<   2007年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧
長谷部の噂
長谷部、シエナ移籍浮上(報知)

こと浦和に関しては精度の高い情報を出してくる放置の記事なので
最近の長谷部の扱いを思うと気持ちが重くなる。
オジェックは啓太と阿部のボランチを高評価している現実。

フロントがここ数年のレッズ躍進のダイナモをあっさりと手放すことはない
と思いたいけど・・・ 正直言って僕は藤口体制に不信感を持っている。
イタ公のインチキ移籍話に長谷部が乗るとは思えないけどさ。
[PR]
by caz0322753 | 2007-05-31 08:59 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
L.A METALのフェス?
久しぶりに音楽ネタ
ROCKLAHOMAというフェスらしい。
出演バンドをチェックしてみた。
QUIET RIOT
RATT
SLAUGHTER
WINGER
WASP
GREAT WHITE
VINCE NEIL
DOKKEN
こういうバンドはL.A METALだと思う。

FIREHOUSE
SKID ROW
STEELHEART
WHITE LION
このへんは東海岸出身じゃないの??

そして3日間のトリがTWISTED SISTER・・・だって。なんだそれ。
他にもLA GUNSやFASTER PUSSYCAT はL.A METAL後のR&R系ムーブメントで
GUNSN'ROSES世代な気がするけど。細かいことはいいのか?w
[PR]
by caz0322753 | 2007-05-28 23:47 | 日記 | Trackback | Comments(0)
前から気になってたこと
51,000を越える観客を飲み込んだホーム・埼スタ。
これだけの人がいれば同じゲームを観てもその感想は様々なのは
当たり前。誰もが自分と同じ基準でゲームを評価しているわけじゃない。
それを「メインのお客さんは~」みたいに見下したような表現をされると
あんたは何様?と思うね。そういう同じ空間を共有している、レッズに好意を
持っている人たちを見下すような表現をする人を俺はWe are REDSとは
思わないから。 
[PR]
by caz0322753 | 2007-05-28 23:22 | つぶやき | Trackback | Comments(2)
解読不能@埼スタ
a0005688_2241644.jpg

終了のホイッスルと同時に都築が思いっきり蹴り上げたボールの
弾道をボールがピッチに落ちてくるまで見ていた。
一番悔しいのは歯痒いのは今日ピッチ上にいた彼らなはず。

つまらないゲームだった。だからと言ってブーイングするわけでもなく。
どんな感情表現をすればいいのか迷ってしまった感じ。
(あ、メインからは拍手も出てましたよ、ブーイングばかりではなく)
疲労、連戦、なかなか絵が見えてこないオジェックの設計図。ACL予選突破の
ノルマ達成。いったい僕たちは浦和レッズになにを求めているのだろう。

何を書いてるのかわかんなくなってきたw もういいや、モナコGPでも観よう。
[PR]
by caz0322753 | 2007-05-27 22:58 | 浦和レッズ | Trackback(3) | Comments(0)
UEFA CL FINAL@アテネ
酷い糞スタ。
デカいスタでなければというのは分かるけど、なにこの広大なトラック・・・
(まるで日産スタジアムだ)

退屈なゲームだったけどこれが結果が全てなトーナメント決勝の闘い方でも
あるわけで、絶対に負けたくないWカップの決勝も退屈なゲームが多い気がする。
理想は楽しくて強いことだけど、このレベルのクラブが相手を上回るためには
そして2年前の悪夢を経験してるミランが取ったプランはリアリズムに徹して
いても仕方ないと思う。

ピッポ・インザーギはほんとにああいう盗っ人みたいなゲットが上手いね。
ライン上の駆け引きの上手さと狡猾さ、裏への飛び出しの鋭さ。
ミランがこの一撃で敵を仕留める剣を持っていたのと比べてリバポーは
最後の切り札がクラウチ君だからなぁ。


面白いフットボール・・・ねぇ。
フットボールは人よりもボールを動かすゲームだし、もちろん人が動くことで
ボールホルダーに選択肢を増やさせることやスペースメイクは重要だけど
それはあくまでもゴールを奪うための手段であって動き回ることが目的では
ないと思うんだけど。
キチガイプレスやバンザイアタックを見ていいサッカーしてるなんて
言われると なんだかなーと思うわ。
[PR]
by caz0322753 | 2007-05-25 00:49 | フットボール | Trackback | Comments(0)
ACLグループリーグ突破!
引分けでこんなに嬉しいのは初めてかも。
a0005688_0555610.jpg

初挑戦のACLで見事決勝ラウンド進出決定。
これ以上の喜びはないね。
1位のみが次へ進めるグループリーグは結果が全て。
厳しい日程、環境でも全ての試合で勝ち点をもぎ取った選手たち
を讃えたいな。
a0005688_1133066.jpg

これも赤いライトアップ?
スタ全体を赤くライトアップするのかなと想像してたらボルテのテントが
赤く怪しくライトアップされてたw
あとはスタの目立たない柱?に気休め程度の照明が当ててあるだけだった・・・
[PR]
by caz0322753 | 2007-05-24 00:56 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
決戦の地 浦和
いよいよACLグループリーグも最終戦。

ホームで勝ちawayでは負けない という初参戦にしては悪くない
戦歴で迎える最終戦。
トゥーリオのいない最終ラインは高さに不安はあるけど前回の
対戦ではイメージと違い放り込みではなくサイドからの突破や
パスを繋いでいたので高さよりスピードへの対応が重要かも。
まあ最終ラインは相手の出方次第だけど4でも3でも柔軟にスイッチ
出来るだけのスキルがあるメンバーなので大丈夫でしょ。
a0005688_12491470.jpg

今夜はカンガルー野郎どもに本当の浦和REDSを見せつけたいね。
[PR]
by caz0322753 | 2007-05-23 12:54 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
週末とか
久しぶりの勝利でニヤける暇もなく心はACLに向かっていた週末。

入りからプッシュしてきた相手を上手くかわしながら速いテンポで
ボールを動かし左サイドの相馬をグイグイ上がらせてのサイド攻撃。
相馬は(見ないで上げるw)アーリーより深く侵入してのクロスの
ほうが可能性を感じる。
退屈感がなかったのはレッズの攻撃にこの縦への変化が出てきたから
だと思う。足元へ横パスを繋ぐだけのパスゲームはあくびが出るだけだ。

夜は甲府vs清水を途中から観戦。
ショートパスを繋ぎまくってるだけだった埼スタのときより
空いたスペースを使う意識は高くなっていた甲府だけど枠に飛んだ
シュートはほとんどなし。いくらパスを繋いでもゴールをこじ開けるのは
結局は個の能力だと思う。

その後はブンデスリーガのシュツットガルトが15シーズンぶりに優勝した試合
を観戦。ヒツルスベルガーがCKをペナ手前で受けて撃ったダイレクトボレー
が凄かった。
優勝セレモニーではギドがプレゼンターとして登場。(スポニチ)
浦和では指揮官として受け取る側だったギドは半年で2度も
マイスターシャーレをその手にw
[PR]
by caz0322753 | 2007-05-21 13:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)
豊田スタジアムで初勝利
90分が短く感じたゲームだった。
苦手だったaway名古屋、なんともいえない気分で帰った去年の豊スタ。
今年はテレビの前、終了のホイッスルを聞いた瞬間一気に緊張から開放された。
勝ちがこんなに晴れやかな気分だとはちょっと忘れてたよw

一度は追いつかれたけど後半を見ていて これなら必ず勝てる とそれほど焦る
気持ちはなくて、ロビーから縦に裏へ抜けたワシントンに出たパスで 
「もらった!」はずのチャンスを楢崎に阻止されてもまだいけると根拠のない
確信はあった。
左から流れてきたロビーからワシントンへパス、右へ右へ流れて作った
隙間から46センチ砲速射、主砲炸裂、呆然と見送る楢崎。

インドネシア・ソロで思い出した闘う気持ちを大阪戦でさらに高め、
レッズは今日もよく頑張ってくれたと思う。
そして23日は本当の意味での決戦。シドニー戦が楽しみでたまらない。
[PR]
by caz0322753 | 2007-05-20 00:11 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(3)
今日、名古屋戦@豊スタ
久しぶりに試合前エントリ。
豊田スタジアムは(建物は)日本最高のフットボールスタジアムだと思う。
あの可動式の屋根、あんなやつを埼スタに付けれないもんだろか?
あ、白鷺の羽デザインに固執した役立たずの屋根が邪魔ですか、そうですか。

元祖魔球男・山田(スポニチ)
日本で元祖っぽいのは三浦アツじゃないか。
ヤマの場合FKではなく流れの中で思い切ったミドル というイメージ。
いまのメンバーだとFKはやりたい人多すぎで機会が減っているけど
ミドルレンジ以上の距離ならヤマのシュートも見てみたいなぁ。

オジェック体制になり特に動きの質に変化が出てきているのは啓太
だと思う。積極的にセンターから両サイドに出て点に絡む動きを考え
ている。元々視野は広いので決定的な仕事も増えてきそうで楽しみ。
そして大阪戦で新鮮だったのは相馬の縦の突破。こう見えてしまうのが
寂しいけどまさに今のレッズに足りない攻撃のバリエーションは縦の
動きの少なさ。後は半歩出た状態でクロスの精度を上げることと、なにより
ペナまで侵入したらフィニッシュまでいってもいいと思う。こぼれ球に
ワ級が詰めて・・・という状況もあるわけだし。
[PR]
by caz0322753 | 2007-05-19 11:10 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)