2005年 11月 14日 ( 1 )
レッズ対G大阪@万博
録画も見ずに振り返るのは気持ちを区切るため。

前半の入りは悪くなかった。攻めようという意志を感じるプレーでアレが左サイドから果敢に
攻め、中盤もプレスを強めて大阪に自由を与えない。
しかし勝たなければならないはずなのに3ボランチ気味にして前線を薄くしたことが結果的に
攻め切れなかった原因な気がする。どうしても勝ち点3を奪わなければならないのに
中盤の守備に神経を注いだ采配・・・失うものはなかったんじゃないのか?
失点はフェルナンジーニョのドリブル突破から。坪井は飛び込まずに我慢したが相手が
一歩上だった。

後半、攻めるしかない状況でリスクを犯しながら攻勢を仕掛けたのは仕方ない。
しかし攻めのイメージがどうしてもDFの裏、縦となり実態とそぐわない皮肉・・・
そこから思い出したようにサイドへ散らしクロスは跳ね返される繰り返し。
パスを繋ぎ組織でなんとかこじ開けようとした、レッズは攻めた、攻撃サッカーを
展開した、しかし持っている槍が相手より劣っていた。これが今年の現実。
[PR]
by caz0322753 | 2005-11-14 10:43 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(0)