千葉戦とか
録画を観たら昨夜のゲームの記憶がすごく曖昧でorz

3-0にしてから緩んだせいというより前線からワシントンが消えて
投入された小池がまだまだトップの厳しい相手ではタスクをなにも
果たせなかったのと千葉の猛攻で引いた中盤以降との間に出来たスペースを
支配されまくったのが難しいゲームにしてしまった理由だろうな。
これはどんな相手とでも中盤が最終ラインに吸収されるような場合は一緒。
それとレイナウド?という千葉らしくない個の力で突破を仕掛けたりキープ
する動きに戸惑ったのもあるか。

相手側のコメントを読むとレッズのプレスがフルタイム持つわけないと想定し、
後半に勝負を賭けるつもりだったらしい。
確かにテレビで観ていてもそう感じたけど、今季早い時間に勝負を決めに掛かった
ときのレッズの破壊力は千葉レベルの守備では止められないくらい力がある。
だからあれは飛ばしすぎではなく意図的なハードプッシュであり、決めれる
自信と力があると信じているから出来るプランなんで玉砕覚悟ではないんですよ。
ただし甲府、広島のawayでの前半で見せた早い時間に勝負を決めて諦めさせる
というプランがなぜか後半に失点し(ry という繰り返しでもありペース配分は
大切だとも言えるw


クラブにはそれぞれの方針がありどちらがどうとか言えないけど
方針や志向するフットボールは時と共に変わるのものだと思う。
僕は浦和が今のように豊富な資金力で選手を集めて強さを見せつける
フットボールだろうが生え抜きや能力の低い選手中心に労働者サカーを
しようが、「だけど○○な○○が好き」という考えは理解できない。
理由は一つ、「浦和レッズだから好き」以外理由はないから。



***************
相変わらず関西方面がうざい。
まあな、大事な選手を代表で壊されて怒りを感じない訳がないが。
なんでも敵視して悲劇の主人公気取りかと。
気取った大阪サポ風に書くと・・・
「グランデ・ガンバの不動の右ラテラルが代表で負傷した一方でコンディション
不良で招集を見送られた浦和のディフェンサとデランテーロが千葉のカーサで走り
まくってた」
ことがご不満らすぃ。
ていうか、エジプト戦の代表発表前からオシムさんはACLがある浦和に配慮する旨
コメントを出していたけどな。
[PR]
by caz0322753 | 2007-10-21 21:36 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/6338642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 月に吼える スリル@フクアリ >>