2011年 06月 03日 ( 1 )
勝利のため全員で闘おう!(棒読み)
オフィシャルに出た柱谷GMのお話が大人気ですが。

・はしらたにGM語録その壱
「昨年のように、ボールを保持していながらなかなか前へ進めない、
というようなサッカーではなく、素早く攻めるサッカーが理想です」

そのボール保持すら出来なくなったわけですが。
スタイルの継続を謳っていたはずがいつの間にか全然違う
ことになっているのはなぜなんだろう。

・はしらたにGM語録その弐
「改善するには、全体がもっとコンパクトな陣形で戦わないといけません」

ペトロはピッチをワイドに使う布陣を敷き、中盤と最終ラインが
乖離した状態を改善する兆しすら見受けられませんが。
守備の約束事がないからマーカーの受け渡しすらないので永田や
スピラがどこまでも追いかけている。周りもなにをすればいいか
個々で判断するしかないのでとりあえずボールホルダーを追う。
一見体を張った気合の守備に見えるけどその間お留守になった
ギャップと言うよりぽっかりあいた穴であるバイタル、逆サイド
を悠々と使われると。


・はしらたにGM語録その参
「ファン・サポーターとクラブが一緒になって、この状況に
立ち向かい乗り越える、それこそが、浦和レッズだと思います。」

「ファン」はもう埼スタから去りました。
長年支えていたのに去年あなた方が取った方針でついに
心折れてしまった人も身近にいます。
なにが悲しくてわずか2シーズンでまたレッズの最期
(今回は再生する道筋すらない)を看取らなければならない
この気持ち、柱谷GM、橋本社長には分からないだろう。


しかし、世間には上には上がいてこの未曾有の大災害にも
関わらずくっだらねぇ権力闘争に明け暮れているクズ
ばかり。例えば小澤イチロー。コイツは国民のために
働く議員ではなく一貫して政争をするため代議士を続けて
いるプロゲーマー。なにが「国民の生活が一番」だよw
ゲームにしか興味がないクズのくせにw
[PR]
by caz0322753 | 2011-06-03 00:25 | つぶやき | Trackback | Comments(0)