退任・想い
夕べは居間のビデオデッキで録画しておいたNHKバージョンを鑑賞。
試合前の流れはこっちのほうがいいかもしれない、試合とその後の流れは
やっぱり俺たちの晃がイイなあ、上野アナの実況歴はレッズの戦歴そのものだもの。
まさか晃の実況でレッズ優勝の瞬間を聞ける日がこんなに早く来るとは思わなかった…
さて、どういうふうに編集しようか。

今日は(もう昨日か)普段は立ち読みのマガ・ダイを買った。
ダイの祝福コメントにエメのもあったけど年齢が間違ってるんじゃ?w
マガは啓太のアップの表情がすごくイイ。

ギドの退任は以前も書いたけど丁度いいタイミングだと思う。
選手時代、そして監督とギドへの感謝の気持ちだけで見送れるのは本当に
幸福な結末だった。
今年のレッズのフットボールにはサポも部外者も不満がある内容だったけど
優勝未経験なのに優勝を義務付けられた不思議なシーズンを闘う上でセーフティに
行かざるを得なかったのは仕方ないと思う。
ギドが見せた04年2ndSTのフットボールは紛れもなく攻撃的で胸躍るカッコイイ
フットボールだった。ハイプレッシャーで全員が連動した動きをし手数をかけずに
相手ゴール前までボールを運ぶ、アタッカーは前を向いたらパスより勝負を挑む。
バイタルで責任放棄のパス回しが絶賛され何よりも組織大好き(笑)な日本では異質な
浦和のフットボール、僕はあれを見せてもらえただけで感謝したい気持ちだ。
後任が誰になるのか知らないが、ギドの課題だった圧倒的な個と組織の融合が
出来る指導者を希望したいな。
[PR]
by caz0322753 | 2006-12-06 01:40 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/4801412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 他人事な試合 見せつけた、俺たちのレッズ >>