浮かび上がる課題@京都
敗因は前半で先制出来なかったことに尽きる。

これがフィンケ的コンビネーションなのかも と思わせる
ショートパスとロングパスを組み合わせながら複数の
パスコースを作る流動的な組み立ては出来ていたと思う。
よくなったなーと感じたのはコンパクトな陣形でボールを奪い
そこから遠すぎず近すぎない距離感で縦横にスムーズにパスを
繋げるように戻った中盤の構成は見ていて気持ちよかった。
でもフィニッシュへの意識が薄いというかやっぱりキレイに
崩したい意識が強いのか、あれが出来るとこれが出来ないもどかしさ。
これが今季のレッズの姿なのかな・・・

昨日は後半の交代も効果的にはならず。
中盤の活性化を狙って投入した直輝、原口、セルが上手く
機能しなかった。まあそれ以前に全体の運動量がなくなって
しまっていたのだけど・・・
去年西京極でリーグ戦デビューを果たした直輝は残念ながら
今季はトップフォームを取り戻せないまま終わりそうだけど
まだまだこれからのプレーヤー、いい経験をしたシーズンだったね。

次はとうとう最終節。
開幕戦の後で思ったことをなんとしても実現させねば。
[PR]
by caz0322753 | 2009-11-29 09:57 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/9325887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 左手 11.27 >>