カテゴリ:浦和レッズ( 1028 )
明日は新潟戦
新潟と言えばJ2時代のアウェーでの虐殺を思い出す。
(鳴尾め~)

自称「日本一のサポーター」らしいのでどんなサポートなのか今から楽しみ。
こう言った地方クラブの盛り上がりはこれからのJにとって必要不可欠なので
歓迎する気持ちはある。しかしどうも新潟は必要以上にレッズを意識している
ようで新潟フロントがシーチケ販売枚数が浦和以上だとかスタのキャパも考慮
せずに発言している。

実はまだ今年は新潟のゲームを見ていないのでどういったサッカーをするのか
分からない。イメージとしては前半はガチガチに守り耐えて後半のスタミナ勝負
なのかな。FWに難があるせいか勝ちきれないようだが反町監督のもと基本戦術
は徹底されているようだ(うらやましいなぁ)
レッズは引き篭もり相手にこじ開けて得点出来るほどに全体の意思統一がまだ
されていないので広島戦同様苦戦が予想される。後半ラインが間延びしてきたら
J最強コンビが活かされて勝機があると思う。

最後に、日本一のサポうんぬんは10年経ってからにしておけ。喜怒哀楽全てを
経験してそれでもそのクラブが好きなら本物だよ。

僕はレッズサポが日本一のサポだなんて呼称は欲しいとは思わない。
欲しいのはチャンピオンカップであり最強のクラブの称号だ。
[PR]
by caz0322753 | 2004-05-08 04:10 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
対広島 とりあえず無失点試合達成
アレ(4億円相当)の使い方を教えてください。お願いします。

ホームで引き篭もって電柱に当てるだけのつまらないゲームを
せっかくの満員のスタジアムで披露する広島。

エメ・達も引き篭もり相手では苦しいね。
今日は山田さんに代わり右に入った平川とようやくレッズのユニで
登場してくれたトゥーリオが見れた試合。それだけ。
達也の怪我の具合が気になるな。次節は元気に出てきてくれることを願う。
[PR]
by caz0322753 | 2004-05-02 21:24 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
固定観念
レッズと対戦した相手サポがよく言う台詞。
①「内容はうちのほうが上」
②「レッズのサッカーはつまらない」
③「エメひとりにやられた」

① カウンター喰らった負け惜しみ。
② 相手サポに楽しんでもらうためにやってるわけではない
③ エメは反則

個人技に優れた攻撃的選手が多い今のレッズが取る戦術は
組織的プレーを好む日本人には誤解されやすいのか?
理想としては個人技に組織を加えてどんな場面でも相手を圧倒する
ポゼッションフットボールだけどさ。
現実として1対1の仕掛けに頼らざるを得ないのが今のレッズなわけ。
いや、それが一番得点の確率が高いからそれを選択しているの。
いくらポゼッションが高くても去年のように中盤で横に回すだけでは
かえって攻撃の機会をなくすだけだし、サイド攻撃もFWにポストが出来る
ようなタイプがいないから非効率。
今年の目標は縦のポジションチェンジを上手く利用して厚みのある攻撃を
仕掛けることだがまだ完成には程遠い。
レッズのフットボールが面白くなるのはこれからだ、と思う、思いたい。
[PR]
by caz0322753 | 2004-04-20 01:07 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(1)
守備がねぇ~
日曜はまた大分との試合。
今年の特徴としてコーナーキックがとてもスリリング。・・・悪い意味で
DFが比較的低身長な今のメンバーだけどそれでもマークのズレの修正
などでもう少しフリーで打たせる場面を減らせるのでは?

キャンプ中に土田コーチが「守備の練習がない」と言うようなコメントを
していたけどギドが監督でどうして?と半信半疑だった。
それとニキの、トゥーリオの故障でキャンプ、リーグ戦を通じて未だに
本来のDFラインが揃わないのもここまでの大量失点の原因なのは分かって
いるけどそれなら理想は兎も角、今は先ず守備の安定を考えたらいいのに。
例えば啓太不在の試合でいい働きをしていた酒井だが最近は使われていない。
僕が現場で見た感じでは酒井の方が動きがいいしフィットしているように思う。
平川のストッパーは高さよりスピードを重視した起用なのだろうなぁ。今年の室井は
判断に迷いが感じられ判断ミスが多く元々足が遅いのに輪をかけて良くない
から怪我人二人が復帰するまでは平川のストッパーが続くのかな。それなら三上は
どうなのよと言うところだがギドの中では平川のほうが上なのだろう。

前節で達也が2得点したのは明るい兆し。
1stは守備には目をつぶってエメ、達コンビのゴールラッシュを心の支えに、そして
長谷部と山瀬のライバル対決を楽しみに観ていこう・・・
(山田さんを追い続けるのは基本)
[PR]
by caz0322753 | 2004-04-17 10:38 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
試練の日々・・・
a0005688_013.jpg
快晴の土曜日の午後4時開始のゲームで駒場は20558人で
ほぼではなくぎっしりと満員。2万人超えはあのFinal5以来らしい。
確かJ2時代の大宮戦であったと思っていたけど思い違いかな?

イギリスのオペラ歌手ラッセル・ワトソンのハーフタイムショーは
よかったんじゃない?
マンチェスターユナイテッドサポなの?でも歌の途中でジャケットを
脱ぐとそこにはレッズのレプを着たワトソン君が!


鹿サポグラウンドに乱入。
サポがクラブの足引っ張るようなことするのはまずいんじゃないか?
ま、うちも以前、前科がありますが・・・
[PR]
by caz0322753 | 2004-04-10 23:54 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
報道ステーション
ニュースステーションの後番組だけどサッカーの扱いには好意的だった
ニューステが終わったためJの扱いがどうなるのか気になるところだ。
どのスポーツニュースでも海外のゲームをよく取り上げているけどJリーグの
扱いは酷いものだよなぁ。なんでよその国のリーグの結果を延々と見せられないと
いけないの?スパサカさん。そりゃレベルで言ったらリーガやセリエが全然上だけど
フットボールの面白さは技術云々じゃないと思うぞ。そういう僕も純粋にハイレベルな
モノを楽しみたい時もあるからCLやリーガも見る。でもそこにはフットボールが本来
持っている体がアツくなるような興奮やゴールの喜びはない。技術に感動して涙が出る
ことはあるけどひいきのクラブの勝利に涙するほどでもない。
で、報道ステーションだが福田が出演するのは嬉しいけど水曜レギュラーなの?
せめてMJみたいに月曜がよかったのに・・・
古館の司会は色々な意味で興味がある。彼の実況はプロレス時代が凄かった。
F1では不評だったがドライバーにへんてこなニックネームを付けていたな。
「暗いイタリア人モデナ」とかね。
良くも悪くもその後のスポーツ実況に大きな影響を与えたのは彼だと思う。
その彼が報道と言う全く違う舞台でどんなへんてこな司会をするのか期待したいw
[PR]
by caz0322753 | 2004-04-08 00:35 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
審判のレベル
磐田戦は地上波、BS共に放送がなかったため結果とその中で起きた
いつくかのことしか分からない。しかし様々な浦和系サイトを見てみると
主審のエメへの警告に疑問を投げかけている。2分間で2回の警告という
だけで普通じゃないよね。今年から審判への抗議が厳しく取られるとは知って
いたけどそれなら審判のレベルもなんとかならないのか?
どこみているのかわからないポジションや曖昧な判定基準。自分たちの
レベルの低さを棚に上げているのでは何も向上しないんじゃないか?
前半早々に2枚のイエローということがどういう結果になるのか分かっての
判定だろうか?この主審はいままでにも理不尽な判定を繰り返して試合を
ぶち壊してきた前例がある。

ま、磐田と言えば鈴木秀人や田中誠、福西などピッチ上のチンピラが所属している
ことで有名だし判定に不服があると主審を囲んで恫喝するのが好きなクラブ
ですが、それでも勝てば正義ってことですか?


磐田サポってピッチのチェックに来た審判団を拍手で迎えるそうだw
そこまでやるかw
[PR]
by caz0322753 | 2004-04-07 00:32 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
混乱のなか
いつ以来の駒場だろうか?去年の桜戦以来の駒場だな・・・

相変わらず1列後ろの親父連中は的外れなヤジを飛ばしまくり
レッズの駄目さを嘆いている。それでも毎年ここに足を運んでくる。
そういうもんなんだろうな。

春らしくなった陽気のせいなのかぽわ~んとした空気に包まれた駒場。
駒場っていうのはな、もっと殺伐と(以下略)

坪井の抜けたところに平川を持ってきて左に酒井、中央に啓太さらに
3topの左は達也と左サイド総とっかえで挑んだギドだが急造ストッパーが
通用するほど大分は甘くなかったということだ。
アウベスと吉田が何度も裏を取る動きをみせレッズのDFは高いラインを維持
出来ない。それにしてもアウベスは噂通りのいいFWだった。高さとスピードを
兼ね備えている。去年の大分を想像していたのでMFのビチュヘといい弱点を
補ういい補強をしてきたと感じた。
で、レッズだが、U-23組を試して見たかったのかも知れないがこの2試合で
少し慣れてきた形を崩してしまったのが敗因だと思う。前節でも中央で守備の
要だった酒井に代わり啓太を入れたことで周りとの呼吸が合わずしかも啓太
自身の出来の悪さも加わり全く効果的な役割が出来なかった。
啓太はボールの展開力が一つの武器なのに肝心のパス精度が悪すぎ。
判断も遅く苦し紛れの横パスを繰り返すだけでは・・・
達也は初めて今年のチームに加わった割には良く出来ていたと思うがそれは
彼個人の能力によるものでしかなかった。あの緩急を織り交ぜたドリブルは
相手にとってはやっかいだろうな。
エメ、達也、永井、ヤマ、長谷部、山瀬・・・いずれもチャンスを作ったけどその
多くは個人技での打開でチームとして相手を崩しての形がまだあまり作れて
いないのは仕方ない。去年と全く違うコンセプトで攻撃をしているのだから。
開幕2試合が僕の予想以上にいい結果だったので昨日はかなり落胆したが
一晩たってみればまだ始まったばかりのチームなのだから0-2から一度は
追いついた点も少し褒めてあげなければと思った。
[PR]
by caz0322753 | 2004-03-28 12:08 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)