アジア・チャンピオンズリーグへのお誘い
甥っ子に「えーしーえるってなに?」と聞かれて色々説明したけど
「どんどん勝ったらエメのチームとやるかも」と言うとちょっと理解
してくれた。
そういう僕自身も全く知らない海外クラブとのガチな試合は見たこと
もなくどうなるのか想像もできないわけで、ついに日本からアジアの
舞台へ戦いの場を拡大出来ることに実は今まで実感が沸かないで
いたんだけど改めて次の試合予定を見て急にドキドキしてきている。


去年の12月スタジアム中で響いた「ウラワレッズ・カンペオン」の
チャントのとおりそれを実現する第一歩をついに踏み出すときがきた。
ACLは日程的にも移動も厳しくその割りに得るものがない という
今までの概念を浦和が変えたい。
磐田が開きかけた扉はFIFAの都合で閉じられた。もう一度その扉を開くのは
俺らの浦和レッズしかない。
7日は始めの一歩。みんなで歴史が動き出す瞬間を埼スタで。
[PR]
by caz0322753 | 2007-03-05 19:04 | 浦和レッズ | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/5200268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from RapsodyinRed at 2007-03-05 23:29
タイトル : 水曜日、ついにアジアへ。
   水曜日、ついにアジアとの戦いが始まる。 俺がはっきりとアジアを意識したのは2004年のチャンピオンシップだった。 埼スタで迎える第2戦の前、俺は"GOTOASIA"「史上最大の声でサポートを」って書いたカードを掲げて南広場の入り口に立っていた。勝ってJのチャン...... more
Tracked from Reds Sound at 2007-03-06 22:28
タイトル : ACL初戦
浦和にとって初めてのACL 正直対戦チームの戦力やどんなサッカーをしてくるのかはまるで知らない もちろんクラブは相手の戦力を分析済みのはずだけど予選の難しさやACLの経験がない浦和にとって簡単ではないはず 初戦をホームでむかえる浦和にとって明日の勝利は絶対に必要になってくる 前評判での予選の対戦相手の中ではもっとも簡単な相手とかTVなどでは言ってはいるが浦和の現状のコンディションなどを考えると簡単な相手はいないはず なによりここ数年の代表などでの他国との対戦を観ていると前評判では大差での...... more
<< ペルシク・ケディリ?アイドンノー 横浜FC戦@埼スタ >>