ACL S Final@万博
千葉戦があんまりな出来だったし不安で仕方がなかった
のだけどよく持ち直したと思う。

前半の動きは前節の失態を繰り返さないという意思を感じた
最近では名古屋戦以来の集中だったと思う。
受けに回らず意識は前に、ボールに向かう気持ちと集中力の持続。
なんかこう身も心も重いチームにあって相馬の周りを奮い立たせる
ようなプレーが今日もよかった。
どうしても欲しかったawayゴールは相馬のシュートが弾かれ
それをペナの外にいた萌がグラウンダーのミドルを左隅に叩き込んでゲット。

前半抑え気味に見えた大阪がやはり後半は猛プッシュ。しかも早々に
足が止まってしまい防戦一方になってしまったけどこれは想定の範囲。
出来れば無失点で持ちこたえて欲しかったけど失点後も切れずに
守りきったのは2ndレグを考えると大きい。

エジさんの守備が良くなってきてたのは気づいてたけど
今日は本当によくボールを追ってくれた。
役割を受け入れてきたのかな?(まだ確信は持てないw)

とにかくブサイクでもなんでもawayゴールをもぎ取ったドローで
埼スタへ繋いでくれたことが嬉しい。
[PR]
by caz0322753 | 2008-10-09 01:25 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/7556254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 8連戦後 浦和の匂いより新しい血で >>