<   2007年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧
本当の強さを
ここ数節は各地で虐殺になるゲームが多いですね。

特に29日はそこらじゅうでバカ試合連発。
ただでさえ厳しい夏の日程が今年の異常な暑さの影響でさらに選手に
ダメージを与えているんだろうな。
これはレッズも他人事ではなく細かいミスや精度の落ちたプレーが
目に付くのもある程度仕方ないと思うしかない。
(ヤマが泣き入れてたよw)
それでも8月も負けなしで乗り切った俺らのREDSは本当に逞しく
なったと思う。関西には国内専念のくせに「自分たちのサッカー」が
出来ないと勝てないナイーヴなクラブもあるらしいけど、どんな条件でも
勝ちきるのが本当に強いということだと思うよ。
(まだレッズもそこまでとは思えないが)

ヤマといえば去年はギドから懲罰(見せしめ?)休暇をもらって息を
吹き返していたけど今年はそれがないの結構辛いんじゃないの?w
[PR]
by caz0322753 | 2007-08-31 23:50 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
達也、達也!
前半は神戸の気持ちの入った守備と切り替えの早さに苦戦したね。
攻め手に乏しく見えて後半どうするのかと思っていたけど
早い時間に先制出来たことで勝負は決まった。

ヤマのクロスをセンターで受けたロビーがポストになり達也が
右足を振りぬくと抑えの利いた低い弾道のボールで先制のゲット。
左CKをホリが倒れこみながら折り返したボールを押し込んで2点目。
これぞストライカーの仕事。

とにかく今は着実に勝ち点3を積んでいくこと。自分たちのことだけ
考えればいいって気楽だと思えるのは何度もこういう経験をしたからかな?
[PR]
by caz0322753 | 2007-08-29 23:40 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(2)
縦に切れ込め
あれ?今年は神戸ウイングじゃないんだ??
あそこ1度しか行ったことないけどかなりいいスタだったから
今回も楽しみだったのに・・・(テレビ観戦だから関係ないか)

今日は啓太が出場停止という休暇。まあそろそろ休んだほういい時期
だったのかもしれない。
ボランチは長谷部と阿部かな。最近プレーにキレがない、凄みもない
集中力もない、啓太が守備だけでなく攻撃面で成長しているだけに
バランス取りばかりで野心を忘れてしまったような17番のプレーがもどかしい。
長谷部誠の良さは体を張れること、そして前に向かう思い切りのいいプレーでしょ?
失敗してもいいから縦に、敵に向かって切れ込んでいけばいいと思うけどなぁ。
これで海外に移籍?笑わせんな
[PR]
by caz0322753 | 2007-08-29 17:40 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(4)
週末とか
都築の話(携帯オフィシャル)によるとエフシー東京はレッズ戦になると
それまでの試合が参考にならないほど頑張っちゃうらしい。
(去年の味スタなんかまさにそうだった)
退屈の代名詞になりかかってる最近の浦和のフットボールだけど
前線でダイレクトなパス交換を交えてサイドに振った攻撃が何度か
見れた。(啓太がセンターからダイレクトでヒラに通した浮き球のパスは
素晴らしい精度だった)
あ、ホリの得点場面ではセットプレーでもないのにファーにいたのは
トゥーリオwしかも阿部もセンターにいるという分厚い?攻撃を展開。
ただへっぴり腰で引き篭もってるプロビンチアとは違うんだけどねー

試合後の他会場の結果。川崎vs大阪の結果はスタのざわめきと朝井さんの声
で分かってしまったw あぁ、なにこのデジャヴ感は。
「ま、まだ他所を気にするのは早いよ」と自分を落ち着かせながらニヤニヤ。
大宮0-5で名古屋に惨殺の報が出ると場内で失笑が(オレだ)
9月1日は最後の隣街戦になりそうだなー 
先週の鹿島戦は観ていて怒りを感じるほど酷かったけどJ1体験はいかがでしたか?

エメ、ついに欧州に立つ
元浦和のマルシオ・エメルソン・パッソスだかアルバカーキさん
(推定年齢26~29歳)が
フランスのレンヌに移籍するらしい。
金に釣られてカタールなんかに行きやがってorz とがっかりしたけど
無観客試合みたいなリーグじゃやっぱりもったいない才能だよね。
ところでアルサドは最後までオフィシャルのエメのキャリアに浦和を
入れないままだったの?
[PR]
by caz0322753 | 2007-08-27 12:44 | 日記 | Trackback | Comments(2)
FC東京戦
浦和の選手はタフだねぇ、すっかり忘れていたけど水曜にカメルーン戦に
出てた3人も普通にゲームをこなしてる。この頑張りは本当に
頭が下がる思いだ。(トゥーリオ大丈夫だろか?○のサインは出てたけど)
それは浦和のメンバー全員に言えることで、あのA3以降、酷暑の中負け知らず
で勝ち点を積み続けている。

先制されるとスイッチが入る最近のレッズ。怒涛の飽和攻撃モードで
先制点に浮かれるエフシーゴール裏を数分で地獄に堕とした。
今日もヒラは2アシスト。達也の同点ゲットを生んだプレーは一瞬のタメを
作り相手の前にボールを置いて間髪入れずにクロスを送ってた。
そしてホリの勝ち越しのヘッド。(今野の負け惜しみ m9(^Д^)プギャー)
後半に試合を決めたロビーの3点目。一対一での憎らしいほどの落ち着き。

もう少し締まりのあるゲームが見たいけどこの気候では仕方ないでしょ。
ていうか、先週からの連戦で見ているだけなのに疲れで体調崩してるしw
[PR]
by caz0322753 | 2007-08-26 01:06 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
今夜、FC東京戦@埼スタ
埼スタに戻るのは11日以来。なんかすごく前のような気がする。

awayで抜群の強さを誇るレッズがなぜかホームではもどかしい結果
ばかりな今年。埼スタの緩んだ空気を引き締めるきっかけのゲームにしないと。

オシムの恋人って巻か羽生のことかと思ってクリックしたらヒラだったw
確かに甲府戦でのヒラはキレキレで、特に前のスペースを意識した動きと
それに連動した周りの動きがレッズの攻撃に縦へのスピード感を出しているね。
言い換えると相馬に足りないモノが具体的に示されたわけで、彼がそれに
気づいてくれるといいのだけど。
ヒラだって一度奪ったポジションをみすみす逃す訳もなく。浦和の左サイドが
面白くなってきたねー
[PR]
by caz0322753 | 2007-08-25 12:39 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
無事進水
「護衛艦」なんだけど・・・
海自初のヘリ空母「ひゅうが」進水(讀賣)
a0005688_23433432.jpg

兵装の艤装前なのでとても軍用艦には見えない・・・わけないかw

戦闘機を艦載できるように見えるけど空母としてはサイズが小さい。
ハリアーのようなSTOVL機なら離着陸も可能に出来る大きさではあるけど
甲板が離着艦に耐えられない材質なのでそれも無理。だいたい日本はSTOVL機を
配備していないしする予定もない。

将来の攻撃型空母保有を心配する人もいるけど空母って1隻維持するだけで年間
1千億円以上も経費が掛かるんですけど?
過去には空母機動部隊を運用していたとはいえ現代日本の防衛費では絶対に
無理なので安心しろw
ていうか、攻撃型空母ってなに?守備的FWみたいな不思議な言葉だなー
[PR]
by caz0322753 | 2007-08-23 23:55 | つぶやき | Trackback | Comments(2)
ぶち抜く個の力
個の力で得点を・・・か。

この前までバカの一つ覚えで組織組織、パスを繋ぐフットボール最高、
個の力なんて個人技頼みの糞サッカーwと見下していたくせに。

結局最後は局面を打開できる個の力がなければゴールは割れない
し勝負に勝てないという考えは前から書いてるとおり。
個の力とパスワークを活かして手数をかけずにフィニッシュに持っていく
のが日本が目指すフットボールだと思う。あまりにパス廻し崇拝主義的な
ステレオタイプな見方ばかりで辟易してたけどどうやら風向きが変わったようだw

もちろん浦和でも個と組織の融合は必要なわけで、ギドが途中で放棄した
攻撃面での組織構築をオジェックがどう作り上げるのかお手並み拝見なのも
今季の楽しみなの。
[PR]
by caz0322753 | 2007-08-22 12:52 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
外憂
中国、太平洋の東西分割提案か? 米軍は拒否(産経)

日本の憲法9条改正は帝国主義の復活だと言いがかりをつけながらその口で
米国相手にこんな提案をしているとはw
これって日米豪の環太平洋安保体制構築へのけん制?
さあ、中共が北京五輪後にどんな覇権国家振りを見せるかガクブルですね。
そのときは世界遺産wな憲法9条が僕たちを守ってくれるんですかね?w
[PR]
by caz0322753 | 2007-08-20 23:55 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
国立遠征wの甲府戦
甲府の配慮が嬉しい国立開催。もし小瀬だったら帰りを考えると車、それ以前に
チケが取れなかっただろうな。
それにしても浦和のホーム・国立をほぼ半数埋めた甲府って凄いわ。
ゲーム前の大黒マキのライヴはご丁寧にawayゴール裏にもライヴ用
スピーカーをご用意していただくという人の良さ。
・・・個人的には全く興味ない人なのでうるさ(ry 

a0005688_141498.jpg

あの激しいゲームから中二日、動きの重さはその影響?

狭いエリアでショートパスを廻すのはプレスされてロストするリスクを
避けると言う点でもその発想には感心するねぇ。今日のレッズはその術中に
嵌ったというか動けてなくて苦しんでしまった。
ボールをポンポン廻されて掴みどころのない状態が続き点差以上にジリジリ
するゲームだった。
それでも密集エリアを抜けると裏には広大なスペースが広がり逆サイドもフリー。
冷房は28℃でね、という省エネ・カウンター発動でコツコツ積み上げる甲府の
フットボールを個の力で切り裂いたというゲームだった。

まだ順位をどうこう意識する時期ではないけど、目障りなのが上に
いないのは悪い気分ではないよねw
[PR]
by caz0322753 | 2007-08-19 01:11 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(0)