レッズ対JEF千葉@埼スタ
最近、試合内容についてあまり触れないのは「書きとめておきたい」
と思わせてくれないからで、どうしてもある局面やメンタル面ばかりを書いているような感じ。
「別に仕事じゃねぇんだから」と書いている意義が自分用の記憶補正にしかなっていない
(あ、いつもですねw)
しかし清水、千葉と好調、難敵との試合でレッズもようやく強い面を
見せ始めてくれて、清水戦ではしたたかさ、千葉戦では強い気持ちが感じ取れ
かなり心動かされる試合になっている。
この試合を「ポストやバーに助けられた運のいい試合」で片付けるのなら
それはちょっとどうかと思う。

千葉はテレビで見たフクアリの頃とは明らかに動きの質が落ちたと思う。
確かに早い時間帯で10人になったとはいえレッズのボール廻しに付き合って
いるようで連動した攻撃的な守備は感じられなかった。
これはレッズも高い位置からプレスをかけられるようになったからで、それは
ヤマの復調と大いに関係があると思う。

しかしレッズも相手が混乱を落ち着かせようと引いている時間帯にあまりにも
慎重なボール廻しで時間を浪費していたんじゃないかな?後半立て直して来る
に決まっているのだから前半で一気に勝負を決めるくらいの強さを見せてほしかったのに・・・
相手に付き合ってよく言えば余裕、僕が思うにカウンターが怖くて腰が引けた
時間潰しには不満だった前半。

後半。千葉は水野を投入。2試合続けていい右サイドを見せてもらったなw
なぜ先発でないのか不思議だ。
そして久しぶりにみたネネは予想以上にいい出来で、水野への対応はおいといてw
これなら坪井の穴は埋められると安心した。特に攻撃面ではアレなのかネネなのか
遠くからではわかんないwほどいいオーバーラップもあった。出来ればSBで使いたいね。

トゥーリオのゲットはヤマのクロスをストヤノフに競り勝ち北サイドスタンド側
ゴールへ突き刺した。
両手を広げ全身で歓喜を受け止める4番、選ばれた選手だけが浸れる至福のとき。
そのトゥーリオを残りが30分もありながら内舘に代えたのは怪我のため仕方なかった
とはいえその後の千葉にセンターで決定機をつくられた原因になってしまった。
もう分かりきっているがうっちーのストッパーは無理、やはり適材適所で使わないと
選手の評価自体も落としてしまう。
a0005688_181494.jpg

前がかりの千葉に対して受けに回らず両サイドから何度も決定機を作り
ながらフィニッシュには至らなかったのは残念だったけど最後まで千葉の
攻撃に怯まず真正面から勝負を挑んで勝ったのは俺らのレッズだ。
[PR]
by caz0322753 | 2006-10-08 13:40 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/4458202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dREaD WARRIO.. at 2006-10-09 00:11
タイトル : vsゼフ千葉@埼スタ
前日はアホみたいな雨の中千葉の(!)クライアントと打ち合わせのため彼の地へ行くと、総武線が強風と大雨で遅れたり、寒いわ遠いわでやんなっちゃった俺です。 翌日は前日の天気が信じられないような素晴らしい天気。まぁ、風は馬鹿みたいに強かったけど、台風一過って奴は真夏のそれは蒸し暑くてヤんなるんだけど、風はもうすっかり秋だね。 というのんきな感覚ではなく、結構な気合いと共に向った埼スタ。 ゴールデンウィークにフクアリでやられたことがどうこうではなく、手巻ウンヌンでもなく、せっかくガンバがコケてく...... more
Commented by dREaD_WARRIOR at 2006-10-09 00:17
こんばんは。冬眠(?)明けのJacoです。
ウチーに代わってから狙いは完全にウチ近辺への放り込みでしたね。あのチャンピオンシップを思い出させるような・・・。DFは(浦和の中では)競争の少ないポジションなんで、若い選手を使ってほしいところなんですけどねぇ・・・。

負けなきゃいいってのはシンプルですが磐田、名古屋のアウェーがカギになりますね。2003の轍を踏むことはないと思ってますが、気を抜かず1つずつ。がんばりましょう!!
Commented by caz0322753 at 2006-10-09 01:00
>Jacoさん
こんばんは。
天皇杯での細貝、ナビでの近藤と去年は若手を抜擢
出来たんですけどねぇ。実戦こそが選手を育てるという点では
長谷部や啓太といういい見本があるわけで、ギドには先を見越した
起用も考えて欲しいですね。

磐田が復活してきたようで不気味ですね、楽な試合などないと覚悟して
気を引き締めて頑張りましょう!
<< 秋晴れの下 漢の意地@埼スタ >>