カテゴリ:浦和レッズ( 1028 )
awayヴィッセル神戸戦
HTのミシャはおかんむりだったようで。
試合後も内容の悪さにご機嫌は治らず。

DAZNの実況が何度も大一番だダブルマッチ?だと煽っていたけど4連勝で
ちょっと自信をつけ始めた神戸から3得点で苦手中の苦手なノエスタで勝て
たのは前節で圧倒しながら大阪で勿体なさ過ぎる勝ち点ロスをした後だけに
ほっとした。
試合展開は前半はネルシーニョらしい堅くコレクティブな守備に対して攻略
点が見つからず時折サイドから突破を図るも決定機は繋がらず…
神戸はレッズが焦れて中央でトリデンテがミスをするのを網を張り待ち構え
ているようだったな、CMFのニウトンがすごく効いていてレッズの奪い返す
守備を跳ね返すキープはさすがだった。
後半は左右のCBを高い位置に張らせ更にCMFだった柏木をシャドウにし駒井
をCMFに配置する超攻撃的布陣でawayだろうが構わず突撃命令を下すミシャ。
柏木の先制のゲットはその前に興梠さんが相手に背後を詰められながら絶妙な
ポストでダイレクトで柏木にパスを通していた。『個の力にやられただけ』と
思われがちだけどミシャは崩すパターンを徹底して叩き込んでいるそうで、
興梠さんと柏木の縦の崩しも普段の練習から準備されていたパターンの一つ
なんだろう。

今年のレッズは1点取ると畳みかけるように追加点を奪う傾向がある、待望の
遠藤の移籍後初ゴールで勝負あったと思わせておいてからの自滅的失点…
リードしていようが試合を閉じることより追加点を所望し異様に高い位置取り
の要求に応える限り運動量、集中力が途切れ出す時間帯の失点は覚悟しなけれ
ばならないのかもねぇ。

それにしても代表から戻ってきてリフレッシュするどころか西川くんの不調は
フィードや判断の悪さが悪化したような。
柏木は負傷で自分がいないのにチームが機能していることで焦りや内省的になる
こともなくw2試合続けて十二分に存在をアピール出来ているね

峻希はどんどん良くなっているね。千葉時代は伸び悩んでしまうのかなと思った
けど神戸でネルシーニョに鍛えられて良かった。
持ち上がり預けて更に深く侵入する思い切りのよさは去年もあわやのシーンを作
られたしマッチアップに関根くんを使ってバチバチやって欲しかったけどそれは
今後のお楽しみかな。
[PR]
by caz0322753 | 2017-04-03 21:10 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
セレッソ大阪戦@埼スタ
MOVE THE WORLD FORWARD
ゴールを決めたときビジョンにどどどどどどどおおおお!とロケット
が発射される映像が流れているのに気が付いたのはラファエルのとき
でしたw
(そういえば新加入会見ではH-ⅡBの模型を選手に囲ませてた)
実質的な親会社が三菱重工業に代わったことで南広場にあれやこれを
展示しようとネタで盛り上がりましたが、社運を賭けているMRJが完成
する3年後にはレッズ専用機をぜひw

FCソウル戦から中三日とは思えない出足の鋭さで圧倒した前半で
勝負を決めリーグ戦初勝利。
よく中盤の汗かき役をダイナモと呼ぶけどレッズではシャドウの武藤
がチームのダイナモと呼ぶに相応しい働きをしてくれるのをまざまざ
と見せてもらった。
もう一人、CMFの青木の前から奪いに行く守備と持ち上がりは展開力と
アクセントで勝負する柏木とは全然違うタイプだけどミシャが今シーズン
打ち出しているコンセプトにフィットするんじゃないかなと思ったり。

新戦力のラファエル・シルヴァは新潟時代の印象ではカウンターで活きる
前を向いてスペースありきのFWだと思っていたけど早々にレッズで求め
られるタスクを理解したようでそれに加えて一人でフィニッシュまでいけ
るスキルを併せ持っているね。これは相当やれるんじゃないかな?

これでシーズン序盤の5連戦をなんとか勝ち越して乗り切った。
今年のミシャはタイトなゲームが出来るようになったチームを壊し
かねない危険な攻撃的姿勢をチームに要求しているようだけどこの
コンセプトはハイプレスとトランジションの速さで面制圧が可能だけど
抜け出されたときの脆さに対する備えがまだ全然出来ていないと思う。


3年ぶりに埼スタにやって来たセレッソ大阪。
あの頃はフォルラン、柿谷、セレ女()で『時はキタ!』とノリノリだった
のに見る影もなくJ2に染まっていた。
尹監督は鳥栖時代に何度も煮え湯を飲まされているので警戒していたけど
同じようなチームコンセプトではないのかも。
[PR]
by caz0322753 | 2017-03-05 22:30 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
ACL FCソウル戦@埼スタ 
2月の美園2丁目(地番が変わったのね)の夜は凍えるような寒さ
でした。

各員奮闘ヲ継続セヨ

ミシャの『バイエルンのように戦え』という方針を忠実に実行しよう
とする我が浦和紅宝石第一小隊。
5得点していようが最後まで前のめりで横浜での失点シーンを再現し
てくれた。
a0005688_16321290.jpg

キックオフ直前に席に着き約3か月ぶりで試合の動きに目が慣れ
ないうちに反対側で2連続得点。『…ん?決まった!だれだれ??』
CMFには怪我を心配した青木がいてほっとする。青木の相方は阿部
勇樹ではなく…駒井!?去年も少しだけ試してたけどミシャは駒井
をCMFとして使えると見込んでいるんだね。
CBに遠藤ではなく那須を置いたのはフィジカル面が理由だろうか?
相手は確か去年のKリーグ王者、それにしては軽いというか韓国特有
の激しさもなくあっさりとした守備だったな。
CMFに青木、駒井コンビを起用するギャンブルフォーメーション
だったので前に来られると厳しいだろうなと見ていたのだけど1点FK
で返さた直後に3点目を奪うと戦意喪失したのかラフプレーが増えそれ
に反応したスタンドからの怒声で大量得点試合とは思えない不穏な空気
で前半が終了。

後半途中から新加入の長澤、ラファエル・シルヴァが埼スタデビュー。
得点差を考えれば中二日の連戦になるラファエルを使う必要はないと
思うけど実戦でチームに馴染ませるためだったのかね。ドリブルの速さ
と積極的なシュートはレッズに足りないピースを埋めてくれそう。
長澤は…特に印象なしw
終盤は攻め疲れたのに総員総攻撃令を健気に守り低い位置でロストして
押し込まれ弾き返してはカウンターでがら空きの広大なスペースを使わ
れ失点、更に決定機をポストに救われるなどバタバタしてしまい5得点の
余韻よりもまたあの形でやられた…と後味は少し苦め。
でも2試合とも大量得点で勝てたのはGS突破には大きな勝利だったね。
[PR]
by caz0322753 | 2017-03-01 16:47 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
机上の空論@日産スタジアム(二度目
『だ・か・ら ミシャのレッズは変わってないよ!』

あのさー(イラッ

一時は逆転したのに終盤にCKから追いつかれると前掛かりになりすぎて
カウンター合戦になり前半に喰らったシーンの再現のような失点で逆転負け。
シドニー往復の疲労を思えばここはドローでも仕方ないと切り替えても
良かったように思う。勝ち点ゼロでは疲労しか残らない。
今季のミシャはハーフコートに押し込んで圧倒するようなチームを目指して
いるのかもしれないけど早く目が覚めるといいねw

齋藤学は元気ほどではないけどDFを振り切れるレベルのスキルは持って
いるわけでカバーに行きたくなる気持ちは分からなくはないけどああ何度
も引っ張られてバイタルをぽっかり空けてしまっては西川くんでもお手上
げだよ。

今季からJリーグの独占配信を始めたDAZNは初日から不具合が発生して
満足に見れない状態でした。
僕はテレ玉で横浜戦を観戦した後に他会場の試合を見ていたのだけど途中
で映像が止まる、リロードしてまた止まるの繰り返しになりキャッシュを
クリアしても改善しなかったので視聴を止めてしまった。
リーグ戦中継をネット配信に特化する前代未聞の取り組みなので立ち上げ
は色々と不具合が出るのは仕方ない。大切なのは立ち上げで見つかった
不具合を克服しどこまで快適な環境を作ってくれるかだね。
で、肝心の中継フォーマットは映像制作はJリーグが担当し実況・解説陣
はスカパー中継と基本的に同じなのかな?スコアやスタメン表示が安っぽい
のとシュート数のカウント表示がないのがちょっと不満かな。
映像はHDなのはいいとしてスポーツを見るにはフレームレートが足りないねぇ。
[PR]
by caz0322753 | 2017-02-27 10:47 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
机上の空論@日産スタジアム
蛍光イエロー×蛍光ピンクが緑のピッチを走り回っているのを見ていたら
目が疲れました。
派手で目立てばいいという発想は好きになれません。

カウンター特化の敵に対しハーフコートゲームをやれと指令する指揮官、
愚直に任務を遂行する我が浦和紅宝石第一小隊。
待っていたのは最低の週末だ!(それは契約終了DEATH)

ミシャ式の致命的欠陥をいいように衝かれたスーパーカップだったけど
これはJリーグ随一の理想主義者・ミハイロ・ペトロヴィッチが指揮を
する限り避けられないリスク。
それを回避するためのトランジションの速さなのにロストした後ルーズな
対応に終始したのはキャンプの疲労なのか試合勘のなさなのか…

前半苦戦した原因はトップのズラタンがボールを収められなかったのが
大きいね。ズラタンとシャドウの武藤、ただなりのトリデンテがもう少し
距離感を近く取ってお互いをカバー出来たらよかったのだけど相手もそこ
を分断するようケアしていた。
後半は温存するかと思った興梠さんをシャドウにしてトリデンテが機能
し出し更に右サイドに関根を入れて単純なクロスよりドリブルでブロック
を緩めることで主導権を握って0-2から追いつくまではレッズらしい攻撃が
見れたと思う。
西川くんと最終ラインのコミュニケーションの怪しさからの自滅もレッズ
らしさ全開の脱力系失点だった。

『ミシャのレッズは変わってないよ!』とにっこり微笑まれたような…
いや、そこはいい加減に変われよと言いたくなる脱力マッチだった。
[PR]
by caz0322753 | 2017-02-20 22:36 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
新シーズン
2017年の新加入選手会見と17モデルのキットが発表されて
ようやく気持ちが切り替わったかな。

チャンピオンシップ決勝で負けてからずーっと胸の奥深くに
やり場のない怒りの熱が熾火のように消えずに残っていたの
だけど新加入会見の様子を見てようやく吹っ切れた感じがします。
(なんだあの重工が持ち込んだH-ⅡBのミニチュアを囲んだ画像はw)

ケンタッキーのカーネルおじさんを見沼代用水に放り込む日を夢見て
(やめろ)
[PR]
by caz0322753 | 2017-01-12 23:52 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
チャンピオンシップ決勝 鹿島戦1stレグ
天皇杯の川崎戦が心も身体も緩みきった試合だったのがずーっと
引っ掛かっていた。こんな状態からミシャはどうモチベーション
を上げさせるんだろ?と。

チーム状態はリーグカップファイナル以降下降線で特に快方に向かって
いるようには見えず。
それでももう一度奮い立たせてシャーレは手に入れるという気概は感じ
られたかな。トランジションの速さでゲームを支配した前半、後半は早い
時間に得たPKを阿部勇樹が決めてからは冷静にゲームをコントロール
出来ていたと思う。(天皇杯のアレはなんだったのかと)

埼スタの2ndレグは文字通り失うものがない鹿島がプッシュしてくると
思う。耐え忍ぶ展開になるのかそれとも早い時間帯で先制し勝負を決めて
しまえるのか…
[PR]
by caz0322753 | 2016-11-30 10:26 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
06年以来のJ1リーグ年間最多勝ち点獲得
うらわれっずはねんがんのねんかんかちてんいちいになった!! 
(読みづらいよ)

Jリーグは認めてくれないけど今年J1で一番強かったのは俺らのレッズだから。
試合後に北サイドスタンドに浮かび上がったシャーレのビジュアルは
そういうメッセージをレッズに伝えたのだと受け取った。
僕も興梠さんと同じ気持ち、チャンピオンシップより年間勝ち点を一番
獲ったことのほうが価値があると思う。
でもだからこそこのバカげたレギュレーションをしれっと勝って本物の
シャーレを埼スタで掲げたいのです。
[PR]
by caz0322753 | 2016-11-04 09:48 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
awayジュビロ磐田戦
「通過点」

前半はハーフコートゲーム、いつどこで仕留めるか時間の問題だなーと。
立ち上がりはラインの裏狙い、更に対角線のフィードで縦横と振り回し
相手を疲弊させる。
圧倒しながら無得点で前半は終了したけど後半も焦らず、時間はどんどん
過ぎていくがピッチ上のレッズは強引な楔を打ち込んだり意固地になって
中央をフリックで打開しようとはしなかった。この落ち着きっぷりな。
中々アジャストしていなかった駒井のクロスを武藤が後ろに下がりながら
頭を振りゴール左隅に落とす先制のゲット。
2試合続けて残留争い中の対戦相手になりかなり嫌な感じだったけど1stの
埼スタでやられた磐田はあの頃のようなアグレッシブさは消え自信喪失気味
なのかなと思った。前節の新潟がガツガツ来たのとは対照的に特に抵抗する
姿勢も見せず。GKがカミンスキーでなければあと3点くらい獲れていたはず。

これで浦和レッズは勝ち点を73に伸ばしクラブ史上最多勝ち点を獲得。
あの06年を1試合を残して上回るとは…(驚愕

あ、セカンドステージ優勝したんでしたねw、書き忘れるとこでした。
[PR]
by caz0322753 | 2016-10-30 10:52 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
祝 興梠慎三 J1通算100得点の新潟戦
Jリーグ史上12人目の偉業ですって。

浦和レッズでの得点がこの試合で51点になり8年間所属していた
鹿島での得点を4年で上回った。
「裏抜けが得意なワンタッチゴーラー」という僕のど素人丸出しな
興梠評は移籍後すぐに覆りミシャのレッズには欠かせない前線の要
になった。移籍後初ゴールが中々取れずご本人はかなり怯えてwい
たけど待望の理想的な1topが来たことでアッと今にサポの心を掴ん
だよねぇ。

そんな興梠さんの2ゴールで勝ちきったaway新潟戦はこのカードでは
よく見る内容は相手が上回ったのになぜか勝ち点3が転がってくるいつ
もの結果に。
ただこの試合の明暗を分けたのは両監督の交代策にあったように思う。
中断期間の3週間をかけて前半はスコアレスで凌いで後半勝負と描いて
いた新潟のプランを早々にぶち破った遠藤から興梠さんへの縦ポンから
の先制ゲットで主導権を握るはずだったのが森脇のバックパスを掻っ攫
われ追いつかれると平常心を失った黒森脇が危ういプレーを連発して
いたのをミシャは見逃さずスパっと前半で代えてしまった。
後半は那須をセンターにし遠藤を右に置いて守備を安定させた。
(しかし那須のプロフェッショナルっぷりは惚れ惚れするねぇ)
新潟の新監督は思わぬプレゼントゴールでドローでいいと考えているの
かなと思ったら攻撃的な交代で欲を出したことで墓穴を掘ったね。
特に関根くんにスペースを与えず抑え込んでいた小泉を下げてくれたの
は助かった。決勝ゴールはその関根くんのクロスをただなりが前で潰れ
て仕上げは興梠さんが豪快に叩き込んだもの。

2年前は攻撃の要だった興梠さんを負傷が癒えぬまま無理使いし怪我を
悪化させ優勝を逃した。
新潟戦では先週のファイナルで負傷した柏木をベンチには置いたものの
中盤が機能せず焦れる展開にも関わらず温存し勝ちきった。
2年前のミシャなら後半から柏木を使っていただろうな…
杉浦コーチがミシャは変わろうとしていると話していたけどそれを実感
させる試合になったね。
[PR]
by caz0322753 | 2016-10-22 22:50 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)