カテゴリ:浦和レッズ( 1034 )
東京ヴェルディ戦
エメが不在でも達也がきっちり2ゴール。
ゴールへの臭覚が鋭いというか飛び出しのタイミング、トラップも絶妙で
さらに進化する達也を見せてもらった感じ。
しかし試合内容はというと決して褒められたものではなかったと思う。
特に後半は中盤でプレスがかからないどころかDFラインに吸収されて
しまいクリアのセカンドボールもことごとく拾われて東京Vににいいように
パスを廻されてしまった。苦しいときになんとかタメを作り中盤を作って
攻撃に繋げることが出来ない。この辺がオフトが築いたポゼッションサッカーの
基礎を捨ててしまったギドのフットボールの課題かと思う。
そんな中で攻守に山瀬がとても良かった。最近の山瀬は積極的に守備もするし
長谷部の影に隠れがちだけどいい働きを続けていたから後半ダメ押しとなった
3点目の今季初ゴールは凄く嬉しかった。そして山瀬にきれいなマイナスのクロスを
上げた岡野もまた自分の役割を良く理解し苦しいときのチームをプレーで引っ張る
働きをしていると思う。岡野はボールを追いかけているだけと思われがちだがオランダ
留学の頃からマイナス気味のクロスの精度にかけてはかなりのものになってきた
と思うな。
個人的には永井のターン&ドリブルでかわしてシュートという一連の動きに萌えますた。永井だけでなくレッズの選手は勝負を仕掛ける強い気持ちがある。リスクを回避
してパス廻しをするのがいいサッカーだと思う人には理解できないのだろうが僕は
サッカーもつまつるところ個々の能力勝負だと思う。そしてサッカーは支配率を争う
競技ではなく点を取る競技だ。

テレビで見ていて、パスを繋いで繋いでスペースを作りゴールを目指す東京Vと
ボールを奪うと先ず縦の関係でボールを動かすレッズ。対照的な両クラブの戦いは
決定力の差だったな。森本は飛び出しについては非凡なものがあるけどトラップが
雑でフィニッシュに持っていけなかかった。コイツ、縦への動きはとてもいいけど
「パス廻し命」な東京Vのサッカーには合っていないような気がする。

磐田も横浜も勝ってまだ3位のまま。っていうか今のサッカーで3位にいていいの
だろうか・・・
[PR]
by caz0322753 | 2004-05-23 23:04 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
世界の中心で愛を叫ぶ
いや、読んでません、見てません。

小説以上に感動的な事実を知ってしまい、かなり救われた気分。
この世の中にはドラマでも作れないような出会いがどこかで人知れず
始まっているのだなぁ 仕事も忘れてサイトを熟読してしまった。
なんかさ、長く付き合っているとどこかでそれが当たり前のように思えてきて
相手に対する感謝の気持ちが薄れてくることがある。
出会いから付き合うまでの苦しい気持ちやその後の嬉しさ、幸福感・・・
最近の僕は我を通しがちだったと思う。自分の状況に甘えて相手に対する
本当の思いやりや感謝の気持ちをなくしかけていたかも。
この人達の出会いからの経緯を読んでなにか心がすーっとする感覚を
久しぶりに味わった。


ところで、エメが肉離れらしい。今まで無理して頑張ってくれたのだから
しっかりと治してから復帰して欲しい。
[PR]
by caz0322753 | 2004-05-17 23:55 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
市原戦
主審が主役になりたがった為に後味の悪いゲームになってしまった感じ。
開始10分ほどでトゥーリオに出たイエローが嫌な予感の始まりだったな。
イエローが出るほどのファールには見えなかったし、まだファールの基準も
示さない時間だっただけに、なにコイツは?って思っていた。
2失点目でトゥーリオが厳しく寄せられなかったのは1枚貰っていたことが
影響したんじゃないかな。

前半は完全に市原のペース。早いチェックでパスコースを潰され囲まれて
奪われての繰り返し。反対に市原はまさにムービングフットボール。ポジションを
変えながらレッズにボールを触らせずにいいように中盤を支配された。
しかもエメ、長谷部という攻撃の要が消えてしまいかなり凹みながら見ていたけど
その後に入った永井や岡野が気持ちの入ったプレーを見せてくれた。
1点目が入った後から駒場の雰囲気がガラっとかわりこれはいけると思った。
その後追いつき勝ち越したのは駒場であったからこそかもしれない。
まったく!最後の誤審がなければ・・・
岡田さんは流れとかホームディシジョンをくむタイプではなくあくまでも杓子定規に
判定をするタイプだ。悪く言えばレッズサポと闘っている感じw
ロスタイムでホームが勝っている状況で微妙な位置でのファールならPKは取らない
で欲しかったよ。せめて副審に確認くらいはして欲しかった。
本人は正しい判定をしたと思っているだろうが試合後のブーイングはただの
ブーイングではなく試合をぶち壊したあんたに対しての正当な抗議だと思え。
[PR]
by caz0322753 | 2004-05-16 03:25 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
キャプテン
いや~吉原カッコいいわぁ~

うちにもあんなキャプテンがいたらな~なぁ山田さん。

ダビスタのやり過ぎ?で痛めていた肘の古傷が悪化・・・
発売日に買って以来約3週間、いまだに全G1がとれていないわけですが
ゲームの流れがスムーズでなくサクサクと進められない点がすごくストレス
になっている。調教シーンなんかサクッと流してくれよ。
深夜に調教を付けているとその間にうたた寝をしてることもしばしば。
しかしネット上のBCの動画を見ると上がり3ハロン30秒だよ!おい!
どうしたらそんな馬ができるんだろ??


明日、達也は欠場の模様。
天気もいいようだし啓太の禿頭のテカリ具合を確認してくるかな。
[PR]
by caz0322753 | 2004-05-14 21:51 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
相変わらず・・・
まったく・・・、相変わらず負けると「エメにやられただけ」とか
「エメ以外なら互角」「内容は上だった」とか過去に目にしてきたような
言葉がネット上に溢れていた。

エメは確かに凄い、レッズの最終兵器、スーパーウエポンだ。
でもエメがフィニッシュまでいく過程で何が行われていたかをきちんと
見ていないから上のような誤ったレッズ評が出てくるのだと思う。
中盤が早い寄せでボールを奪いそれに呼応したエメがスペースに走りこむ
そして精度の高いスルー(ここ重要)がエメに渡りフィニッシュ。
DFからサイドへ展開されサイドが精度の高いクロス(ここ重要)をエメに出す。
ボールを持った達也がエメとみせるコンビ。いずれもエメ一人では出来ない
ことなのになぜか彼らに言わせると「エメ一人」になってしまう。

あんたのとこにエメが入ったとして今のレッズで見せるようなエメのプレーが
見れるかというとそれはNoだ。
今のレッズにおけるエメになるまでにはそれなりに苦労があったのだ。
僕たちの間でも「あんなワガママはいらない」と言われていた時期もあったし
チーム内でも孤立していたこともあった。
僕ははそんな過程を知っていてそして今のエメを見るから「戦術はエメ」
だとか「エメ以外はJ2レベル」などと言われるとサッカーが解っていないな と
寂しい気持ちになってしまう・・・
[PR]
by caz0322753 | 2004-05-11 03:03 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
見たか反町!
a0005688_0220.jpg
うちは達也も永井もいませんでしたが、なにか?

エメのハットで今期アウェー初勝利。

そりゃエメを止めるのは無理。少なくとも新潟のショボDFでは無理
しかもあれだけスペースを空けていたら抑えられる訳がない。
反町は「浦和みたいな個人技頼みのサッカーはしたくない」とか偉そうに
語っていたけどサッカーの基本は個々の技術だろ?
他所の戦術を批評する暇があるならお前のとこの選手のレベルアップを
したほうがいいぞ。正直新潟にはガッカリしました。前半の入りがあんな
緩いのでは立ち上がりに失点が多いのも納得。中盤のプレスも緩すぎで
お話にならない。個人技がないならフィジカル任せでガンガンこいよw
もっと組織立って意思統一が出来ているのかと思っていたのに出来の悪い
瓦斯みたいなサッカーでした。

いまF1をTV観戦しているのにネットで誤って琢磨のリザルトを知ってしまったorz
この後どうしよう?
[PR]
by caz0322753 | 2004-05-10 00:23 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
明日は新潟戦
新潟と言えばJ2時代のアウェーでの虐殺を思い出す。
(鳴尾め~)

自称「日本一のサポーター」らしいのでどんなサポートなのか今から楽しみ。
こう言った地方クラブの盛り上がりはこれからのJにとって必要不可欠なので
歓迎する気持ちはある。しかしどうも新潟は必要以上にレッズを意識している
ようで新潟フロントがシーチケ販売枚数が浦和以上だとかスタのキャパも考慮
せずに発言している。

実はまだ今年は新潟のゲームを見ていないのでどういったサッカーをするのか
分からない。イメージとしては前半はガチガチに守り耐えて後半のスタミナ勝負
なのかな。FWに難があるせいか勝ちきれないようだが反町監督のもと基本戦術
は徹底されているようだ(うらやましいなぁ)
レッズは引き篭もり相手にこじ開けて得点出来るほどに全体の意思統一がまだ
されていないので広島戦同様苦戦が予想される。後半ラインが間延びしてきたら
J最強コンビが活かされて勝機があると思う。

最後に、日本一のサポうんぬんは10年経ってからにしておけ。喜怒哀楽全てを
経験してそれでもそのクラブが好きなら本物だよ。

僕はレッズサポが日本一のサポだなんて呼称は欲しいとは思わない。
欲しいのはチャンピオンカップであり最強のクラブの称号だ。
[PR]
by caz0322753 | 2004-05-08 04:10 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
対広島 とりあえず無失点試合達成
アレ(4億円相当)の使い方を教えてください。お願いします。

ホームで引き篭もって電柱に当てるだけのつまらないゲームを
せっかくの満員のスタジアムで披露する広島。

エメ・達も引き篭もり相手では苦しいね。
今日は山田さんに代わり右に入った平川とようやくレッズのユニで
登場してくれたトゥーリオが見れた試合。それだけ。
達也の怪我の具合が気になるな。次節は元気に出てきてくれることを願う。
[PR]
by caz0322753 | 2004-05-02 21:24 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
固定観念
レッズと対戦した相手サポがよく言う台詞。
①「内容はうちのほうが上」
②「レッズのサッカーはつまらない」
③「エメひとりにやられた」

① カウンター喰らった負け惜しみ。
② 相手サポに楽しんでもらうためにやってるわけではない
③ エメは反則

個人技に優れた攻撃的選手が多い今のレッズが取る戦術は
組織的プレーを好む日本人には誤解されやすいのか?
理想としては個人技に組織を加えてどんな場面でも相手を圧倒する
ポゼッションフットボールだけどさ。
現実として1対1の仕掛けに頼らざるを得ないのが今のレッズなわけ。
いや、それが一番得点の確率が高いからそれを選択しているの。
いくらポゼッションが高くても去年のように中盤で横に回すだけでは
かえって攻撃の機会をなくすだけだし、サイド攻撃もFWにポストが出来る
ようなタイプがいないから非効率。
今年の目標は縦のポジションチェンジを上手く利用して厚みのある攻撃を
仕掛けることだがまだ完成には程遠い。
レッズのフットボールが面白くなるのはこれからだ、と思う、思いたい。
[PR]
by caz0322753 | 2004-04-20 01:07 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(1)
守備がねぇ~
日曜はまた大分との試合。
今年の特徴としてコーナーキックがとてもスリリング。・・・悪い意味で
DFが比較的低身長な今のメンバーだけどそれでもマークのズレの修正
などでもう少しフリーで打たせる場面を減らせるのでは?

キャンプ中に土田コーチが「守備の練習がない」と言うようなコメントを
していたけどギドが監督でどうして?と半信半疑だった。
それとニキの、トゥーリオの故障でキャンプ、リーグ戦を通じて未だに
本来のDFラインが揃わないのもここまでの大量失点の原因なのは分かって
いるけどそれなら理想は兎も角、今は先ず守備の安定を考えたらいいのに。
例えば啓太不在の試合でいい働きをしていた酒井だが最近は使われていない。
僕が現場で見た感じでは酒井の方が動きがいいしフィットしているように思う。
平川のストッパーは高さよりスピードを重視した起用なのだろうなぁ。今年の室井は
判断に迷いが感じられ判断ミスが多く元々足が遅いのに輪をかけて良くない
から怪我人二人が復帰するまでは平川のストッパーが続くのかな。それなら三上は
どうなのよと言うところだがギドの中では平川のほうが上なのだろう。

前節で達也が2得点したのは明るい兆し。
1stは守備には目をつぶってエメ、達コンビのゴールラッシュを心の支えに、そして
長谷部と山瀬のライバル対決を楽しみに観ていこう・・・
(山田さんを追い続けるのは基本)
[PR]
by caz0322753 | 2004-04-17 10:38 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)