<   2006年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧
ギドの店
ギドがドイツでテニス場を経営しているという話は知っていたけど
こんなベタベタな有名人の店っぽい看板つきとはw

練習試合、初戦の相手SSVロイトリンゲンにギドの息子さんが所属していると知り驚いた。
その一昨日の試合で達也がゴールを決めたようで、うん、順調な様子なのかな。
CKをワシントンが折り返し、詰めていた達也がゲット。あぁ見たことない組み合わせなのに
様子が手に取るように想像できるよ。

昨日はギドも所属していたシュツットガルターキッカーズ戦。
シュツットガルトといえばダイムラーベンツ。街の真ん中にあのスリーポインテッドスター
のエンブレムが屋上に輝いている建物があるはず。
そのベンツはコストダウンが品質低下につながり、悪いことに新型Eクラスに欠陥が
みつかったりですっかり評価を落としている。最善か無か というベンツは最早神話の
時代の話だ。

試合のほうはサテライト中心のメンバーで対戦し0-2で敗戦ですか・・・
坂本がMFで細貝がDF?セルは先発しながら不発か、アピール出来ていないな。
[PR]
by caz0322753 | 2006-06-30 23:53 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
Best8が決定
ジダンのワールドカップはまだ終わらない。


躍動するガーナ。ブラジル相手にショートパスを繋いで攻め、正面から
ぶち当たりあえなく沈んだ。
ゴール前までの冷静さがバイタルでは一転強引なシュートや精度の低い
クロスになってしまったのが勿体なかったね。
もう少しサイドを使えばブラジルを慌てさせることが出来たかもしれない。

ロナウドはさすがだ、フィニッシュ以外はほとんど消えていても仕事はきっちりと
こなす。QBKの対応もおk。一瞬の動きで裏を取り、GKを細かいフェイントで交わし
冷静に流し込んだ。
それにしてもブラジルは守備意識も相当なもので、攻守の切り替えしの早さといい、
創造性溢れる自由なフットボールだと思われがちだけど約束事は体に叩き込まれているな。

ウクライナはあの組み合わせなら初戦の大敗があってもこの結果は順当だと思う。
そしてウクライナ相手にスペクタクルな試合を見せ、無敵艦隊と言われながら
全然無敵じゃないスペインがお約束の轟沈。このあっさり具合はスペインの伝統なの?w
[PR]
by caz0322753 | 2006-06-28 23:34 | 日本代表 | Trackback | Comments(2)
お国のために・・・って
なんとなくオシムで決定のような空気になっているけど、シーズン途中に
監督を取り上げられてしまう千葉が「代表のためなんだから」という感じに
されているのはどうなの?
もし、これが浦和だったらと思うととても他人事とは思えず、なんでも代表優先
があたりまえのような捉え方には違和感感じまくりだ。


イタリアは数的不利にさせられながらさすがの守備でオーストラリアの
フィジカル頼みの糞サッカーを凌ぎきりロスタイムにPKをゲット。
オーストラリアは予想以上に健闘したけど、フットボールの荒っぽいところだけを
見せられているようで僕はああいうのは嫌いだ。

その前に見たポルトガルvsオランダの試合は意地と意地がぶつかり合った
なりふり構わない闘いだったと思う。
どちらも美しく勝つことにこだわりがあるはずなのにガツガツと削り合い
二人ずつ退場者をだしながらもポルトガルが力ずくでbest8進出を決めた。
それにしても今大会のオランダは魅力に乏しかったな、左ウイングのロッベンが
目立つだけで中盤もFWもオランダらしさが足りずここで敗退は妥当だと思った。
ポルトガルは次にデコが出れないのは痛いなぁ、相馬もつまらなかったとご不満の
イングランドが有利・・・とはあの内容では思えないけどw イングランドにはベッカムの
世界一美しい弾道のピンポイントクロスとランパード、ジェラードのミドルがあるだけに
一発で決まる可能性も・・・


つ、追記
オーストリアの自宅にいるオシムを訪ねる田島技術員長が、オシムに会った後、
ドイツで合宿中のレッズに会いにいくとか。ギドに次期監督のオファー!ではなく
リストアップをお願いするとか。
そんなに人脈がないのか、協会はw
[PR]
by caz0322753 | 2006-06-27 18:58 | 日記 | Trackback(1) | Comments(0)
週末徒然
ようやくベンゲルのことは諦めたか。

川渕会長が帰国会見でうっかり漏らしてしまったイビツァ・オシムへの代表監督
就任オファー。
サポの不満の矛先が自分に向かっていることは十分認識しているようだなw
それにしてもこんなやりかたは協会の長としては姑息で情けないばかりだ。
自分の責任は潔く受け止め批判を聞く耳を持てなくなったらトップは降りるべきだ。
監督を代えたら不満や不信感がなくなると思ったら大間違いで問題は4年間
あのカントクに不安も覚えずにいた川渕のセンスなんだから。

それでもブランド好きらしい協会がオシムを選択したというのは現実を見つめなおそう
という気がまだあるとも考えられる。
まともに走らない、動かない、プレスもかけない、ないないずくしの創造性溢れる
自主性任せのコインブラ・サッカーがいかに駄目だったかを、協会は次期監督候補を
漏らすことで認めたわけだ。

「オシムの言葉」を読んだ人なら解ると思うけど、オシムは外部の圧力に屈するような
人ではない。この4年間広告代理店の集金マシーンに成り下がってしまった日本代表を
オシムに任せるということはつまりそういうことだ。
[PR]
by caz0322753 | 2006-06-26 09:43 | 日記 | Trackback | Comments(0)
歓迎 浦和レッズ御一行さま
ドイツ合宿に向かったレッズさん。本日のエクアドルvsイングランドを
VIP席で観戦するそう。

あれか、食事がついたりお土産がある席?セレブ(笑)な席にいるヤマや岡野を
想像すると似合わねぇなぁと思ったり。 
天皇杯の賞金でチケを購入したというあたりが社員旅行の積み立てみたいで
VIPらしくないなぁw
[PR]
by caz0322753 | 2006-06-25 23:05 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
デシャンにザマーにフェラー
前半は寝てた。後半も寝てた・・・僕が。

チェコは電柱が抜けたのが響いたのか2試合ともいいところなしだった。
ピッポが絵に描いたような裏への飛び出しでついにWカップ初ゴールを決め
チェコのWカップは終わった。
試合後ユーヴェの同僚と挨拶を交わすネドベドの表情が印象的。

次期代表監督にデシャン、ザマー、フェラーなどが有力候補だそう。
それなんて90年代クラシックス?


さぁ、レッズはこれからドイツ合宿。エクアドルvsイングランドを見てマリッチと再会して
帰国したらいよいよ、待ちに待ったJリーグ再開(気が早いですか?)
[PR]
by caz0322753 | 2006-06-23 09:03 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)
そんな夢
前、彼女に「caz(仮名)の夢ってなぁに?」と聞かれて
「代表になってワールドカップにでること」と答えて呆れかえられた。
いいだろ、別に。だいたい大人の夢なんて現実的で面白くないじゃん。
いや、面白くなくていいのか。

サッカーは、勝負事は、いや人生は何が起こるかわからない。
「朝鮮ドラマでもそんなクサイ展開はありえないよ」というようなことが現実に
なるかもしれない。

3戦とも同じことを書かなければならないのは情けないけど、
言いたいことは 勝負しろ シュート撃て!だ。
そんな舞台に立てることが心底羨ましいぞ俺は。
[PR]
by caz0322753 | 2006-06-22 23:35 | 日本代表 | Trackback | Comments(0)
ブラジルに勝ったら・・・
真鍋かをりはビキニでサンバ 平原綾香はスク水で歌う、
バブル青田(誰??)はボディコン(笑)で踊ります
幸田ミクは○○毛を剃りますetc・・・
なんか話題になっていたのでちょっとぐぐってみただけでこんなにあった。
・・・別にどれも見たかねぇなw

そんなことよりブラジルに勝ったら成田空港で帰国した代表の前で
土下座でもして欲しいわ。バカにするのもいい加減にしろ(#゚д゚)、ペッ
[PR]
by caz0322753 | 2006-06-21 08:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)
クジラ防衛軍
英、商業捕鯨再開へ警戒感
反捕鯨国が捕鯨に反対する理由は別にあるんだけど、とりあえず一般国民には
鯨は頭がイイ!から殺して食べるなんてカワイソウで残酷 と教えとけばいいんだろう。
で、一般人や気違い環境保護団体は感情論で捕鯨を止めろと訴える。

家畜は食べるためにあるもので鯨は自然界の生き物。だから保護するというロジックは
突き詰めるとキリスト教的合理主義に行き着くような気がする。
食べ物に対する合理的(笑)なロジック。臓器移植に躊躇なく踏み切れるのも所詮
人間も何かが作ったもの。役立つなら他に使ってなにが悪い?という合理主義。

牛や豚は人間が食べるためのモノ。極論するなら「生き物ではなく食べ物」そう考えている
のかとも思う。
その人間が作っている牛は効率のために共食いのようなことをしてBSEという
人間に害を及ぼす怖ろしい病気まで発症させているという皮肉w
まぁ、少なくとも日本では鯨は古来から感謝しながら残さず利用させてもらってきた
生き物であるわけで・・・ 何が言いたいのか分からなくなってきたけど、どんな食べ物でも
殺して食べていることに変わりはなく、感謝しながら頂かないとということかな。
[PR]
by caz0322753 | 2006-06-19 23:21 | 日記 | Trackback | Comments(2)
侍じゃないよな・・・
歯痒い、浦和では見慣れない光景。バイタルで勝負もせずに横に廻し
いたずらに時間を掛けてチャンスを潰すという繰り返し。

どうせ糞電通が考えたコピーだろうが、なにがSAMURAI BLUEだよw
ビビってんだか知らないけど勝負に行かずに横パスで責任回避しているような
腰抜けのどこが侍なんですか?

今朝の讀賣にマリッチのインタビューが出ていたけど、もっと泥臭くてもいいから
体ごとゴールに突っ込んでいくくらいの気概をみせてほしい。
今日の両SBからでた決定的なボールはどちらも腰の引けたプレーでゴールに
結びつかなかった・・・

次は最強の敵ブラジル。どこが相手だろうが逃げないで闘え!勝負しろ!
[PR]
by caz0322753 | 2006-06-19 01:33 | 日本代表 | Trackback | Comments(2)