<   2008年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧
4-2-3-1ってそのままじゃん
地味に毎日更新w 今夜は涼しいですね。

「4-2-3-1 サッカーを戦術から理解する」
電波系フットボールライターとして一部で有名な杉山茂樹の新書。
お杉=4-2-3-1 まずは布陣ありきなこの人の記事は好きではない
のだけどそのまま本のタイトルにしたことにウケてしまい思わず
買ってしまったw(これって負けなのかも)
ナビFinalでハラヒロミ率いるFC東京と対戦した当時、布陣だけで
あれを攻撃サッカーと賞賛していて「なんだかなー」と思った記憶がある。

そう言ったフィルターを取っ払って読むと、内容は欧州では主流である
4バックそしてサイド重視な最近の傾向について勉強になる点も多かった。
オジェックがまずサイドからの攻撃をと話していたのもtopにワ級がいるから
という単純な理由ではなくFIFAで仕事をしていれば自然とトレンドに影響
されていたと見るのが普通であり、レッズではサイドのプレー精度が低く、
引いて守備からが染み付いていたため目指すサイドアタックが実現せず
可哀想な面があったのかもしれない。

レッズの次期監督はオランダからファイトするだけでなくロジックが
あるモダンなフットボールを具現化出来る人物を引っ張って来れない
もんだろうか?
(・・・ペトロは順調にステップアップしてるのかなぁ)

サッカーはワーワー走りながら球蹴りしてるだけ と思っている人は
読んでみるといい、ブクオフで100円で売り出したら。
[PR]
by caz0322753 | 2008-07-31 00:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)
アルヘンティーナとか
日本vsアルヘンティーナ
アルゼンチンは子供の頃から憧れの国(フットボール的に)
今でも思い出すのはブラジル戦でマラドーナからカニージャに出た絶妙なスルー。
いやーブラジルを沈めたあの爽快さといったらもうね。

で、今日の試合。見ていて98年のあの試合を思い出した。
善戦したように見えて結局終わってみれば永遠に縮まらない0-1の負け。
ディマリアの得点シーンはバティにやられたときと同じで
一瞬の隙を逃さずに決めてしまうのが強豪国の持つ決定力なんだよねぇ。
対する日本は攻守の切り替えをもう少し早くしたほうがいいのでは?
日本がオランダやナイジェリア?に勝つためには相手の守備が陣形を
整える前に速攻で崩すしかないと思うのだけど。

ていうかあのJ2のFWはどこがいいんだろ?反町はJ2のFWでなにが
したいんだろ?前線の基点にしたいならOAで磐田の前田とかいいと思うけどなぁ。
なんで大久保に固執したのかちょっと解らない。
しかし今日の試合は中断の判断が遅すぎたのでは?中断直前の雷鳴は
テレビを通してもかなり凄かった。

※追記
前田・・・せっかく代表合宿に招集されたのにまた怪我なのね。
[PR]
by caz0322753 | 2008-07-30 01:22 | 日記 | Trackback | Comments(0)
週末とか
東京都写真美術館で開催されている「世界報道写真展2008」へ
行ってきました。
a0005688_234533100.jpg



印象的だったのはトルコから独立を目指すため闘っている
PKK(クルド労働者党)の兵士、髪型から察するにたぶん若い女性が
背中に自動小銃を背負っている後姿。

アフガニスタンで国連ミッションとして武装勢力と戦う国際治安支援部隊
(ISAF)の米兵の疲弊しきった表情。

日本のメディア、特にテレビはあまりにも世界に無関心というかなにも
知らせようとしない態度には憤りを感じる。
イラクでの自衛隊の貢献やアフガニスタンで行われている軍閥の武装解除
を勧める国連ミッションなど日本の国際貢献を報道するとなにか不利益が
あるのでしょうか?
ジンバブエの大統領選を発端にした酷すぎる混乱など僕はBS1のBBCニュース
以外ではほとんど見た覚えがありません。
知る権利を知らないうちに奪われているのが情報過多に思える日本の現実。
[PR]
by caz0322753 | 2008-07-29 00:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)
鹿島戦@スカパー
away鹿島のスカパー観戦は久しぶり。

入りからガツガツと音が聞こえるような気持ちの入った
プレーが見れたのが嬉しかった。
ようやく自分たちは挑戦者なのだと、泥臭く身体を張って
闘わなければならないのだという方向に気持ちが切り替わった
のなら光が見えてくるのだけど・・・
もちろん気持ちも大切なんだけどそれ以上に1人もさぼらず
チームのために走ることの大切さ。

それでも前半の鹿島の試合運びを見ていて全てがスムーズというか
クルマのミッションに例えるならATではなくDSGのようなタイムロス
の少ない選択と判断と動き、意識の共有など完成されたチームだなあと。
対照的に免許取立てのMT操作のようなギクシャクさが見えるレッズと
のフットボールの質の差を感じたのも悔しいが事実なんだけどさ。
ただ昨日のレッズからはMTを操るダイレクト感に似た爽快さを久しぶり
に感じたのね。これって結構重要なのではないかと。

雷雨による中断が長くてチャンネル変えて篤姫に見入ってw
いたらいつの間にか再開されていておまけに失点してたorz

テレビ観戦でこれほど叫んだのはほんとに久しぶりだった
達也のゴール。
ようやく地に足が着いてゲームに入れたセルがセンターで2枚に
挟まれながらロストせずに粘り右サイドに開いていたエジにパスを
送る、捏ねがちなエジが間を置かずに深い位置からグラウンダーの
クロスを入れるとファーに飛び込んだ達也が倒れこみながら泥臭く
押し込んだ。(ニアで潰れたセルの動きもよかったねー)

この試合をどう見るかは人それぞれだけど僕は勝てなかったけど
いいゲームを見せてもらったというのが素直な感想。



聖歌「ウィ・アー・レッズ」を解禁(報知)
「聖地」とか「聖火」とか「聖歌」とか安易に使いすぎ。
日本人自体が無宗教のようなもののくせに言葉の心地よさだけで
宗教的な意味合いを利用するのってどうよ?
[PR]
by caz0322753 | 2008-07-28 13:01 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
不当評価
最近朝が静かだなと思ってたらもう小学生は夏休みなんですね。

というわけでブログ通信簿というのを見つけたので先生に評価してもらいますた。
a0005688_927613.jpg


>よく話題にしているエスパルスの知識や経験

>よく話題にしているエスパルスの知識や経験

>よく話題にしているエスパルスの知識や経験

( ゚д゚)ポカーン

この先生はきっと不正採用されたんだなっ
[PR]
by caz0322753 | 2008-07-26 09:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)
ミュンヘンにはバイエルンだけではないよ
金麦けっこううめぇ
発泡酒はキライなんだけどこれはヘンな後味がないね。

バイエルン・ミュンヘン戦のチケがかなり売れ行き不振なの?
オフィシャルで発表された来日メンバーを見たらほぼベストメンバー
で来るみたいで「さすが世界有数のビッグクラブなメンバーでこのレベルの
クラブの補強リストを見せてもらっても仕方ないよね」と拗ねてみる。
海外厨のみなさんもバイエルンまでは手が回らないのかな、今年は有名どころ
は他に来ないのにw そういう自分は今年もパス。

BMW乗り的にはバイエルンのオフィシャルを見てもスポンサーに地元企業の
BMWが見当たらないのが寂しい。ていうかアウディがスポンサーにいるしw 
過去にはオペルが胸スポだったしなぁ。
長谷部のヴォルフスブルクは地元企業のフォルクスワーゲンがスポンサー、
シュツットガルトも同じくメルセデス・ベンツがスポンサーなのに。
[PR]
by caz0322753 | 2008-07-25 00:24 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
まとめる気もなく
今朝もどよーんとした重く暑苦しい空気でそれだけでも
萎えてしまいそうなのにニュースサイトを見ると
「浦和 勝点剥奪、無観客試合も」なんて文字が目に入ってきた。
秋春制移行の件とか書こうと思ったけど今日はヤメヤメ。

夕食後、ひさーしぶりにナイター(懐かしい言葉だ)を見て
いたんだけど平日開催なのに甲子園はフルハウス、さすが野球王国関西。
最後まで見届けて巨人の勝ちによしっと拳を握ったり。
そういえば昨日はアベユキとホリが西武の始球式をしたとかで、
ケータイオフィシャルの動画を見たけどホームまで届かなかったのかw

デートで行くならサカーより野球のほうが向いているよね、試合見ながら
マターリ飲み食い出来るから。というより埼スタへの同行は拒否されてますw
話が戻るけどフットボールに興味を持ってくれた人に一度レッズを
見に来てよと言いならがこんな不祥事が続くようでは・・・ほんとに情けない。

最近はJスポでツールドフランスを見ている。見てるというより
流しているかなぁ。フランスの田舎の景色を空撮で見ていると農業国
なんだよねと地理の教科書を思い出す。昨日は標高2800mの峠越え、
切り立った尾根のような道を走る自転車の群れの画が凄かったなー
[PR]
by caz0322753 | 2008-07-23 23:06 | 日記 | Trackback | Comments(0)
海の日の海なし県
さんざんな3連休最終日でした。
25分頃から自分の恥ずかしい姿を正視させられているような
身の置き場のない無限ループでボールを廻される時間を終えて
前半が終わると情けないけどほっとして力が抜けた・・・唖然呆然。
後半、永井が活性化させた前線が押し込みながらゴールだろーと文句を
つける余韻もないままカウンターで沈められとどめの3失点目で文字通り
声を失ったかつては難攻不落だった埼スタ。

試合後の相馬のケータイオフィシャルに出ていたコメントは的確に
問題点を指摘していて、それは前線から最終ラインまでさぼらず頭を
使って動かなければならないということなんだと思う。
だ ~ れ が さ ぼ っ て る の か な ー ?
っていうか相馬自身も含めてもう少しチームのために動かないとね。
そしてどのように動くべきか指導するのはゲルトの役目なんだけど
不適正な選手起用や「魅惑の3top」(姐さん命名)やらでその場凌ぎ
と精神論だけでは選手をいたずらに疲弊させるだけでは?

ゲルトに「くそったれ」コールをしたことも知らず終了後即撤収。
試合後にサポの代表格とゲルトがさいたま市内で対面wをしたそうだけど
素人が監督相手になにを話したんだろ?
遠征帰りの駅でゲルトと出くわすことが多いので今度僕も(ry w


それと、去年のXSCから杞憂していたのだけど打たれ弱い、勝ち慣れて
しまい耐性がない人が増えているようにみえる。
REDSはお荷物と呼ばれ悔しさをかみ締めながらリーグを代表するクラブ
と呼ばれるまでに成長したわけだけど、途中から乗って来た人はクラブには
必ず浮沈があることも理解して欲しいのね。
チームは生き物でありケアを怠るとこういう事態に陥ることもある。
フットボールは人生と同じ。永遠に続くものなんかないのorz
[PR]
by caz0322753 | 2008-07-22 13:20 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(2)
連休ちう
3連休ですね。

夜になりちょっと外に出たら涼しいので部屋のエアコンを切り
窓を開けると気持ちいい風が入ってくる。
明日は真夏の3連戦最後の川崎戦。これくらい涼しければ
いいのだけど。


昨日の午前中に地震があったとき、ちょうどビルの高層階にいて
本を手に取ったら軽い目眩がして「あー貧血か・・・ここで倒れたら
ヤバイぞ」と思いながら少し離れた場所のペンダント照明を見たら
揺れていたのでこれは地震だと分ったw 
そしたら側にいた女性と目が合ってやっぱり暑さで貧血になったと
勘違いしたそうで「地震ですよね??w」と苦笑。


「自分で蒔いた種だから」っておまえは種を蒔かれたほうだろ(性的な意味で
と突っ込みを入れるわけにもいかず。
どうして愚痴を話されるばかりなんだろ。
[PR]
by caz0322753 | 2008-07-20 23:10 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トゥーリオ×3
a0005688_0311533.jpg

気分の悪い数日間を過ごし、ふてくされたように向かった埼スタ。
啓太と萌がスタメンでトゥーリオの行き着いた先はトップ下。
有機的な動きが少し見れた左サイド、閉塞感漂う右サイド、
分りやす過ぎるFCニッポンの攻めに分りやすくやられて2失点。

今日もひたむきにボールを追う達也。
達也の目は前を見据えているというのに・・・なんだあれは。

a0005688_024867.jpg



今日もなにがなんだかわからないまま。
[PR]
by caz0322753 | 2008-07-18 00:46 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(2)