長谷部の関係がまだあやふや
な感じなだけに余計に啓太の視野の広い仕事振りが光っていたように思えた。
で、その伸二と長谷部の位置が途中から入れ替わるとDFと前線の隙間が
埋まっていた。今の伸二の動きではトップ下はキツイ。マイボールになった
ときの動き出しやオフ・ザ・ボールの動きの質がまだレッズの流儀にフィットして
いない。
後半アレが傷んで平川が登場、去年だかの雑誌で伸二と平川の対談で話していた
いつか同じピッチでというのが実現したね、といってもこれからは普通に見れる光景
なんでしょうがw

この日のアレを見て代表戦で散々アレをコケにしていたボンクラどもに対する溜飲が
下がった。
FKは蹴る前から弾道が見えたあそこしかないというゴール。
左サイドを再三切り裂く突破はアレの本領発揮で先週の失態の汚名を見事に返上
出来たと思う。
そのアレのライバル相馬崇仁が赤サポ初お目見え。あの大観衆を味方にやってみたい 
という夢が実現w ドリブルで仕掛ける攻撃的な姿はがっちりとサポの心を鷲摑みにした
のでは?あのとにかく前でドリドリ勝負という姿勢は浦和らしいタイプで例えば追いかける
展開で後半とにかくプッシュという場面では使えるオプションだと思う。

相手が劣化甚だしい磐田なのでまだ評価は難しいけど3バックは磐石で
遅攻でサイドから放り込まれてもなんの心配も無い・・・はずなのに
あの失点は明らかに集中切れでしょー もったいない。

昨日は甥っ子を連れて二人で埼スタへ。この生まれたときからの浦和サポは
磐田の全盛期など全く知らない。「あっち、よわいね」と普通に見て感じたことを
しゃべっていたよw
[PR]
by caz0322753 | 2006-03-12 20:20 | 浦和レッズ | Trackback(4) | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/3328756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 音の鳴る木 at 2006-03-12 21:59
タイトル : vsジュビロ磐田【第2節】
 ホーム開幕戦です。この日は56,512人入って観客動員500万人を突破したらしいです。これからもドンドン増えて記録を作っていくことでしょう。恐らく単なる通過点ですからね。... more
Tracked from nakaのまったりしたB.. at 2006-03-12 22:23
タイトル : 第2節 磐田戦。
今季初ホーム、相手はいきなり磐田。 チケットがたくさん売れているとか、R指定ができたとか なんかいろいろな話題先行な感じだよなぁと思いつつも8時にはスタジアム到着。 いつものように四谷→浦和美園はほとんど熟睡なのはお約束。 9時オープンの1コインバーにチャレンジ。 今回のメニューは チキンライス+から揚げ+デミソ+チーズ 友人がから揚げ+チャーハン+豚キムチ+卵。 味よりもなんか楽しめる感じでなかなかだった。 入場は大幅なトラブルはないもののまあ公称850名さまは ...... more
Tracked from よしむのblog(mlog) at 2006-03-12 23:37
タイトル : Jリーグ第2節:浦和vs磐田
両チームとも地元藤枝関係の選手がいるので、個人的には 藤枝ダービーです(;゜∀゜)=3 前半33分に長谷部のピンポイントクロスを 田中マルクス闘莉王がダイビングヘッドで先制! その後アレックスのFKなどで浦和が3得点。 磐田は後半中山を投入し、茶野のヘッドで1点返すのが 精一杯じゃった(;´д⊂) 画像は3点目のポンテ(手前)とワシントン。 結果は浦和:3-1:磐田... more
Tracked from RIWTA’S at 2006-03-13 21:48
タイトル : ’06・3・11 ホーム開幕戦 快勝!
さきほど帰宅しました。 とりあえず写真を2枚ほど。記事は後ほど・・・。... more
<< 第2節の結果など come on REDS! >>