<   2008年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧
初勝利
勝つのはたいへん

a0005688_2213521.jpg

左アウトで狭いニアをぶち抜いたチームの今季リーグ初ゴール
a0005688_2214279.jpg

ほんと、ここまでいろいろとあった・・・
a0005688_2215127.jpg

ここまでチームを引っ張ってきたことが報われたゴール
[PR]
by caz0322753 | 2008-03-30 22:32 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
油断大敵
ボルトンvsアーセナルを見てた。
降格圏のボルトン相手にCLを控えたアーセナルはちょっとナメて
いたのかも。
予想外の先制を許し、ディアビがくだらなすぎるファウルで退場、
更に追加点を取られて前半でまさかの2点ビハインド。
FWに入ったベントナーにボールが収まらず中盤と前線の距離感の
ズレとボルトンの出足の早い守備で流動的な動きを止められていた。
なにか噛み合わない、停滞した状態で前半終了。

後半は頭から温存してたアデバヨール、ジョーカーなはずのウォルコット
まで投入、更にプッシュしてくるボルトンの攻撃をなんとか凌いで
少しボルトンのプレスが緩くなった頃から本来のアーセナルらしいパス廻しが
見れるようになったのはやっぱりアデバヨールの働きが大きいと思う。
2点目のPKを呼んだ縦パスをペナの中でヒールで自分が空けたスペースに戻した
プレーが象徴的。

逆転の3点目は散々単調なクロスを弾き返された後、縦に人が動いて崩し
最後はフレブのマイナス気味のグラウンダーをセスクがセンターで合わせて
DFにオウンゴールにさせたもの。
ていうか、1点返してからのアーセナルは10人とは思えないほど圧倒して
いてそれは凄いことなのだけど本来なら楽に勝たないといけないゲームを
猛プッシュで獲りにいったダメージが今週のCLでどう影響するかなあ。
[PR]
by caz0322753 | 2008-03-30 02:43 | フットボール | Trackback | Comments(2)
+-
当たり前だと思い込んでいたことが実はそうではないと知り、
途方もなく高い壁に思えたり、失ってみて存在の大切さを思い知ったり、
順調だと思い込んでいても一気に堕ちてしまう。
過ぎたことより前を向こうと思う部分と過去を引き摺り続ける感情の
葛藤・・・
ヒトの心と同じでフットボールクラブも様々な感情のせめぎ合いで
成り立っているのだと思うなあ。

そんなことより あぁ歯が痛ぇorz
[PR]
by caz0322753 | 2008-03-26 09:35 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
今季初めての
どこも上を目指して進化しているんだな と感じたナビ2連戦。

京都も2年前とは見違えるほど動きに迷いのないフットボールを展開していた。
現状に慢心し、このやり方で勝ってきたのだと驕り、 常に上を目指すことを
怠っているうちに気がつけば弱小にありがちな試合展開を2試合続けて見せ
られてしまったなぁ。

と言っても2試合とも少し光が見えてきたかなという点と
決断が必要な点がいくつか見えたような気が。

浦和レッズ今季初得点は右サイドから梅崎司の低く速いクロスをセンターで
エジミウソンが綺麗に合わせて待望のゲット。
クロスの角度、走り込むタイミングがシンクロした理想的な形で。
2点目も右サイドから。いまやレッズを背負って立ってる感のある永井が
ペナに侵入し梅崎が一度はフィニッシュ出来なかったものの粘ってエジに
渡してあっさりとゲット。あれほど遠かったゴールが!
3点目は左サイドからペナ深くに切れ込んだ相馬がDF2人をかわして
上げたクロスが相手に当たりファーへ流れるとフリーで待ち構えていた
エジがヘッドで押し込んでハット。
・・・ようやくこういう文を打つことが出来たw

問題は守備の落ち着きのなさとバックラインからのビルドアップの稚拙さ、
そしてまだプレスをかけボールを奪う意思の統一感がないこと。
まあいきなり全てが良くなるなんて思っていないので
現実の立ち位置を認めて少しずつ進めればね。

さて、これからチェルシーvsアーセナルが始まる。
[PR]
by caz0322753 | 2008-03-24 00:32 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(0)
意味不明、意味不明
今季3試合連続で翌朝悪夢を見て目が覚めてますorz 
今朝はなんでオレがそんな支払いを! で目が覚めた・・・w って意味不明。




あードキドキした。ほんとにオトナな感じで、(ry
刺激強すぎ。いやもう少しw
うーん、やっぱり って意味不明。

ちょっと息苦しいエントリが続いたのでその反動かも。
[PR]
by caz0322753 | 2008-03-22 00:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)
どんな雨だ?@埼スタ
チームとしてボールを運ぶこと、ようやくそのことを思い出して
きつつある感じ。まだまだだけど・・・
サイドからだけでなく縦の関係でフィニッシュに持ち込んだ
萌のプレーが象徴的だった。
いいと思うよ、泥臭く、仲間を信じて労を惜しまず走れば。


今日も永井が頼もしく見えた。危機感を一番感じてくれてるような気がする。
前線から中盤まで動き回りボールに触りハードワークしてた。
・・・ほんとはヤマが一番プレーで表現してくれないとなんだけど
ああいうキャラだからねぇw
梅崎の前に向かう気持ちの強さもガッチリとサポの心を掴んだのでは?

a0005688_22133054.jpg

賛否あると思うけど声に出さないと伝わらないこともあると思う。

※追記
オフィシャルに今日のことについて社長とGMの話がupされてた。
ふーん『もうWe are REDS!は やらない』と言われたんだ。
[PR]
by caz0322753 | 2008-03-20 22:44 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
サボらず動け 話はそれからだ
BS1でアーセナルvsミドルズブラを見た。
繋ぐ繋ぐ、狭いエリアでもペナでもわずかなスペースを見つけて
見ていて笑ってしまうほど徹底的に。
ただ横に繋いでるのではなく縦にボールを入れたりパスアンドゴー
が徹底している。少ないタッチでボールが動くためマークがずれて
生まれるスペースを3人目が使う。なによりお互いが一定の距離感を
保ちながら連動して動くのでプレスを受けてもフォローする味方に
次々とボールが廻る。
もちろん個々の技術も高いのだけどそれ以前に全員がサボらず
献身的にチームのために動いているからパスコースが生まれ、スペースが
空くんだろうなぁ。

で、これで勝てないのだからフットボールは面白いw
[PR]
by caz0322753 | 2008-03-19 13:21 | フットボール | Trackback | Comments(0)
解任
ええっと、このタイミングで解任ということはフロント強化部は
自らの見極めの悪さを認めたんだね?
その潔さは認めるけど中村GMの仕事内容についてはどんな評価なの?
監督の首をすげ替えればそれですむ問題ではなく、結果だけ出ればサポは
満足するだろ という感じの強化方策自体が大いに不満なんだけど?
このままでは例え事態が好転してもその場しのぎ、結果論だけの対処療法
でしかないのでは?

僕がオジェック就任についてどう思っていたか 自分で読み返してみて
脱力感を感じる。
不安は現実となり結果だけを追い求めてきたツケを払うときが来たわけだ。
結局「ウラワの香りを知っている」というお花畑な理由で選んだ
オジェックは人身掌握に失敗し(いや、不振の理由はそれだけじゃないと思うぞ)
契約解除なんだそうだ。

で、後任はギド時代からの保険であるゲルト。
鼻ばかり高くなり馴れ合いの仲良しクラブに戻りつつあるレッズを
闘うチームに戻してくれるのか?いままでのようなパイプ役ではなく
指導者としてどんな絵を見せてくれるのか?現実はそう甘くないと
思うけどこの後のナビ2連戦で少しでも光が見たいね。
[PR]
by caz0322753 | 2008-03-16 20:49 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
枯渇@埼スタ
オフトが種を蒔き、育てた新しい浦和REDSという木はその後の
養生が悪くとうとう枯れる寸前だ。大切な木だったのに・・・

フロントは実った実を獲ることばかり気にしていつの間にか
長期的なビジョンを見失い言葉だけの横文字の指標?とか掲げて
現実を見ていない。何度でも書くけど俺が欲しいのはフットボールだけ。
降格前の駒場時代、近くにいたかなり高齢なお爺さんが呟いた言葉を
思い出したよ、
「これはフットボールじゃないなあ」という。

センターラインの2人が移籍した今季の立ち上げが厳しいのは予想していた。
ワ級は絶対的なエースで周りはその力に依存してしたし、長谷部の細かい
ケア、縦への推進力、バランサーとしての地道な仕事、どれも欠くことの
出来ないレッズの一部だったのだから。
これが敗戦後に やっていることは間違っていない 的なコメントが
出たり、手応えを感じられればこんなことは書かないのだけど、この先に
光が見えない、兆しが感じられないことが不安を煽るのだと思う。

難しいなぁ、あと数試合こなせば良くなるんじゃないかな とは書けないしw
ほんのわずかな光は後半投入された永井の躍動感溢れる動きくらいかな?
なんとかしてやる という気持ちが感じられたし。
「代えてよ!あのFW」(©田中マルクス闘莉王ユウジムルザニ)
レッズには達也もいるじゃねぇかよ。
[PR]
by caz0322753 | 2008-03-16 09:52 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
物欲とACL
デジカメ、気がついたら3年も使ってた。新しいのが欲しいなあ。
a0005688_1424928.jpg

コンデジなら広角で出来るだけ好きにいじれる機種がいいかな、
なんでもお任せはスナップには便利だけど物足りないから
ほんとは一眼がいいのだけどスタに持っていくのには邪魔すぎ。


ACLが始まった。
浦和がアジアの戦いに参戦するのは9月までお預けなのは
少し寂しいようなチーム状況を思えばほっとするような。
西野朗は「浦和でも優勝したのだから~」と仰っていたのだから当然
グループリーグは無敗で抜けてくるでしょ。そして鹿島はawayで大勝。
どちらもアジアのステージで浦和と戦いたいならたぶんノックアウトステージ
S.Finalまで上がってこないと無理だと思うけど東アジアのクラブはもう
お腹いっぱいなので今年はエメのいるアル・サドとやりたいな。

UEFA CLではやっぱりリバポーが勝ち抜け。
これでイングランドからユナイテッド、アーセナル、チェルシー、
リバポーの4クラブ揃い踏み。準々決勝は大英帝国対欧州大陸対決?
[PR]
by caz0322753 | 2008-03-13 01:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)