感想文の感想文
火に油を注ぐ とはこういうことを言うんだな。

オフィシャルに出された「2008シーズンについて」との文章。
何度読んでもまるで他人事のようにシーズンの感想を書いている
だけでどこが「検証」なのか分からなかった。
なんだか知らないけど「レッズスタイル」とやらの
「人もボールも動き夢のあるフットボール」を追求すると。
なんだろ?夢のあるフットボールって・・・

で、結局不振の責任は監督と選手にあったということ?
補強の失敗、いやもっと長い期間で見た強化失敗の責任に
ついてはうやむやにするつもりなのだろうか。



(擁護するため本まで執筆されたお目出度い方もいるし)
相次ぐ一本釣り、重複した補強に、読みの甘い戦力判断、ゲルトには
私的な感情とも取られる理由で2年契約、本来一番戦力の見極め能力
が必要なポジションに場違いな人物が置かれわずか2年でこれだけの失態、
損失をもたらしながら責任は問われない・・・それってどんな企業なんだよ。

責 任 

この言葉の意味を改めて教えてもらった1年だった。
[PR]
by caz0322753 | 2008-12-27 23:08 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/7769897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オヤスミ 赤星復帰 とか >>