<   2008年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧
崩壊@国立霞ヶ丘
今日の試合はアフラック・デーだったそうです。
がん保険ではお世話になりました。マジおすすめ。

フランサ上手すぎ、まさに魔法使い。
だけどフランサ1人で流れを取り戻したわけではなく、
彼を信じてスペースに走る仲間がいるからこその結果だと思う。

夕張合宿の成果って試合後の都築の打ちひしがれた姿が全てを
物語っていたのでは?
なにも変ってないしむしろ劣化してる。
悲惨だったのは組織的な守備が完全に崩壊してることで、
ファーストディフェンスもなければチームとしてのプレッシングも
皆無なので好きなようにパスコースを作られてボールを追いかける
ことの繰り返し。
選手たちはまだ「こんなはずでは」と思ってるはずだけど現実は
もう普通に弱いチーム。
もしこのまま組織を再構築出来ないとズルズル堕ちるだけだと思うよ。
一番怖いのは自信を失ってしまうこと、勇気を失ってしまうこと。
サイドの裏を取られるのが怖いのかマイボールなのに前に向かおうとしない
姿には心底失望した、情けねぇなほんとに。

ゲルトの試合後のコメントを読んで目を疑った。
「いい試合だった」そうだ。
だめだこりゃ。
[PR]
by caz0322753 | 2008-06-29 01:06 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(2)
毒を吐く6月

昨日の語る会モドキに行かれた方々のエントリを読ませてもらいならが
やっぱりなと苦笑してしまった。

最近の浦和フロントは「TOGETHER」という単語が好きらしい。
でも実態は「一緒に」といいながらクラブと客(あえてこう表現する)の
間に明確な線引きをしている気がする。

今月のウラマガを読んで思ったことを踏まえて書いてみる。
社長と特に中村強化本部長は現状に危機感を抱いてないばかりか
大怪我を負いようやく復帰してくるロビーやアレに夢を見ているらしい。
現状の明確な戦術もない状態で例え2人が復帰即大活躍したとしても
腐ったチームの基礎はそのまま、2人が抜けたら崩れ堕ちるだけ。
ここまでナビの予選で見せたゲルトの無策さはちょっと許容範囲を
超えているのだけどフロントの未来予想図wは楽観的すぎでは?

補強についてはなにも欧州市場でトップレベルの選手を獲ってこいとは
思っていないし、現実的にムリなことくらい分っている。
「バイエルンのリスト」(笑) どれも高くて手が出せないだって。
これが強化本部長の言い訳。もう笑うしかない。
そ う ぢ ゃ な く て 世界中の選手に精通しているであろう
バイエルンの情報網で浦和でも手が出せる程度の選手の情報提供をして
もうらうような業務協力関係を作る考えはないの?
世界有数のビッグクラブの手が出せないような補強リストを眺めさせて
もらうだけって ・・・ナメられてるんじゃね?

スカウティングにしても欧州なら北欧、東欧方面も自分の目で見てる?
そのあたりの国内リーグでも掘り出し物のDFがいそうだけどなぁ。
代理人の売り込みを待ってばかりが強化部の仕事じゃないでしょうに。
[PR]
by caz0322753 | 2008-06-26 22:52 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
6.25
capsule好きの間でlove the worldの評判がいいみたいだ。

あー確かに。こしじまさんに歌わせたいなぁ。
こしこならぜーったいもっと上手く歌うね。

やたらと新曲の評価が高いのは「FLASH BACK」がこしじまさんヲタに
物足りない内容だったのと曲がフルクリまでのcapsuleっぽくて、
作り込みの細かさが外注には勿体ないクオリティだからだろうなぁ。

このMADは出来よすぎだ。(音が出ます)
[PR]
by caz0322753 | 2008-06-26 00:47 | 日記 | Trackback | Comments(0)
世界の○○
「世界の亀山モデル」
CMで誇らしげに謳っているこのコピー。
高齢者やAV機器に関心がない層にはかなり効くコピーらしい。
うちの父も「液晶ならシャープだろー」だって。

最近テレビを買った知人がテレビのフレームにこのコピーの
シールを貼ったままでそれが気になって気になってw
(このシール、ちょっと検索かけたらいろんなブログでネタにされてたw)
かなり大きなフォントのシール、たぶん明朝体。

工業製品も生産地に拘るのかとちょっと関心というかプレミアムの付け方が
必死だなと思ったり。
アクオスはフットボール中継を見るにはどうかなと思うけど、
まあ画質は好みだからただ静止画を眺めていたい人にはいいのかも。
[PR]
by caz0322753 | 2008-06-25 00:25 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
6.23
トルコ、クロアチア、ロシア、どれも過去に日本がWカップ本大会で
ガチな勝負をした相手。
昨日、消化試合モードのバーレーン相手に苦戦し、唖然とし
次の瞬間苦笑するしかなかった得点で勝った勝ったと大喜びしてる
岡田の姿は志の低さをそのまま現しているように思えて情けなくなった。


スペインvsイタリアは上質なスコアレスゲーム。
神経を張り詰めてピッチ上で先の先を読み攻略点を探し知力と体力を
フルに使いながら120分間ゴールが割れないのもフットボールなら
コントのオチのようなゴールが決まるのもまたフットボール。

しかしその質には絶望的な差がありそれを埋めるために手を尽くさない
JFAの怠慢には心底呆れる。心打たれるようなフットボールを自国代表
ではなく遥か彼方の欧州の国からしか得られないこの不幸。以前は
確かにあったはずのこの感覚を失わせたのは誰なんだろうね。
[PR]
by caz0322753 | 2008-06-24 00:30 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
夕張 ユーロ ユーロ
頭痛が痛いw

昨日の練習試合@札幌。弱すぎる相手に大量得点で締めるキャンプ
ってどこかで見た記憶が。
肝心なゲルト型零八式浦和を作る作業は順調なのだろうか?
携帯オフィシャルのレポだとなーんかいつもと同じメニュー
をこなしてるだけな感じなのだけど。
一度だけある非公開がゲルト型作成唯一の時間??

オランダ・・・やっぱりでしたね。
ライブで見てたはずなのに意識が戻るとなにやらテレビから絶叫がw
画面に目をやると露西亜が3点目?え、延長?
夢の世界から戻るとやっぱりオランダはオランダだった。
中味はこれからリピートで見る予定。

うとうとしていると無意識に奥歯をかみ締めてしまう癖が
あると知ったのは相方に指摘されてから。
ストレスなのかな?前はそんな癖なかったはずなのに。
治療中で食べ物を噛んでも痛いとこを無意識でかみ締めるものだから
目が覚めるとなぜかとても歯が痛いという爽やかすぎる目覚めで見た
トルコvsクロアチア。
延長後半終了間際、ここまで眠気で意識を失いそうだったのが
一気に目が覚めた。
クラスニッチの劇的なゴールで閉めたはずのゲーム、ロスタイムに
交代枠を使って時間の運び方も完璧。そのまま終了のはずだったのにねぇ。
これだから勝負事は最後の最後までわからない・・・

PKは完全にトルコの方に勢いというか突き破る気力を感じた。
憔悴しきった表情のモドリッチからはフラグが見えるようだったし
最後にやらかしたはずのトルコのGKからは根拠のない自信のオーラが
出ているようだった。

今夜はスペインvsイタリア。
オランダと並ぶ勝負弱さを誇るスペインと勝負強さ、なんでもいいから
結果を出す事にかけては世界一のイタリアの対戦。
ビジャだセスクだと騒いでいるとカウンター一発でインザーギ・・・
あ、ピッポはいないのかw
[PR]
by caz0322753 | 2008-06-22 16:32 | 日記 | Trackback(1) | Comments(0)
6.16
ユーロ2008はもっと見たいんだけど時差がそれを許さないw
トルコvsチェコは起きれなかったけどこのゲームをライブで
見れなかったのはチト悔しい。
だけどスイスやオーストリアのスタは小ぢんまりしてるけど
雰囲気があるね。


副都心線はようやく開通か・・・
埼玉からのアクセスが便利に~と言われても自宅方面から
はこれまでも普通に新宿、渋谷は直通だし。

その副都心線と接続する東上線って今はほとんど
縁がないのだけど、一時期各駅しか止まらない駅を
よく利用してた。
夜、家の近くまで送りガラガラの各駅でまた池袋まで戻る。
中板橋で急行だか準急だかの通過待ち。
開きっぱなしのドア。
ついさっきまでの幸福感から、この先どうなるのだろうと
将来をぼやーっと考え醒めた現実に引き戻されてるとあっという
間に池袋。
[PR]
by caz0322753 | 2008-06-17 00:26 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トゥーリオと欧州選手権と
三次予選awayタイ戦も試合時間は選手のコンディションより視聴率(笑)
がなにより大切なテレビ局のご都合?
トゥーリオがCKの流れからヘッドで合わせて先制、後半ロスタイム、
右サイドに上がってフェイク入れながらクロスまで持ち込む姿にひっくり返り
そうになったw
「無理スンナ」って言葉は耳に入らない男・田中マルクス・闘莉王27歳。

昨夜はユーロを初めてライブで観戦。
マルコ・ファン・バステンがすっかりおじさんになってた、
ドナドーニがすっかり(ry 
共にミランの黄金期を作ったプレーヤー。時代の流れを感じるなぁ。
どうしても勝ちたかったイタリアはプッシュの甲斐もなく決定機は
ことごとく阻まれてしまいあろうことか先制されドローに持ち込んだ
ものの勝ちきれず、流れはよろしくないねぇ。

本日のメインだと思ってたオランダvsフランスはオランダの個と組織の
融合が嵌った攻撃に圧倒された。
凄かったのはファン・ニステルローイがターンしながらロッベンへ繋ぐと
一気にスピードに乗ったドリブルでサイドを突破して低くて速いクロスを
送れば当然のように逆サイドを駆け上がっていたファン・ペルシがファーで
キレイに合わせたゲット。
そうかと思えば中盤でダイレクトパスを繋ぎまくって縦にアクセントを
入れて一気にフィニッシュとかもうね・・・ああフットボールは楽しい。
これでイタリア、フランスを虐殺してGLを余裕で1位通過したけど
勝ちに拘る決勝トーナメントがすんなり行くとも思えず、オランダは
やっぱりオランダなのかもと思ったり。
[PR]
by caz0322753 | 2008-06-15 01:44 | フットボール | Trackback | Comments(2)
ウラマガより
ウラマガをゲルトと中村強化本部長のインタビュー記事に惹かれて
久しぶりに買ってみた。

その内容はちょっと置いといてw 今月号には選手のクルマ特集が
あるのだけど、ヒラが選んだクルマってなんだろ?
ヒント:レッズ史上初めての車種
う~ん、まず自工のラインナップが分らない・・・w

    |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`)
     ノヽノヽ
       くく
デボネアAMGだな!
[PR]
by caz0322753 | 2008-06-13 01:35 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
無題
昨日の試合についてはあまり言うことはないなぁ。

ここでも触れてるけど、耳障りのいい言葉なんかいらないの。
ぜんぶピッチ上に表れるんだから。

初スタメン、生で初めて見た高橋峻希はとにかく縦に仕掛けて
クロスをというチャレンジが気持ちよかった。
初めから全て上手く行ってたらなにも苦労はないわけで課題は
本人が一番分っていると思う。まだプロの身体じゃないしね。

ヤマダナは出場時間は短かったけど西京極のときよりは
こういう選手なのかと思うプレーがあったようななかったような。
次はもっと自己主張してもいいのでは?
[PR]
by caz0322753 | 2008-06-09 12:44 | つぶやき | Trackback | Comments(0)