ユーロ2004が始まった
イングランド対フランスは結構楽しみにしていた。
ワールドカップでケチがついたフランスがユーロで汚名挽回wじゃなくて
名誉挽回出来るのだろうか。
メンバーを見ると2年前のメンバーも多いのは若手の台頭が進んでいないのかと
思ったけどアンリ、トレゼゲという強力2topはこれから脂がのって来る年齢だ。しかし試合が始まってみるとこの二人の見せ場はほとんどなかったな。

試合前からイングランドサポの声量には圧倒された。レッズで聞き覚えがある
サポソングのオリジナルがまた聴けたのはよかった。
試合はベッカムのセットからのクロスをランパードがヘッドで合わせてイングランドが先制。フランスは久しぶりの失点らしかったけどその後のフランスの攻撃も
組織的には見えなかったな。ボランチの二人があまり攻撃に絡まないからかジダンも
孤立気味だし両サイドのピレス、リザラズも効果的なサイドからの崩しが出来ず
イングランドのDFにクロスをはじき返されるばかり・・・
後半に入って引いて守りを固めたイングランドはカウンターからルーニーがPKゲット。
ベッカムの入りをみて これは外しそう と思っていたら本当に外したw
それでもフランスは相変わらずのダメっぷりでこれで終了かという終了間際に
ペナ付近からジダンのフリーキックで同点、ロスタイムにジェラードのバックパスに
エメ並みの速さでアンリが追いつきGKが突っ込んでPKだよ。ったく・・・
イングランドサポにとっては悪夢としか思えない展開で試合終了。

見ていて思ったのはオーウェン、ルーニーってどうなの?似たようなスタイルで
変化がつかないしベッカムのクロスを活かすならルーニーよりへスキーかと。
スコールズは守備が中途半端な感じであれならハーグリーブスのほうが
役割がはっきりしていいのでは。

疲れた。今日はここまで。
[PR]
by caz0322753 | 2004-06-15 23:51 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/455891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< レッズ対柏 また野球ネタかよ >>