<   2007年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧
愛媛戦だけでなく
完敗。愛媛はいいフットボールをしていたと思う。
2000年を経験してるならJ2を舐めるだなんてとんでもない。
そしてオジェックは本当にリアリストなんだということ。

前半途中からテレ玉で。晃の実況はとても分かりやすく、レッズが不調だと
声ですぐに分かるから凄いw 真藤さんが話していたとおりやられる感に満ちた
状態で左サイドを崩され低くて早い綺麗な弾道のクロスをお手本のように
合わされて失点。
これで今日はダメだと覚悟した。それくらいバラバラで個々が勝手気ままに
やっているだけでまるで目標を失った下位クラブのような球蹴りをただしてただけ。

「この結果に目をつぶって土曜日に~」「オレたちのサポートが足りなくて~」で
済ますのは簡単だけどこれは去年から目先の勝利優先できたツケを今払っている
だけで非常に簡単なフットボール的な理由だと思う。「連動性がない」という。
目先の結果優先で課題だった個と組織の融合が出来ず個々のコンディションに依存
してきたけど鹿島、愛媛戦でついに破綻してしまった感じ。それくらい今の攻撃の
構成はアイディアや戦術的連携がなさすぎる。
僕たちもいい加減、目を開いて現実と向き合ったほうがいい。

引きこもられたからダメだったで済ますのではなくそれをどう誘い出したり
バランスを崩させ突破するか、そして個の力を加えて攻略するのかを見ることも
フットボールの楽しみなんだよなあと数日前にアーセナルのギャラスのゴールを
観ながら思っていた。
[PR]
by caz0322753 | 2007-11-29 12:40 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(2)
水曜 代表 駒場
ふーん、オシム爺を文字通りシーズン中に千葉から強奪したくせに
今回はわずか1週間ほどで「岡 田 さ ん し か い な い ! 」
なんだ。
違約金払ってでも同じ方向性の指導者を連れて来ることが出来ないのか、
やる気がないのか、コネクションがないのか・・・全部か。

メディアでも指摘されているように岡田さんは爺とは正反対のスタイルなわけで
いったいJFAがどこを目指しているのかさっぱりワカンネorz

今夜の天皇杯愛媛は難しいゲームになるのと同時に楽しみな対戦でも
あり、ぜひ行きたかったけど無理。
僕は「本物(笑)」ではないですね。それで結構ですが。
[PR]
by caz0322753 | 2007-11-28 12:36 | フットボール | Trackback | Comments(0)
毒を吐く
少し心配なのはフロントはタイトルさえ獲ればサポ、ファンは満足と思って
いるような気がすること。
去年はどうしてもリーグタイトルが欲しかったのは本当だけどいろんな
不満を抑えていたのも事実。
長谷部のシエナ(笑)移籍を想定すると同等の選手の補強を考えるのは
当然なのだけど、最近目にすることが増えた「常勝」「優勝を義務付けられた」
とかいう表現には違和感を感じる。結果だけを求め優勝グッズを買うことが
サポの喜びと思っているなら大間違いだってこった。

今の主力は育成と補強が絶妙なバランスであり、達也、啓太、長谷部と
イキだけはいい兄ちゃんが代表レベルまで成長する過程を楽しめたことは
とても嬉しかったし、ユニバ組が期待通りの戦力になっていることもこれまでの
強化が正しかった裏づけだと思う。そのぶん彼ら以降の新人に出場機会が
減るのは仕方がないわけで、無闇に若手起用を叫ぶのもどうかと思うけど
チャンスを掴むチャンスまで奪うような補強はチームにとってマイナスなのでは?
と土曜日に確認した細貝萌のセンスとエヂ(ry 逃亡後のチャンスを掴んだ
長谷部誠の頑張りを思い返してみたりする。
[PR]
by caz0322753 | 2007-11-27 12:45 | つぶやき | Trackback | Comments(2)
週末は寝てた
風邪が治りません。
試合後、声が完全に枯れてしまい足元もフラつく。
帰宅して夕食後、気分が悪くなりなにもせずに寝てしまうが(SP見逃した!)
深夜に悪寒がしてきたと思ったらまた発熱してるし、先週土曜からこの繰り返し
で一向に治らない風邪。歳喰ったのかなぁ・・・
この時期の吹きさらしに数時間って思ってる以上に体に良くないですねorz

Wカップ・南ア大会アジア地区2次予選 組み合わせが決定(報知)
なになに、各組上位2チームが最終予選へ、5チームづつ2組に別け各組上位2
チームが本大会出場かー 
豪州がAFCに入ったことで前回より緊張感の増した最終予選になる予感。
やっぱり最終予選は痺れるくらいのゲームでなくちゃ。

欧州では注目のフェロー諸島がまたフランスと同組だw
前回予選のフェロー諸島ホームのフランス戦を見たけど
結構試合になっていて、少なくともアジアの弱小とは比べ物に
ならないくらい欧州はレベルが高いことは分かった。
イングランドは またクロアチアか?状態。
ざっとみて1組、6組の1抜けはかなり厳しい戦いになるかも。
[PR]
by caz0322753 | 2007-11-26 12:48 | フットボール | Trackback | Comments(2)
昨日のお話
これで鬼武チェアマンも大満足でしょ。

入りから猛プッシュしてきた鹿島に対し完全に受けに回ってしまい
反撃の糸口さえない状態。DFラインは焦って大きく蹴りだすだけ、
たまーにサイドが持ち上がってもセンターがスカスカで厚みのある
どころか単発でさえ攻撃出来ない悲惨な状態。たぶん今季最低の出来。

シーチケで普段はお馴染みさんばかりの場所になぜか入り込んできた
「指示厨」逆サイがフリーとか誰にパスしろとかうるせえってのw
家で好きなだけウイイレでやってろよw、新しいの出てんぞ。

オウギタニとかいう蛍光イエローの服来た能無しをこんな大事な
ゲームの主審に選んだのはどこのバカ?(勿論Jリーグですね)
開始直後から判定に味をしめた鹿島の激しい当たりがエスカレート
するのもあたりまえ。調子にのったアライバが早々に退場したのも
「微妙な判定」でかよ?スポニチさん?

だけど昨日の鹿島は気迫を前面に出し、したたかなフットボールを
していたと思う。耐えてカウンターを狙い、それが的中という流れとしては
大宮戦をまた見せられているような後半だった。
それと、何度もサイドからの崩しを一応狙ってるもののサイド攻撃って基本的に
動きのある状態じゃないと効果ないでしょ? ノタノタしてるうちに中を
固められて準備おkのとこにFW目掛けてバカ正直なクロス入れるだけ
では形だけのサイド攻撃でしかないって。
相馬も永井も長谷部もどうせなら縦に切れ込んで相手の守備バランスを崩す
くらいの気概やチャレンジが見たかったよ。キレイな得点なんて欲しくなかった
んだよ、昨日は。

大切なホーム最終戦。一年の感謝とお疲れさまという思いで場内1周を
見届けるはずがあんな不快な歌を聞かされる屈辱。
全部俺らが負けたのが悪いんだよ。
[PR]
by caz0322753 | 2007-11-25 12:04 | 日記 | Trackback(1) | Comments(0)
秋の鹿狩りへ
a0005688_22484872.jpg

リーグ戦は残り2試合、最後のホーム、相手は鹿島、勝点差は4、
勝てばリーグ連覇。
なにこの出来すぎな状況。今年もJリーグが誇る日程君は凄いな。

ACL Finalのあと、気が緩むかと思っていたけどレッズの選手から
出てくるコメントはリーグ連覇へ向けて気を引き締める言葉ばかり。
ゲーム後のロッカーではロビーが皆を引き締めたらしい。
怪我人続出、疲労困憊、それでもあと1つでJでも一番高い場所へ
辿り着ける。
明日は埼玉スタジアムのピッチに鹿島をひれ伏させ王国・浦和を
世に知らしめる日にしたいな。
[PR]
by caz0322753 | 2007-11-23 22:49 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
北京へ
萌がスタメンとの知らせで期待感が高まった五輪予選最終戦。
反町にはそれなりに期待していたんだけどやっぱり言うは易し
行うは難しってことだね。

22歳以下といえばそのへんに転がってる大学生と同じ世代
なわけで4大会連続での五輪出場というプレッシャーを受けながら
プロとして結果を出したことは素直に凄いなあと思う。

で、うちの細貝萌について。
浦和ではギドがストッパーとして抜擢したせいかボランチの
萌をじっくりと見た機会は記憶にない・・・かもw
ACL城南戦@埼スタで終盤の出場があまりにもガチガチだったのと比べて
見違えるような落ち着きで、一対一の対応、ボールホルダーへの寄せ、
落ちない運動量、どれも安心して見れた。なるほどねぇ、しっかり
成長してるわ、浦和での来年が楽しみ。
(まだまだボールを奪った後に課題はあるけど)

我が国のU-22部隊は「もっと訓練する」(反町カントク談)そうなので
北京へは特殊強襲部隊並に夜間空挺降下で侵攻するのかも。
[PR]
by caz0322753 | 2007-11-22 13:51 | フットボール | Trackback(1) | Comments(0)
すぽーつ作文屋イラネ
僕はスポーツ紙というヤツを全く買わなくなった。
去年のリーグ優勝翌日も今月15日の朝も買う気すらなかった。
あんなのweb上の記事を流し読みするだけで十分でしょ。
まずフォーマットが野球ベースなので読んでも試合が見えない
記事が多いこと。誰の家族がどうとか恩師ガナンタラとかエピソード系
で文字を増やし、的確な試合評がないのでは読む価値などない。
自称記者が妄想を膨らませて活字にした作文を金払って読むなら
他サポのを含めてブログを回ったほうがよほど試合が見えてくる。

今回の不謹慎な代表監督人事の先走りは、作文を書いた
おバカさんではなくオジェック監督が田島専務理事にオシムさんの
ご家族に対しご迷惑をかけたとお詫びの言葉を伝えたという。
こんな作文屋が浦和のスポンサーだというのが情けない・・・

日刊すぽーつという作文屋では妄想を書きなぐり質の悪い紙に
印刷し事実のように見せかけたものを報道(笑)というのかー
まあ最近ではオキナワ教科書集会とかメディアが捏造をするのは
珍しいことじゃないけどさ。
[PR]
by caz0322753 | 2007-11-20 23:08 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
週末徒然
アジア・チャンピオンズリーグ優勝記念本、ペラペラと
読んでみた。
ええっと、サカダイ増刊の加部究はうちに喧嘩売ってんの??

あーそうだったんだ と思ったのは昨日のエントリでも触れた清水完全隔離策。
帰りも清水サポがスタンド下をスタ正面側へ歩いているのを見てどうなってんの?
と思っていたら東川口までバスで護送したらしい。

土曜は風邪をひいて久しぶりに発熱しますた。38.6℃・・・
ああ、明日は無理かと熱でぼーっとなりながらU-22を観戦。
時折訪れるチャンスやピンチになると意識がはっきりするのは
サカヲタの性だろうか?w お陰で萌のゲットもしっかり見れた。
カタールとの総得点差を考えると何点でも取りたかったので最後にPKを
外したのがどうなるか気にしていたらサウジが勝って勝負は分かりやすい
状況になった。
翌朝起きたら熱は平熱、おk行ける、しかし試合終了後の木枯しに
吹かれてまた喉が痛くなりますたorz
[PR]
by caz0322753 | 2007-11-19 23:40 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
少し前進な清水戦
ACL Finalの激戦、歓喜のセレモニーから中3日。
ほぼフルハウス、56,000人以上を飲み込んだ埼スタにはあの夜の
余韻が残っていた感じ。

南門から入場するとビジターを隔離するフェンスでメイン側デッキへの
階段まで封鎖、しかも警官を多数並べるというものものしさ。
静岡からお越しくださった大切なお客さまへの配慮ですか?w

ホリが欠場、また一人離脱orz 
達也もサブにいない。代わりに西澤、中村裕也と若手がサブに。
開始10分早々で啓太が負傷退場、また離脱かよ・・・しかも一番
欠かせない13番を失ったものの急遽投入されたうっちーはベテラン
らしく役目をこなしてくれた。

試合内容は名古屋戦と同じくスコアレスドローだったけど
蓄積した疲労を考えればよく動けていたほうだと思う。
清水に全く怖さを感じなかったのはawayでも感じた清水の
プレー精度の低さとACLでギリギリのゲームを凌いできた体験で
刺激に鈍感になっていたせいかもしれない。ヤバかったのは最後の
都築とフェルの一対一くらいか。

どうやら おおさか自画自賛クラブ が脱落、敵は鹿島になった模様。
次節、ホーム・埼スタ最終戦は総力で鹿を血祭りに上げて連覇を決めたいね。

※追記
帰りに南広場で鶴の折り方を教えて頂いた方、ありがとうございました。
いざ折ろうと思ったら折り方忘れてたwハズカスィ
[PR]
by caz0322753 | 2007-11-18 22:03 | 浦和レッズ | Trackback(4) | Comments(6)