妥当@埼スタ
めちゃめちゃ暑かった、しかも微妙に蒸し暑い。

ちうごく帰りの川崎にカウンター喰らって負けてりゃ世話ないねorz
いや、これは妥当な結果だと思う。前節は「勝っちゃった」というのが
素直な感想だったけど、今日はやらなければならないことを確認する意味で
コンビネーションの精度のなさ、個に頼ろうとする悪い癖の結果がこれ。

試合の閉め方、監督はどう思ってたんだろ?ドローでよかった?
どうしても勝点3を奪うべきだった?と思いながら帰宅して監督コメント
を読んで納得した。そっか、それなら仕方ない。
もっとコンビネーションを高めてゴールを奪い取ればいいわけだ。

セルはやっぱり監督のやり方を理解していないと結論が出た感じ。
それでもこの状況でファーストチョイスするしかない苦しい状況っていうか
どうせなら高橋峻希を思い切って抜擢したほうがよかったかも。
まずセルとの違いはパスアンドゴーとプレッシングの意思だ。
若年寄りみたいなプレーで満足してるならそれだけの選手で終わりだろう。
[PR]
by caz0322753 | 2009-05-10 20:23 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/8265130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 針路はぶれていないドロー 寝不足というか早起きしすぎ >>