壊れた浦和スイッチ
おいTBS、世界陸上の「このあと」って何分後なんだよ。

前半はなんだか全員引きつったような表情で周りが見えてないというか
焦りのせいか守備がお留守になっているというか・・・勝てないねぇ
監督コメントを読むと少しイラだちが見て取れるし、負の連鎖が
大きくならなければいいのだけど。


最終予選のためのリーグ中断以降突如として崩れた組織での守備。
当初は原因は代表組との意思疎通かと思っていたけどそうではないらしい、
だって横浜戦以後それは改善されていないし。
まず固定出来ない試合が多すぎる、特に最終ラインとボランチは日替わりで
代わり意思疎通が実戦で上手く出来ていないのかも。

攻撃についてはさっきまで見ていたアーセナルのやり方が勉強になるなぁ。
セスクから左サイドのエドゥアルドへのパス、マッチアップした
DFの裏にポンと蹴り出して裏に抜けるとセンターへマイナスのパス、
そのスペースにディアビが突っ込んできてあとは合わすだけでゲット。
この一連の流れはボールを持ったら全体が前に動き出すことが体に
叩き込まれているからなんの迷いも戸惑いもなくペナの中央にMFのディアビが
突っ込んでくるのだと思う。
アーセナルはマイボールになると一斉に前に向って動き出すから
自然とパスコースが複数出来る。パス&ムーブも徹底されていて
常に動くことで実効的なパスをしやすい状況を作り出していた。

リレーの決勝始まらないならもう寝ますw
[PR]
by caz0322753 | 2009-08-23 02:20 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/8848922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新着メールなし 動け浦和 >>