Jリーグとプロ野球
近鉄がオリックスと合併へ。
野球チームのことは知らないのだがどちらかは経営状態がいいの?
近鉄は単年で40億円の赤字?
今まで近鉄とかオリックスなんてなんの関心も無かったのだが、なんとなく
関西は野球人気が高い地方だと思っていたのにそうでもないようだ。
日本人のプロ野球離れは巨人戦中継のスタンドを映す映像でもよく分かる。
いくらマスコミが煽っても人の気持ちは正直なもので、なんの変化もない
12球団で争う日本一に多くの人々が飽きてきた結果だろう。
限られた一流選手たちも日本球界に魅力を感じられずにアメリカに移籍してしまう。
アメリカでの野球が本当に楽しいと話す松井秀樹のコメントに複雑な気持ちになったのは僕だけではないだろう。

Jリーグは2部合計で28クラブ。規模はどうであれ全てプロクラブ。
北は北海道から南は大分まで人口数万人の街から首都東京にも
地元にプロフットボールクラブがある人々がいる。

ワールドカップが終わればJリーグは滅びると豪語していたナベツネはこの
現状をどう見ているのだろうか。
オリンピック?アメリカはメジャー選手抜きで本大会出場すら出来ず。
サッカーのワールドカップの偉大さを知ってしまった日本人にはプロ野球は
緊張感も感動もない陳腐なものになってしまったのだ。
[PR]
by caz0322753 | 2004-06-14 00:44 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/442531
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< また野球ネタかよ レッズ対名古屋 >>