<   2006年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧
浦和@九石ドーム
九石ドームのaway側ゴール後ろに見えた飛行機のタラップみたいのはなんですか?

悪いながらも粘ってきた夏の連戦シリーズ最終戦だったけどやっぱりいいサッカーを
している大分は難敵だった。
前半は大分のカウンターからのシュート練習。ずいぶん贅沢な守備チームだったなぁ。
大分は駒場でもそうだったけど攻守の切り替えが早いね、レッズがペナまで持ち込み
ながらあっという間に反対側へ運ばれてしまい松橋が縦に突破をしたとこで勝負あり。
反対にレッズはもっとシンプルにやればいいのに止まって考えてやっとボールが
動いたと思うと取られてしまう。
なんかパスも意外性の欠片もないんだよね、素人がみても予測できるパスばかり。

辛い条件なのは分かるし、実際疲労の蓄積も凄いだろうけど大分の動きの質を
見せられると指導者の差を痛感してしまう。こんなときだからこそチームとしての
共通理解と意志の統一を高めておかないとダメなんだと思う。
ボールポゼッションばかり上げても攻守の切り替えの遅さと連動性のない前線の
個人技頼りだけでは・・・

ギドは指導者としてはやはりまだまだ未熟で引き出しが少ないよ、未熟な指導者に
いたずらに消耗させられる選手というのが今のレッズ。
前社長は面白いサッカーが見たいとギドを呼んだけど少なくとも僕はストレスばかり
溜まってるんですが、藤口さんはどうよ?

僕は試合後に呑みたいからレッズサポをしてるわけじゃないのでw
アルコールなんて代用品よりフットボールでいい気分になりたいわ。
[PR]
by caz0322753 | 2006-08-30 22:27 | 浦和レッズ | Trackback(2) | Comments(0)
論点が違う
SM3搭載艦 シャイローが横須賀に配備された。
なぜか配備に反対する平和市民団体の抗議があったそう。

テロ朝の思想改造ロボット・古舘は防衛費増加を懸念しているがその原因については
なぜか言及せず私たちの税金~とのたまう。
だ・か・ら・原因は弾道ミサイルを突きつけてる北朝鮮だろ?
7月に発射訓練があった日本攻撃専用中距離弾道ミサイルは予想以上に正確に目標を
捉えていたという話。

まぁそれは置いておいて、ブッシュの有力支持団体は軍需産業なのも事実なわけで、
ミサイル防衛が本当に実効性があるのか僕も疑問なんだけど、これって
アメ公の撃つ撃つ詐欺(ry
[PR]
by caz0322753 | 2006-08-29 22:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)
永井が長居で決めた!
ネット上で確認した大阪の気温は午前中で30℃越え。埼玉はこんなに涼しいのに・・・
この夏の4連戦×2はホームがわずか2試合!ほんとに浦和に厳しい日程。

試合の入りは良かった、プレスを掛けない桜のお陰で好きなようにボールを廻し
アレが何度もサイドを切り裂きチャンスを作る、クリアされてもセカンドを拾い
波状攻撃。しかしフィニッシュが決まらない。ジリジリとした展開が続き嫌な
予感がよぎったけど最後はアレ伸二アレの見事な崩しでアレがペナに侵入し
マイナス気味のクロスを達也が合わせに行き潰れたその背後にいたホリ!が
右足で合わせただけでゲット。
前半はこの後もずーっとレッズペースだったのに追加点が獲れなかったのが
後半自分から苦しんでしまった原因に・・・いや~な予感がよぎる。


後半、桜はモリシに代えて名波投入。なぜモリシ?あの2列目からの飛び出しに
名波のパスが加わったらそうとうヤバかったと思うけど。
結局その名波の絶妙な裏へのパスから決定的な場面を作られ自然とラインが
深くなりセカンドを拾われるという悪循環。
あ、大久保がやらかしてくれたのは助かったw あれは全く成長してないね。
追加点が欲しいのに取れない、このままじゃいつもの長居じゃん と焦っていたら
永井が追加点。

終盤は足が止まってしまったとこでミドルに寄せられず失点したけど
なんとか苦手な桜、鬼門の長居で勝ち点3を獲ってくれた。
選手達、今日も本当にお疲れさま。ギド、分かっているなら動こうよ。
[PR]
by caz0322753 | 2006-08-26 23:07 | 浦和レッズ | Trackback(2) | Comments(0)
降格決定
ワセダのハンカチ王子・スターシステムうざい。


冥王星が太陽系から降格しました。惑星にも降格制度があるとは驚き。

レッズの勝ち点は水曜の勝利で40点 今季の降格はないと言い切れる数字に。
ほんの数年前まで勝ち点35あたりを目標に秋は胃が痛くなるような日々を過ごして
いたもんですよね。

栄華衰勢、リーグ2連覇を果たした横浜の岡ちゃんが成績不振から辞任したのは
春先の日産スタで戦った頃のことを思うと信じられない失速具合。
今季J1の監督交代はこれで7チーム。この中で成功と言えるのがどこなのかまだ
分からないけどシーズン中の監督交代は本当に賭けで、去年の大分のような
例は稀だと思う。福岡は川勝で崩壊中・・・

そういうレッズも過去に3度、シーズン中の監督交代がありましたね、
一度目は思い出したくもない黒歴史でヒロミを解任したものの新監督が決まらずに
中断期の合宿は無駄に過ごしただけ。なにをやってもチグハグな当時のフロントには
怒りを通り越し呆れてしまったな。
2度目は世界的な有名監督カズヲ・サイトーから謙三というもう何がなんだか
わからねぇw とにかく昇格しろ という混乱の中。あれは成功・・・と言えるのかな?
[PR]
by caz0322753 | 2006-08-25 12:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)
ワシントン級、3発
1試合ごとに確実に動けなくなっている。
あれほど安定していた守備もサイドがカウンターについていけず
クロス上げられ放題。最後の砦、ギシの好セーブでなんとかしのいだ。

得点はワシントン×3
2,3点目とも相変わらず驚異的な落ち着きで確実に仕留める正確無比な
浦和が誇るフィニッシャー。

とにかくスタメン全員のコンディションがとても心配な状態。
鹿島で腰が辛そうだった伸二が元気に出場していたのが救いか。
次節はいよいよロビーが戻って来れそうだと思ったらワシントンはサスペンドorz
本当に今年はベストな布陣が取れないなぁ。

他会場の結果を見ても荒れた試合が多い。地力がないチームはずるずると
失点を重ねている。
そんな中で内容はともかく今は確実に勝ち点を積み重ねることが重要だと思う。
走れ?動け?いや、僕は「次も勝つ」でいいよ。


試合については明日書けたらということで。

※追記
オシム流の弊害なのか、とにかく動かないとダメ試合のような意見は違うと思うよ。
この蒸し暑い夏の連戦にそんな無茶いわないでw
[PR]
by caz0322753 | 2006-08-24 01:32 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(4)
水曜の埼スタ
リーグ戦で水曜・夜開催の埼スタは初めて。

1週間更新されていないw チケ残券情報によると3万枚台の前売りみたい
だけど、それはそれで空気が拡散されずアツさを感じられるといういい面も
あったり。(営業的にはそれじゃダメなんでしょうが)

残暑と蓄積された夏の疲れと心に引っかかったままの感情を引きずりながら
いつもの席に向かいます。

今夜はawayで失った勝ち点3を奪い返さないと。
[PR]
by caz0322753 | 2006-08-23 14:10 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
週末徒然
土曜は前日から体調が悪くせっかくの鹿島なのに現地では水分をとっただけw
周りの人たちは示し合わせたようにみんなモツ煮を食べていたなぁ。
試合前、無人のピッチに向けてか、浦和サポになのかデカ旗コレクションを披露して
くれるのもお約束。
a0005688_2318891.jpg

ゴテゴテと並べられた、多けりゃいいだろという田舎料理のようなセンスは理解不能

試合後は選手挨拶を見届け速攻でスタを後にし逃げるように駐車場へ。
ほとんどのクルマはまだ動いてない時間に脱出に成功し使おうと思っていた
ルートも使わず正攻法で潮来ICまでほとんど渋滞もなく到着、新井宿で首都高を降り、
自宅に着いたのは11時20分頃。早っ

日曜は疲れと具合が悪くろくに動けず。
夕食はベーコンとじゃがいもとキャベツのスープを作りました。モツ煮よりウマー かもw
千葉-エフシー戦を見たけど、NHKの千葉プッシュがうざい。アナ絶賛の中、開始早々
2得点したが終わってみればノーガードの撃ち合いでエフシーに負けてるしw
このごろのゴミは千葉のサッカー賛美に余念がないけどあそこも理想と現実の
折り合いが取れてないんだよ。
エフシーは出来もしないポゼッションサッカーを捨てカウンターサッカーへ回帰。
別にカウンターサッカーは悪いわけじゃない。要はチームの特徴を活かした戦術を
とればいいだけの話。
それなのにオシムのフットボールを唯一絶対の答えのように有難がるゴミの
相変わらずな無知ぶり。
少し前まで前任者の自由な放任サカーを絶賛してたくせに・・・
[PR]
by caz0322753 | 2006-08-21 23:58 | Trackback | Comments(0)
レッズ対鹿島@鹿島スタジアム
朝から異様な蒸し暑さ。海沿いの鹿島国なら少しはマシかなと気休めを
思いながら一路鹿島へ。C2が少し渋滞していたくらいであとは気持ちよく
高速を飛ばしSAで休憩を取るとそこは浦和サポが占拠状態。
レッズステッカーを貼ったクルマをブンブン追い抜き、911にぶち抜かれながら
気が付くとそこは国境の料金所。
a0005688_9143742.jpg

鹿島国の英雄像(名前は不明)

ここから本文です
[PR]
by caz0322753 | 2006-08-21 09:21 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(4)
鹿島国から帰国
a0005688_112515.jpg


本当に苦しい試合だった。
まるで去年の再現のような結末。
本当の敵地で、負け試合だったのになんとか勝ち点を持って帰ることが出来たね。
[PR]
by caz0322753 | 2006-08-20 01:18 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(4)
アジアカップ予選 イエメン戦@新潟
「リスクを冒さなければ未来は開けない」
HTにロッカーでこう檄を飛ばしたそうだ。

フットボールの試合の出来は相対的なものなので、イエメンが引いて守りきろうと
いうプランで数日の練習だけのやっつけオシム流が機能しなかったというのが感想。

DFラインが横パスばかりというのも全体の意思の疎通が出来ていないせいでしょ。
坪井を非難する人もいるけど最近のレッズでのプレーを見ていれば機を見て
オーバーラップを仕掛けることもあるわけで、それは駒野も同じだろう。

引篭もる相手をどうこじ開けるのかはどこかのチームの課題でもあるw 
オシムが試合後に語った「こちらが引いて相手を引き出す」といった工夫を頭を
使って実行しなければならなかったわけだよ、浦和レッズさん。

注目のオシムの分身では羽生がよく動きまわり中盤を活性化させてチャンスを
作っていた。引いた相手にでもパスアンドゴーでポジションをずらせばこじ開ける
ことが出来るということ。でもあれならスキルを積んだ山瀬のほうが攻守にいい動きを
しそうな気もする。
阿部は周りとフィットしてなかったな、本来ならオシム流を具現化しなければ
ならない役割なのに前線への飛び出しもほとんどなく得点以外は消えてしまった。
後ろなら啓太がいるのだから信頼してもっと動けばいいのに。
佐藤勇人は・・・試合後、寿人が同じ左目に痣があってびっくりした、さすが双子?w

浦和勢は引いた相手に対するいつもの試合を見ているようなトゥーリオの上がりっぷり、
オシムのコメントの「セットプレーで打ち合わせと違う蹴り方」ってトゥーリオのこと?
アレは球離れの悪い癖が出ていたけど2アシストで最低限の仕事は出来たと思う。
達也はドリブル突破で何度もFKを取った。イエメンのタックルはアフターが多くて
ヒヤヒヤもの。途中からは怪我のことばかり心配になってしまったが、上で書いた
「リスクを冒してでも~」を実行していたのは達也くらいだったのでは?
啓太は啓太だった。攻撃面は代表でも視野の広さ、展開のアイデアを見せられた。

残暑が厳しい状況、リーグから続く連戦の疲れ、初めて合わせるメンバー。
オシムは当然不満だろうがまぁこんなもんだと思う。

追記
ちょっとむかっ腹が立つのは一部、千葉以外のメンバーを見下すような風潮。
オシム時代の千葉は完璧な内容でリーグ連覇タイトル総なめでしたっけ?
[PR]
by caz0322753 | 2006-08-17 09:54 | フットボール | Trackback(2) | Comments(4)