2005年 10月 30日 ( 2 )
レッズ対川崎@埼スタ
家本政明はもうダメだ、心の底からそう思う。あれじゃ選手達が可哀想だ。
この人が怖いのは雰囲気に呑まれテンパってるのではなく自信を持ってあの判定を
していることだと思う。まさに自信満々のバ●。
川崎フロンターレにはお気の毒としかいいようがない。
しかし浦和も今季散々おかしな判定に泣かされているのも事実、川崎の監督はじめ
みんなの怒りも分かるよ。でも審判と喧嘩をしても勝ち目がないことも経験から知ってる。

戦前にメディアに出ていた言葉とは違い永井は深い位置から前に出れない状態、
ギドの指示かと思ったが永井もアウグストが気になり自重したようだがお陰で
右サイドをぶち抜かれる場面は皆無、よくやったよ、永井、こんな我慢の日もあるさ。

川崎の高速カウンターは想像以上の速さ(走力ではなく)で中村を中心に繰り出す
攻撃は見ていてこれほど恐怖を感じる相手は久しぶり。
アレのPKは厳しい判定だけどその前の長谷部のシミュも酷い判定で家本劇場
は前半早々から全開・・・
2点目は都築のフィードをマリッチが競り潰したこぼれ球をなぜかそこに走りこんでいた
アレが右足でゴール。チャンスが来ると信じて走りこむことの大切さ。
数回の決定的な危機を都築の神セーブでしのぎ乗っていけるかと思ったら失点は
2点ともセットプレーから。2点目は都築のヤマが大ハズレかなぁ。

後半の入りは川崎がプッシュしたけど前線の3人の運動量が落ちてきたのは分かった
ので前半ほどの恐怖心はなかった と言えるのは録画を見ているからで現場では(ry
トゥーリオのヘッドでの得点は素晴らしかったけどその1プレー前、長谷部がエリア左を
切り裂き切り返しでDFを振ってトゥーリオに出した流れも素晴らしかった。


終盤近くの都築と相手の絡みは遠くて現地では状況がわからず。
録画を見てみると都倉?はキャッチに行った都築めがけて足から飛び込んでいるじゃん、
あれを正当なシュート動作だと思うなら格闘技でもやったほうがいい。
それくらい危険なプレーだろう。馬鹿も休み休み言えよ。
[PR]
by caz0322753 | 2005-10-30 14:23 | 浦和レッズ | Trackback(5) | Comments(0)
最後まで勝ち続ける
疲れた、試合を振り返ることが辛いくらい。

試合のことは後で。

2週に渡り試合を決めたのは我らが田中マルクス・トゥーリオ、
渾身のヘッドは好調川崎をも沈めた。
そそり立つ北サイドスタンド前。突き上げる拳、絶叫のカタルシス。
a0005688_0523741.jpg

勝ったのは俺ら
[PR]
by caz0322753 | 2005-10-30 00:52 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)