カテゴリ:浦和レッズ( 1025 )
祝 阿部勇樹J1通算500試合出場のG大阪戦
a0005688_1701458.jpg

俺たちの阿部勇樹J1通算500試合目はここ最近一番イラつかされている
G大阪との対戦。
大阪のカウンターに遭い返り討ちにされる度思うのはかつて国立で永井の
ゲットで勝った天皇杯決勝やあれやこれや試合を支配されながら一発で
沈めてきた因果応報なのかな?と思ったり…

そんな思いを吹き飛ばす4-0の快勝、忌々しい相手をちゃんぽんしっぷから
排除することに成功!

スタメンに那須に代わり遠藤が復帰。これがどういう意図なのか?前節の
不安定な遠藤のパフォーマンスにちょっと嫌な感じがした。
そんな不安を開始5分で吹き飛ばしたのは完璧な崩しで右サイドを崩した
高木俊幸の先制のゲット。あぁこれがミシャのレッズなんだよ!と言いたく
なる拘りの一品(違
あ、これはいい状態かも思ったのは先制後に遠藤がタッチライン沿いで相手
を弾き飛ばしマイボールにしたシーンを見た時。
その後もレッズの出だしのいい守備で殆ど大阪に自由を与えず、逆にレッズ
は柏木をフリーにしてくれることで気分よくパスが回り右サイドの駒井と森脇
を起点に前半は望外のいい内容だった。

後半はさすがに健太も修正して遠藤を一列上げボールに触らせリズムを作ら
せようとしていたみたい。
そんなプランを打ち砕いたのが武藤のミドル。繋いだり(滅多に決まらない)
フリックで中央を崩すだけでなくフリーで前を向けたなら積極的に撃っていい
んだよね。

前回のエントリで駒井の良くない点が目立ったと書いたけどこの試合では
あの屈辱的な交代に期するものがあったのか右サイドを支配し続け蹂躙し
何度も得点に絡むプレーを見せてくれた。
最近すっかり好調な高木、チーム戦術にフィットしてきた駒井などこれまで
絶対的に信頼するメンバー起用にこだわり続け最後に血迷った采配でチャンス
を逃し続けてきたミシャがリオ五輪という強制的にサブメンバーを使わされた
縛りプレイwから柔軟な起用を考えるようになったのならいいのだけど
(まだ信用していないw)
[PR]
by caz0322753 | 2016-10-02 17:16 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
広島戦@埼スタ
埼スタの映像担当者さんはNice Save!ボタン(そんなのあるの?)の
押しすぎで指が痛くなっていませんか??

ちょっと理由wがあって風邪が良くならず。今日はテレビで済まそうかな?
と思いつつ気が付くとメタ太郎を口ずさみながら埼スタへ(なんの話だw

ウタカのPKが決まっていたらまったく別の試合になっていたかもしれない、
3-0のスコアほど楽勝でもなく、リードされて本気を出した広島のパスワーク
に翻弄され両サイドを広く使う攻撃にシュートを打たせない守備が出来ず西川
くんが集中砲火を浴びることに。まぁミラーゲームなので一人外されるとこう
なってしまうのかもだけど…
この試合では左サイドがミキッチに完敗、もっとウガと関根くんが連携して
ケアしないと一対一ではやられすぎた。
先制はカウンターで柏木が持ち上がり右サイドから崩しフィニッシュは千葉が
丁寧に合わせゴール左隅に流し込んだ。前節もサイドからの崩しが相手に当た
りオウンゴールにしたけどこれは守備側がギリギリの対応をせざるを得ない
カタチを作っているから起きることでもあるわけで。

終始ミキッチへのケアが出来ずミシャは関根くんを右に回しなんと遠藤を
左CBにして対応。この交代策はあまり効果があったとは言えないけど森保
が早めにウタカを諦めてくれたことで前線で一発の怖さがなくなり守備の
緊迫感はかなり減ったように見えた。
関根くんを右にシフトしたことでoutした駒井は残念ながらこの試合では弱点を
露呈してしまったかな?レッズの攻撃の大きな武器である逆サイドからのロング
パスのトラップが決まらずマッチアップした柏にボールの取どころにされる始末。
プレッシャーの掛かる状況で正確なトラップと次のプレーに繋がる位置にボール
を置くスキルは普段ウメや関根くんを見ていると出来て普通に思えてしまうけど
相当ハイレベルなプレーなんだなぁ。


高木俊幸は去年の埼スタ広島戦のリベンジをしたね。
試合後の彼の落ち込みようは見ていられない程だったけど今年は胸を張り自信
に満ちた表情だった。3点目の絡め取るようなトラップは素晴らしかったなぁ、
もうそこで勝負は決まったようなものであとはGKの位置を見て撃つだけだった。
1ゴール1アシストを決め誇らしげに北サイドスタンドにアピールする姿はこれ
までのどこかナイーブな様子とは別人のようだったね。
リオ五輪はレッズとって主力2名を抜かれる大きな試練だったけど高木の覚醒や
那須のプライドを感じる主力返り咲きなどレッズの身になる試練だったのかな。
[PR]
by caz0322753 | 2016-09-26 15:50 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
鳥栖戦@埼スタ
結構涼しくなったなーと思い久しぶりに駅から歩いて埼スタへ

フィッカデンティの鳥栖とはawayで恥も外聞もない籠城戦にまんまと
嵌められスコアレスドローに持ち込まれた嫌な記憶があったのだけど
あの頃とは別のチームのようでこの試合のようなのが本来やりたい
ことなんだろうな。

ようやくメンバーが揃いミシャがスタメンをどう組むのか不安だったのだ
のだけど那須や高木、ズラタンはそのままで安堵した。
一時期は心身ともに疲弊しているようだった関根くんは発熱で一時チーム
を離れたことが結果的にその最近の好調さに繋がったんじゃないかな。
ウガの先制点は厳しめの対角線のロングフィードを収め一度はロストした
ものの鋭い動きで奪い返したことが先制に結び付いた。
武藤のゲットをアシストしたシーンは守備のギャップを使い上手く阿部の
パスを引き出した。身体と頭のキレが戻ったことで本来のパフォーマンス
を取り戻したようだった。

前半2-0は危険なスコア…とよく言われるけど鳥栖の攻撃は以前のように
憑りつかれたようなパワープレーを仕掛けてくることもなく。
ただミシャのまだ30分は時間がある時点でのKL二枚替えは驚いたね、
ただなりはともかく興梠さんはブラジルから戻ってきてからプレーに精彩
を欠く状態が続いている。KLMのトリデンテの崩しは嵌ればとても美しい
得点シーンを生み出すけど万全な状態でさえ滅多に(ry
幸いズラタンと高木がフィットして武藤も本来のポジショニングセンスの
良さでチャンスに絡むシーンが増えているのだし興梠さんは無理使いせず
一旦リフレッシュさせるなりして最後の勝負どころで戻ってきてもらった
ほうがいいのでは?

考えてみれば今年移籍してきた遠藤航は1月からU-23で始動していてその後
もレッズ、五輪代表で出ずっぱり。ただでさえACLが絡むとコンディション
維持は厳しいわけで…
[PR]
by caz0322753 | 2016-09-12 11:37 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
神戸三連戦が終了
この2連戦、誰もが思ったのは『なんでこれをリーグの試合で…』
ではないでしょうか?

テレビで見ていた1stレグから興味深かったのは左サイドの関根くんと神戸の
右サイドの峻希のマッチアップ。
トップデビューした頃を思い出すような1対1なら絶対に抜いてやるとの意思の
塊のような仕掛けで峻希に挑む様子が楽しかった。
やっぱりフットボールの基本は1対1の勝負だよなぁ。
そんなやられっぱなしでいられるかといきなり峻希の抉るような突破からの
シュートがバーに弾かれて始まった2ndレグは勝つしかない神戸がプッシュして
くる展開のセットプレー崩れから目の覚めるようなカウンターで関根くんが頭
で競り勝ち高木俊幸に繋いだ先制のゲット(アグリゲートスコア3-1)でQ Final
の勝負は決した。

このQ Final試合で一番輝いていたのは文句なしで高木俊幸。中々思うようなプレー
が出来ずミシャスタイルでもがいていたけどようやく自分の力でチームを上に
進めさせたと実感できる仕事が出来てこれから変わるんじゃないかな?
試合後脳裏をよぎったのは11年のリーグカップS Finalでファイナルへ導くゴール
を決め感極まっていた梅崎司の姿。またきっとウメはこの場所に戻ってくる、
這い上がってくるはず。
[PR]
by caz0322753 | 2016-09-05 16:20 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
away名古屋グランパス戦


これまでリーグで対戦して一番弱かったのが名古屋。
ただ気掛かりだったのは小倉が5-4の守備ブロックを作るシステムに変更
したことと浦和レッズの歴史を紐解くと出てくる前歴…

そんな杞憂を吹き飛ばしてくれたのは武藤だった。
この試合のレッズは名古屋のカタチだけで緩いブロックなら真ん中を崩
してみたかったようでトリデンテがフリックをしてはズレてやりなおし
の繰り返し。いくら自由にさせてもらえるからとしてもそこに固執して
いるとカウンターでしずめられちゃうよとストレスが溜まっていた前半
終了間際、武藤が柏木から出た少し強めの縦パスを絶妙なタッチで置い
て左隅に狙いすましたシュートで先制のゲット。
高木、ただなり、柏木に釣られて武藤を離した名古屋の守備は慣れてな
いやりかたのカタチを作るだけで精一杯なんだろうね。
先制してしまえば小倉の描いたプランは瓦解し守備に特化したシステム
を変える引き出しもなく。
後半開始から柏木を下げ青木を投入。暑さで動きの鈍る後半に青木が躍動
する姿は頼もしいね。
最後は西川くんからのロングフィードを受けたズラタンが角度のない位置
から2点目のゲットで勝負を決定づけ終わってみればまったく危なげなく
無駄のないゲームが出来たと思う。

内容は良くなかったけどフットボールをやってはいけない日本の夏場の
試合にクオリティなど求めていないので全然問題ない。

他所のことはあまり書かないんだけど、名古屋のフロントは小倉に
素人には分からない可能性を感じているのかな?
5人目が連動するインテリジェントなんたらが完成するといいDEATHネ。






[PR]
by caz0322753 | 2016-08-14 22:50 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
湘南戦@埼スタ
興梠さんがブラジルに出張しているレッズはトップにただなりを
据えたトリデンテを選択している。
以前なら誰がトップにいようが楔を打ち込んでシャドウと連動して
中から崩すやり方に拘っていたと思うけど興梠さん不在のレッズは
起点をサイドにして攻撃のバリエーションに幅を持たせることで
結果的にただなりの特徴が活きるようなり武藤がポジショニング
の良さを活かせるようになったね。
この試合ではトップのただなりが相手のマーカーに自由にさせて
もらえなかったので今までのやり方に拘っていたら苦戦していた
かもしれない。

この日のレッズは湘南の一途なハイライン・ハイプレスには付き
合わず。ゴメンね、キジェさん。
まだミシャが広島の指揮を執っていた09年7月の埼スタでショートパス
を好むポゼッション指向と聞いていた話と違い後方から対角線狙いの
ロングフィードを繰り返すやり方が意外だったことを今でもよく覚えて
いるけど湘南戦を見ていてそのときのことを思い出した。
[PR]
by caz0322753 | 2016-08-10 11:15 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
away甲府戦
以前のエントリでのスペルミスに気がつき一人顔が赤くなっておりますがw

キックオフ時のスカパーに出た31.5℃という表示を見て空調の効いた部屋で
うんざりする。梅雨明けした日本はこれからしばらくフットボールをやって
はいけない季節になります。


ミシャに対する甲府の異様とも思える守備戦術はこの試合でも相変わらず
で0-2のスコアでも取り返すためプッシュしてこないという徹底っぷり。
甲府のプランは5-4で守り出来るだけ長い時間スコアレスで耐えて浦和が
焦れてミスが増えたところをカウンターで仕留める…はずだったのに
前半早々に左サイドからウガのクロスをファーの武藤がヘッドで先制する
ことで瓦解、更にただなりが高木俊幸からのクロスをボレーで決めて前半
で勝負は決したと。

武藤は回復傾向かな?トリデンテのコンビネーションに固執しすぎて彼の
良さが消えていたのだけど先制のシーンのようにしれっとマークを外し
フリーになるポジショニングの良さが見れるようになってきた。
個の力で打開するスキルがない武藤がなぜゴールを量産出来たのか?と。

甲府はドゥドゥに全部お任せと佐久間が指示しているそうだけどあれほど
依存されると守る側はやりやすいわけで。上手いとは思ったけど特に個の
スキルが高いわけでないので対応は問題なく出来たね。
[PR]
by caz0322753 | 2016-08-01 09:09 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
今年もポロリがあったよaway鹿島戦
前半の鹿島はほぼ完璧な試合をしていたね、得点ゼロ以外は。
前線からのハイプレスと後でのパスコースの消し方が完璧でレッズは
その高いラインの裏狙いの意図はあったのだけどロングフィードの精度
がなくて攻撃のスイッチが入らなかった。
鹿島のサイド攻撃が素晴らしくていつ失点してもおかしくないなと覚悟
しながら、でもこのハイプレスが後半持つわけがないとも思っていたの
で前半を失点せず凌げたのが大きかった。

後半開始からただなりをトップに、そのあと青木をCMFにすることで
柏木をシャドウにシフトして攻撃的な布陣にすると同時にフィジカル
モンスターwな青木が中盤で縦横無尽にボールを追いかけ奪取すること
で先制されたもののただなりの同点、逆転のゲット(ポロリもあるよ!)
に繋がった。
これだけ青木が機能するとスタメンで使いたくなるよなぁ…
[PR]
by caz0322753 | 2016-07-25 22:33 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
2-2で惨敗
埼スタで大宮に二度も追いつかれたしょーもない試合後に
『つぎガンバレよ!』と言う気持ちで一緒に戦ってほしい?

柏木はなにか大きな勘違いをしている。

それがなにか分からないのがとても残念だ。
[PR]
by caz0322753 | 2016-07-18 00:19 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
away福岡戦
那須の兄貴がいるとセットプレーに俄然期待が持てるなぁ

長めの中断期を経て開幕した明治安田生命じぇいわんりーぐ
2ndステージは開幕前に各メディアで大々的に報じられ日本中
の注目を浴びつつ始まりました。
海外のメディアグループとの大型契約の噂もあるそうで、じぇい
りーぐ始まった感がすごいDEATHネ。



遠藤航、駒井、ズラタンが帯同せず。
全く中断期が設定されていない日程のため地獄のような5連戦は
終わったもののリフレッシュするための時間などなく。

井原はミラーゲームで嵌めてスコアレスドローでもいいくらいの
プランだったのかな。
それが思いがけず槙野のアシストで早い時間帯で先制してしまい
ピッチ上に必要以上に守ろうとする意識が働いたように見えた。
たぶんこの1週間マンマークでへばりついて守る練習ばかりして
いたんだろうに一人余る形になって逆にバランスを崩したと。
苦戦必至な展開だと覚悟したのだけど福岡は試合を決めに来るでも
なく数的優位を活かすことなく低いラインで構えるスタイルを変え
てこなかったので走らされ消耗させられなかったのが助かった。
那須のヘッドはマークしていた水輝を駆け引きで振り切りつつ
柏木からのボールに勢いをつけて当てていた。数的不利に関係なく
打開できるセットプレーの重要さを思い知らせた試合になったね。

前半で追いつけたことは大きかったな、後半ようやく井原がシステム
を変更したけど前半で追いつけたことでミシャがバンザイアタック
スイッチを押すこともなくセットプレーから興梠さんが技ありの
ゲットで逆転。このシーンはファーに位置取りした那須を意識しつつ
ニアにパスを転がしたことで相手の隙を衝けたね。

ラストプレーでゴール前の混戦から押し込まれたかと思う際どいシーン
の判定で水輝が抗議して主審に手を上げてしまい一発退場に…
後味の悪いゲームになってしまった。
[PR]
by caz0322753 | 2016-07-03 14:48 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)