カテゴリ:BABYMETAL( 46 )
こんな時代
紅月-akatsuki(off vocal ver.)/BABYMETAL



「紅月」は内外のフェスでは披露されたことがない単独ライブでしか
セットリストに載らない正統派スピードメタルチューンでSU-METALの
歌の凄さを見せつけられる曲だが『ガキのおふざけだろw』と思っている
人たちの目に触れることは永遠にないだろう。
[PR]
by caz0322753 | 2014-10-04 20:08 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)
BABYMETAL WORLD TOUR 2014@幕張メッセ・イベントホール
紙芝居の 幕張A-ONのカリスマ店員 4の日 ワロタ。

欧州、北米修行ツアーを終えBABYMETALがLand of the Rising Sun
に凱旋帰国。その2日間公演の初日に行ってきました。
a0005688_1845042.jpg

a0005688_185576.jpg



6、7月のアポカリメンバー限定ライブを除くと3月の日本武道館
2daysから半年ぶりの国内単独ライブ、場内は開演前のBGMに合わ
せコールやサークルモッシュが起こるくらい温まり過ぎな状態で
暗転からの3人の登場を待つ。
(この日のBGMはMETALLICA,ANTHRAX,MEGADETHあとなんだっけ?)

荘厳なバロック調のコーラスが響き渡り「BABYMETAL DEATH」の
耳をつんざくイントロが始まり3人が奈落からせりあがってくる演出
でショウはスタート。ステージは凝ったシアトリカルな演出は一切なく
後方に巨大なLEDビジョンがあるだけで神バンドのドラムセットが上手
に変則的に配置されているのが目を引く程度…と思ったらステージを囲む
ようにパイロが仕込んであり最後のIDZではどーんと高い火柱が派手に上
がりスタンドでも熱気を感じたほどw
文字通り凱旋公演なんだけどオーディエンスにそんな情緒に浸る余裕は与え
ずいつものように息つく暇さえ与えず疾走する怒涛のライブで海外のメタル
フェスでライブパフォーマンスのみで真っ向から勝負し評価を得てきた自信
に満ち溢れ余裕さえ感じた。

SU-METALの声はモントリオールでは厳しいスケジュールや気候の
影響なのか高音が苦しげに聞こえたけどこの日は絶好調で高音が突き
抜けるまっすぐなあの声質で歌い上げてくれた。
ステージでのすぅさんは最早風格さえ漂わせソロ曲「悪夢の輪舞曲」、
「紅月」での凛々しさ「Catch me if you can」や「ギミチョコ!!」
のようなパーティーチューンでの弾けっぷり、「ド・キ・ド・キ☆
モーニング」「いいね!」のアイドルっぷり、どれも圧巻すぎた。

7月のAPOCRYPHA‐Yは最前に近い位置だったけど今回はステージ全体
が観たかったのでスタンド席を選んだので3人のダンスがよーく見えた。
(O-EASTは近すぎて全体が見えなかった)
BLACK BABYMETALの「おねだり大作戦」、「4の歌」はYUIMETAL、
MOAMETALの楽しげなダンスが微笑ましかったな。(楽しげなダンス
なのに流れているのはスラッシュメタルなんだがw)

13日の神バンドの構成はds.前田神 g.Leda神、小神 b,BOH神の
構成。
小神さまのギターが紅月のギターソロ前にトラブってギターを交換して
いる様子が見れたけど見せ場のお立ち台でのユニゾンはキレイに決めて
きたのはさすが。


約90分のライブはシンプルな演出で、ギミックに頼らない、MCで和ませ
ない、真っ正直なステージパフォーマンスのみで観る者を圧倒し謎の感動
と爽快感を与える圧巻のステージだった。
[PR]
by caz0322753 | 2014-09-14 18:34 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)
至近距離
7月21日、O-EAST@渋谷で生のBABYMETALを体験してきた。
FCメンバー限定イベント APOCRYPHA-Yに。
実はO-EASTは初めて。余りの小ささに驚きつつ入場すると運よく
かなり早い整理番号だったのでステージは目の前、近すぎてYUI、
MOAの目線が来るとちょっと気恥ずかしさすら感じる至近距離だった。
a0005688_22344860.jpg


感想は一言で済んでしまう。
『すごかった』

もう少し書くと3人とても綺麗だった。SU-METALはBDや画像で見る
より遥かに美しく凛々しく気品さえ感じた。
YUIとMOAの表情は細やかで指先から目線まで神経が行き届いたダンス
パフォーマンスなんだけどちょっとした瞬間にフロアを見下ろしながら
口元に天使のような笑みを浮かべる。あれは映像では分らないだろうな。

もう少し書くとSU-METALの声質。すぅさんの声は重金属音に負けない
声質と声量があることが確認出来た。(これLiveBDだとどうしても編集
でミックスされるからちょっと疑念はあった)ダンスしながらなのに
音程を外さず息も切らせずあの声量で歌いきる恐るべき16歳…
圧巻だったのは「悪夢の輪舞曲」一番生歌で聴きたかった曲だったので
雷鳴のようなドラムのイントロが流れた瞬間『きたぁぁ!』と。伸び
やかな声、キレのある謎の踊りwといい大満足でした。
Live@ロンドン以降朝の情報バラエティなどで世間の目に触れたためか
「どうせ口パクだろw」とまぁ僕も最初に動画を見たときに思ったよう
な感想を目にすることが増えたけど真面目に書くとCD音源より断然いい
です。表現力が向上しているし少女らしい線の細さがあった声は以前より
少し太くなり迫力が増している。

もう少し書くと神バンドの演奏はソリッドで寸分の狂いもなく3人の歌と
ダンスにシンクロしつつバンドとしての存在感も示していた。
音量は”爆音”と表現するほどではなく低音は控えめなのはSU-METALの
ヴォーカルを聴かせるためなのかな。


これは面白そうだけど旬は短い、いつも聴いている海外のバンドのよう
に4年後の来日を待つような暢気なことでは見逃してしまうと思い焦って
FCに加入した甲斐はあったと思う。
たぶん1000人ほどの小さな箱でBABYMETALを観れる機会はもうない
だろうな…
普段自分からは海外のHR/HM系Liveにしか行かないのでBABTMETALの
細部まで突き詰められ計算し尽くされた完璧な”ショウ”は見惚れるほど
素晴らしかった。
確かに彼女たちは本質では”アイドル”でメタルじゃないと思う。
しかしあれほどのクオリティのバンドを従えて媚びた笑みや愛想のいい
MCなど一切挟まず怒涛のような凄いパフォーマンスを披露するのを目
にしたらそんなカテゴライズは無意味だと分るだろう。
[PR]
by caz0322753 | 2014-07-25 23:19 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)
融合
BABYMETAL/BABYMETAL
a0005688_23414773.jpg

BABYMETAL初のフルレンスアルバム。

あなたが『所詮アイドルを使った遊び半分の企画でしょ?』とプレーヤー
の再生をクリックし#01が始まると荘厳なバックコーラスから禍々しく
ヘヴィなリフが襲ってくる。なんだこれ?と思う間もなく自己紹介?の
ような非常に短いフレーズが聞こえてくるがそれを押しつぶすようなデス
ヴォイスと強烈なギターソロが声を掻き消していく。
再び静寂へと導くようなゴシックなバックコーラスに続いて和風なイントロ
で始まる#02メギツネはYUIMETAL、MOAMETALがお祭りのような日本的
な掛け声でアゲつつSU-METALが情緒的なサビを聴かせるバックでドラム
が強烈なツーバスを放ち続ける。
#03ギミチョコ!! インダストリアルな雰囲気の硬質なギターサウンド
とサビのポップさが面白くてこれは日本語が分らなくても癖になるだろ
うな。『なんだこれ??』と良くも悪くも聴き手を混乱させるBABYMETAL
の要素が詰まった曲。
#04 いいね! 僕がイメージする安っぽいアイドルソングからラップ、
ヘヴィなギターの轟音とデス声からのアイドルに戻る不思議な曲。
歌詞にある通り超カオスすぎて説明できないw
前半のアイドル全開な展開が『キツネだお!』から一転ヘヴィな展開に
なる構成に力技を感じる。
#05紅月-アカツキ メロウなスピードメタルチューン。制作側はXJAPAN
へのオマージュであることを隠さないそうだが僕はXJAPANを全く知らない
ので様式美というかツインリードのユニゾンにIRONMAIDEN的な正統派の
曲だなーこんな曲も作れるのかと制作サイドに感心した1曲。正直舐めてい
ました。
この曲はSU-METALの声の特長を理解するには一番いい曲だと思う。真っ直
ぐで虚飾がなく変に技巧に走らず持って生まれたスペックの高さで歌い上げ
る表現力にひれ伏す。これが16歳なのかと。おかしいんじゃないかと。
そんなSU-METALの凛々しい歌声に浸っているとド・キ・ド・キ☆モーニング
という書くだけで赤面しそうなおっさんには厳しすぎるタイトルの#06が
聴こえてくるから油断してはいけない。これがyoutubeで世界各国のメタラー
に目を付けられBABYMETALが世界と繋がった曲。アイドルポップかと思わせて
おいてからのハードコアな曲展開が秀逸。
#08 4の歌 『よんのうた??』古典的なスラッシュメタルなリフに乗って
YUIMETALとMOAMETAL作の言葉遊びが始まる不思議な曲。
#09ウ・キ・ウ・キ☆ミッドナイトはダブステップを取り入れトレンドを押
さえつつ次の#10 Catch me if you can は疾走感溢れライブ映えする曲だ
けどただ疾走するだけでなく静と動のメリハリがありバックコーラスのデス声
がかくれんぼの鬼役だったりでよく作り込んでいるなぁと思う。
#11悪夢の輪舞曲 陽気なパーティーロックが続いたところでジェントを取り
入れたこのアルバムでは異彩を放っている悪夢の輪舞曲が始まる。怒涛のよう
なドラムとピアノの旋律が入り混じりSU-METALの歌声は走りそうで走らない。
複雑なメロディは聴く側に爽快感は得られないだろうが個人的にはかなり気に
入った曲。SU-METALはこの難解な曲を歌うだけでなく自分のモノにしている。
何度でも書くけどこのコは本当に凄い、恐るべき16歳だと思う。
#12ヘドバンギャー!! 曲名を読んだだけでメタル舐めてんのか?と思い
たくなるすごいセンスのタイトル。SU-METALの歌とYUIMETALとMOAMETAL
のスクリーム&ダンスを十二分に堪能できるライヴでは欠かせないキラーチューン。
そしてラストの#13イジメ、ダメ、ゼッタイ。最後に正統派メタルチューンであり
BABYMETALの代表曲I,D,Zを持ってきてこれがアイドルとメタルの融合だと示し
全13曲が怒涛のように過ぎそして終わる。
[PR]
by caz0322753 | 2014-06-30 23:44 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)
邂逅
いろいろと理屈を考えていた。最近一番のお気に入りなBABYMETALのこと。

曲はメタル、ラウド系の様々な形態のいいとこどり、いや楽曲のクオリティ
はかなりのレベルなんだけど動画に映っているのは年端もいかない少女たち
が轟音鳴り響くステージをゴシックな衣装で飛んだり跳ねたりしている姿…
これまでほとんどアイドルと呼ばれるジャンルに興味も関心も近寄ろうとも
しなかった僕にとっては長年慣れ親しんだ世界と異世界の邂逅。

SU-METAL(中元すず香)のその歌い方はソウルフルでもソプラノでも
デス声wでもなく”まっすぐ”(これ多くの人がそう表現していた)素直なん
だよね。それがどうしてこんなに重金属音と調和し人を惹きつけるのだろう?

イジメ、ダメ、ゼッタイ/BABYMETAL

BABYMETALはビジュアル、楽曲のアンバランスさが絶妙な位置で融合して
いるから面白いのだと思う。メロデス系の禍々しさとギャップがありすぎる
お気楽な遊び心のある歌詞と少女たちの組合せは見ているオトナに得も知れ
ぬ罪悪感を抱かせる。だがそれがいい。
そしてこんなことを書いている自分が堪らなくキモいwだがそれでいい。
最近のアー写だとMOA、YUIは文字通り成長(成長期だからね)し絶妙な
アンバランスさを楽しめる残された時間は短いのだろうなと思ったりする。
[PR]
by caz0322753 | 2014-06-06 21:13 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)
メタル女子?
youtubeを色々漁っていて最近引っ掛かったのがBABYMETAL

結構前に妙な和風アレンジのPVを見たときは子供が踊りだして
『ひでぇイロモノだなこれw』とすぐに見るのをやめた。
それがたまたまライヴの動画を見て気がついたら次々とライヴの
動画を見ていたと言うね…

初期のMETALLICAのような重く疾走感がある「BABYMETAL Death」
にがっつり引っ掛かってしまった。


Catch Me If You Can/BABYMETAL


事務所がperfumeと同じと知ってなるほどねと。
3人娘はテクノとアイドルという親和性が高い組合せだったけど
こちらはミスマッチで売るのか。だけどまだ14、5歳の少女たち
をこんなハードコアなコンセプトで売りだして欧州のメタルフェス
に送り込もうとは大人の考えることは恐ろしいなーw
[PR]
by caz0322753 | 2014-05-23 21:06 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)