<   2007年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
行ったり、行けなかったり
トゥーリオはちょっと気が急いていたというか今年は怪我が重なって
悪い流れになってしまっていたので少し緩めるいい機会かもしれない。
いいよなぁ、故郷にお母さんがいるって・・・
闘莉王、離日していた(サンスポ)

長谷部のシエナへの移籍は浦和側が受け入れられないことが決定的
になったそう。
どんな道を選ぶのも彼自身の問題なので悔いのないフットボール
人生を送って欲しいな。
あ、ディナモ・キエフはまだ啓太狙っているんだね。
なんとなく啓太は環境面ではどこでもやっていけそうな気がするw
とは言ってももしこの二人が同時に抜けてしまったらと思うと
ゾッとする。修三GMは当然危機感を持って補強策を考えて・・・
いますよね??

まだ行ったことがないエコパ。電車だと行きはどうにでもなるとして
帰りが厳しい。クルマだと腰痛が・・・と決心がつかずにいたら故障でこれも
無理になってしまった。
(どちらにしても修理代で大出費なので無理ってこったorz)
[PR]
by caz0322753 | 2007-06-29 09:22 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
起動セズ
昨日走行中に突然カーナビのモニターに「バッテリー電圧低下」の文字と
警告音が。
ん?半年前に車検で交換したばかりなのにぃ?? これはナビがおかしい
のかもと疑いながら普通に走行しながら帰宅。
確認のためエンジンを始動させたけど更に再始動させようとしたら今度は
セルも回らなくなりいきなり死亡。路上でエンストしなかったのは本当によかった
けどローダーでドナドナされるのはカムシャフトセンサ、スロットルモーター
の故障に続いてE46に乗ってから3度目だw

そして夕方にディーラーから連絡がありオルタネータ逝った?という悪寒が的中。
つまり昨日はバッテリーだけで動いていたわけで、無理に自走してディーラーに
持ち込もうとしないで結果的に正解だった。
a0005688_22193016.jpg

そういえば自分のクルマってほとんど撮影してないんだな・・・
[PR]
by caz0322753 | 2007-06-28 22:20 | 日記 | Trackback | Comments(2)
ホームの力
「ホーム力」という言葉を目にする。ホームなら強豪相手でも互角の
闘いが出来る・・・ホーム無敗記録・・・とか。浦和も埼スタでは今季川崎に
負けるまで公式戦30試合無敗という強さ。
(また地味に無敗記録は始まってるしw)

後半戦の日程を見ていたら8月のaway甲府戦が国立霞ヶ丘競技場開催だった。
甲府のホームが国立ねぇ・・・ こちらは小瀬までいくより全然ありがたいけど
夏の盆地で苦しめられた去年のことを思うとそれでいいのかと考えてしまう。
こっちがゲーム後食事して家でシャワー浴びて録画したゲームを寝転がって
観てる頃ホームのサポはまだ電車や車の中ってそれでいいのか?w
千葉はオシムの言葉を受け入れ(フクアリが出来たから?)キャパは小さい
ながらもホームの雰囲気も味方にしてホームで対浦和2年連続で勝利。
(なにより浦和サポにチケが廻らないのがイタイ)
資金難で目先の金が目的なら仕方ないけど長期的に見たら得策ではないと
思うけどなあ。
[PR]
by caz0322753 | 2007-06-26 13:56 | フットボール | Trackback | Comments(0)
掴みかけたかも@日本平
大陸帰りのあとの厳しい日程を3戦3勝失点ゼロ。

なにかを掴みかけた3連戦だったと思う。A3で苦しんだのは無駄ではなかった。

前半の入りからプッシュしてペースを掴みそれを離さずに先制のゲットは
ロビーのコントロールされた左CKをセンターでマークをかいくぐった阿部が
ヘッドで合わせて。阿部のゴールはどれもマークを外して飛び込んでくる
センスの良さが素晴らしすぎ!

今日の前半はなにかを掴んだような攻撃が出来たと思う。少ないタッチで
ボールが効果的に廻ったかと思うと逆サイドへ高い位置でのサイドチェンジも
交えた攻撃もあり観ていて面白かった。
トゥーリオの怪我は心配だけど10人のときのバタついた時間を除けば
よく対応出来ていたのは阿部のマルチロール(この言葉使ってみたかったw)
としての能力と冷静さ、そしてボランチ!で入った細貝がしっかりと仕事を
こなしたおかげだね。(萌はこの暑さでも長袖かよw)
[PR]
by caz0322753 | 2007-06-23 21:50 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
駒場は浦和のモノ
a0005688_042297.jpg


あれ?メインの通路こんなに薄暗かったっけ?と遠い記憶を辿りながら
階段を上がりピッチとバックスタンドが目に入ると ああここは駒場だー 
と意味もなく嬉しくなった。バックのすぐ後ろにくっつきそうな民家の屋根、
狭い路地、住宅街に佇むこここそが浦和REDSの故郷。
もう少し点が獲れそうだったけど危なげないゲームが出来たと思う。

これから俺たちの晃の実況で録画を観ます。
試合のことは明日にでも。
[PR]
by caz0322753 | 2007-06-21 00:14 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
明日は久々の駒場
個人的には去年の福岡戦以来になる駒場。ホームなのに8ヶ月も
(天皇杯あったけど)留守にしてしまったというのはちょっとびっくり。

エフシー側の負け犬の遠吠えが心地よい週明け。
あ、スノッブ気取りwのキミらが応援してるクラブ、
つまらない以前にプレーの精度なさすぎ。以下省略w

で、明日は昇格組の神戸戦。
また中2日でのゲームなわけで、厳しいゲームになると思うけど
前節の試合後の啓太のコメントにあったように全員がやるべきこと
をし責任を果たせば結果はついてくるはず。
試合後は久しぶりに駒場で勝利の凱歌を歌いたい。
[PR]
by caz0322753 | 2007-06-19 23:48 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
達也の復活@味スタ
達也が戻ってきた!
それだけで劇的に活性化した前線、裏を衝くことを常に意識した
動き、ボールを求めて激しくチェイスするひたむきな姿。
浦和のwonder boyがやっと俺らの前に戻ってきた!
a0005688_2328671.jpg


いろいろモヤモヤとしていて落ち込んでいた気分も味スタを出る頃には
忘れていた。鹿島であげて以来の勝利の凱歌が最高に気持ちよかった。
[PR]
by caz0322753 | 2007-06-17 23:36 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
「LOST HIGHWAY」
A3は大きな怪我もなく終わったのがなにより。

BON JOVIのnewアルバム「LOST HIGHWAY」を聴いた。
amazonから12日に届いていたけど発売日前に届いたのは初めてだな。
次はカントリーアルバムを作るというジョンの話があって物凄く心配だった
けどアレンジにその雰囲気を感じる作りになっている。
それにしてもふつ~のPOP ROCKというかアメリカの白人がドライブしながら
流すBGMのようなかる~い耳障りのいいアルバムだよ、これはorz 
ライヴで唄えない、フェイクしっぱなしでは意味がないのでジョンが楽に唄える
曲にするとこうなるのも仕方ないのか。

「HAVE A NICE DAY」で感じた力の抜け具合が曲の力もないという悪いほうへ
加速してしまった感じだ・・・ こういうのを大人のROCKって言うんですか?
アルバム自体はそつがないしリッチーのギターもティコのドラムもああこれだと
いう音が出ているんだけど曲自体があまりROCKしてない。
昔、JOURNEYやFOREIGNERを僕はおっさんロックだとバカにしていたけど
BON JOVIもそう言うジャンルに入ってしまったのかなあ、THESE DAYSで
(悪い意味で)衝撃を受けてCRUSH,BOUNCEで持ち直してその後は(ry
ジョンとリッチーが40代で作るHRを聴いてみたいのに彼らはもう新しい
道を進んでいるのかも。

今月来日?全然知らなかった。
武道館でドリカム(えぇっ?)とイベント出演なのか・・・

ちょっと聴いたOZZYの新曲がいい感じだったなぁ。ギターがザックだと
知って納得した。ザックはいいわ。
[PR]
by caz0322753 | 2007-06-14 12:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)
ACL Q・Finalは全北現代と
ようやくACL Q・Finalの対戦相手が決定。

<準々決勝>
第1戦:9月19日(水)浦和レッズvs全北現代
第2戦:9月26日(水)全北現代vs浦和レッズ

全北は去年のACL王者。たしか国内リーグを捨ててwACLを獲ったクラブ。
移動距離や気候的に中東で闘うよりはマシだけどアジアクオリティは
想像を超えているのでどちらがいいのかはワカンネ。
[PR]
by caz0322753 | 2007-06-13 22:25 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
A3チャンピオンズカップ 城南戦
昨日もスタジアム後方の建物どころかスタンドさえ霞んでいたA3
2試合目。
浦和乱闘騒ぎ(報知)
言われてみればそんなこともあったかな?練習試合のことなんか忘れてた。
そして済南があのアジアカップを闘った地であることも。

相馬は現地の反日感情にショックを受けているみたいだけどそれもいい経験に
なるのでは?理由はどうであれ大陸は欧米列強や日本が自らが生き残るために
踏み荒らした地であることは事実なので・・・
代表は大陸で全試合90分間憎悪のブーイングを受けながら平然とプレーし、
決勝で中国を北京に沈め優勝した。この大会の日本代表は本当に頼もしかった。
浦和もこうした本当のawayを経験することで「青く染めるw万博」とか屁とも
思わないメンタリティが持てると思う。

前半はイーブンな判定と流し気味でいい主審だなと思っていたのに後半は
あからさまな城南寄りの判定に変わった。HTになにがあったのだろう?(棒読み)
まあファールが増えたのは後半運動量が落ちて防戦一方になったのは
低い位置でパスミスを連発し後手に回ってしまったせいでもある。

長谷部がコメントしていたけど感情の問題なのでゲームでは冷静に対応すれば
いいだけのこと。逆に朝鮮名物な火病を起こした相手の負け。
それでも達也に対する肘撃ち、裏拳まで見せられたらこっちは冷静じゃいられない
わけで、競り合いで火病を起こした相手7番に怯まず立ち向かった萌GJと
思ったのは言うまでもないw ・・・あぁ僕も長谷部や阿部の冷静さが欲しい。

城南がACLで山東に勝ったことが信じられない。どう見ても山東のほうが
強いし純粋にいいフットボールだった。アジアは深いねぇ。

フットボールは闘いだと解釈すればよく闘ったゲーム。
浦和レッズはどんどん逞しくなってるね。
[PR]
by caz0322753 | 2007-06-11 10:07 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(0)