さいたまには浦和があればいい
a0005688_21115677.jpg
なんかさ、なんでも大人目線での思考を求める人っているでしょ?
なぜ隣街クラブやライバルに対して抱く感情表現まで大人であることを求められるのか
俺にはワカンネ

伸二と啓太という攻守の要を欠いた試合。
伸二に代わりお誕生日の山田さん、ボランチには酒井がリーグ戦初出場。
で、酒井はどちらかというと長谷部と同タイプで啓太の役割は出来ないと
いうことがよく分かった。それはいい面ではワシントンのゴールを生んだプレーでも
出ていたけどやはり攻撃的な面でセンスを感じる。
ヤマはねぇ・・・(溜息)

後半は大宮が立ち上がりからプッシュしてきて後手後手の対応になり
おまけに両サイドを衝かれても寄せが甘くて楽にクロスを入れさせすぎ、
引き過ぎたDFラインはもう押し上げる余力はなく間延びしてぽっかりと空いた
中盤で拾いまくられて波状攻撃に晒されてしまった。

ロスタイムの永井のゲットは45分間ずーっと鬱積していたものを吹き飛ばして
くれたし大宮を地獄に叩き堕としたゴール。決めた後のあの笑顔は相手にとっては
悪魔の笑顔w

決定機を作る過程は栗鼠にもかなりやられたけど結局はFWの資質の差がでたね、
永井のあの狭いエリアでの切り返しの凄さ、ワシントンのポジショニング。
終わってみれば前回の対戦と同2人のFWのゴール。
この日も普通にフル出場して体を張って頑張った坪井とトゥーリオには
本当に頭が下がる思いだ。お疲れさま、ありがとう。

さいたま には浦和があればいい

オオミヤ なんかイラネ!
[PR]
by caz0322753 | 2006-09-11 21:58 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/4265534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 家本政明を再研修 埼スタでも永井のゴール >>