away清水戦はドロー
終了後走りきってピッチに座り込んだ選手たちを見たら
ドローでも内容はいいゲームだった・・・では済ませられないなぁ。
いいゲームだっただけに勝点3がふさわしかったと思うし。

入りから主導権は握りっぱなし。清水は引いて中盤のプレスが緩くて
比較的自由にやらせてくれてたけど健太は後半勝負のプランが見え見えw
一方的な展開を気楽に見てたらトゥーリオがペナで原を引っ掛けてしまい
思いがけないPK献上。やっぱりペナで仕掛けるFWは怖いね。
それでも先制された状況で清水の堅い守りをどうこじ開けるか想像して
楽しくて仕方なかったのは選手たちに動揺など見えず自分たちのやり方を
進めていく意思の統一が見れたから。
ただ、攻撃のカタチがサイドからの緩いクロスばかりで単調なのが
歯痒かったんだけど、同点のゲットはペナでアベユキのパスをエジさんが
リターンしてアベユキのシュートを西部がディフレクトしたこぼれ球をロビーが
落ち着いて流し込んで。これも千葉戦に続いていい流れから崩してのゴール。
阿部が積極的にフィニッシュに絡む場面が増えてきてるのはいい傾向では?

待望の直輝の初ゴールはロビーからのパスを左サイドのスペースに
走りこんで受けるとDFにサンドされる寸前に振りの速いシュートを
ゴール右隅にゲット。
しっかりイメージして狙いすましてたもんなー、あの局面で
コントロールされたシュートを撃てる落ち着きはすごいよ。

結局ここ数試合効果的だった閉め方もそうそう上手く行かず、終了間際に
プッシュされた流れを断ち切れず80分間は支配してたゲームは
2-2のドロー。
そう上手くは行かないよ と戒められたような感覚。

・・・健太は随分満足げだったけど長年指揮してるチームが
ホームでこれでいいのか?w
[PR]
by caz0322753 | 2009-04-30 00:16 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/8228111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 自己満足?とCL スペイン風に >>