<   2009年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
浦和育ち@埼スタ
今年の浦和REDSは試合毎に様々な姿を見せてくれて飽きないね。

昨日の埼スタはカップ戦とはいえ約27,000人のかなり寂しい観客数、
北サイドスタンドでさえ空席が目に入る状態だったけど試合は見どころ
一杯でかなりお得だった。
スタメンのヤマCBは興味深いだけでなぜか不安はなかったのだけど、
両SBを見てどうなることやらと怖いもの見たさな気分になっていた
埼スタへの道。

KOでは手探りだったチームが徐々に形を作り出しゲーム中も選手間で
話し合い確認しあいながら後半は相手になにもさせないくらいの
ゲームをしてしまったというチームの成長を早回しで見たような
不思議な充足感を感じたゲームだった。
もちろんギクシャクしたパス廻しや細かいミスはあったけどそれ以上に
割り切ったシンプルさというか前にボールを運ぶ意図を共有していたのと
プレスの掛け方などを見ると戦術の共有はサブであろうと出来ている
ことは分かった。チームにベースとなる戦術があれば急場しのぎでも
こんな試合が出来るんだねぇ。
なにより目に付いたのはボランチに戻った萌の突進する姿。
あの攻守において縦に動くことを常に意識しているプレーを
見せられると中で使って欲しくなるなぁ・・・
終わってみれば完勝と言っていい2-0の勝利。炎上するかと頭を抱えた
左サイドはギシがアレに近寄って叱っているように見えたけどその後
大きな破綻がなかったのは新潟がショボかったことも助かったかな。


ヤマのCBは出色のデキ、この男はどこまで俺たちを楽しませてくれるのかw
ご本人はシレっと仕事をこなして飄々としてるけど表情からは楽しくて仕方
ないことが分かる。

ヨシヤ初ゴール オメ!
プレスを掛けてボールを奪ったのはヨシヤ、そのまま前に突き進み左にいた
萌にボールを預けると初めからそう決まっていたかのようにリターンが
ヨシヤの元へ。完璧な縦への突破が完了し後は左足を振り抜くだけ。
プロキャリア初ゴールはあまりにも鮮やかな縦の崩しから完璧なシュート。


ユース組では濱田水輝が埼スタデビュー。初めて見た濱田は
デカいけど足元が器用な印象。落ち着いてた。

a0005688_1040596.jpga0005688_10404347.jpg







若いサブのみなさんと試合後、1人でピッチを回る姿が初々しいヨシヤw
[PR]
by caz0322753 | 2009-05-31 11:18 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
浦和総動員法
さて、意味のないU-18代表合宿に呼ばれた原口元気が故障してさせられて
帰ってきたわけですが(怒怒怒

本当にメンバーが足りなくなってきたなぁ。
リーグカップはフィンケ監督の戦術浸透という目的でも貴重な機会
なので若手を実戦で使える意味で重要なのだけど、さすがにこの状況は
厳しすぎる。
特にCBは坪井以外で稼動出来るのがトップで出場経験のない橋本だけ。
どうすんのフィンケさん?

フィンケ監督は5分ほど目を閉じて考えてみた・・・


     |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`)
     ノヽノヽ
       くく

「そうだ、ヤマをCBで使ってみよう!」


FWもエジさんとタカハラの他に交代のカードがない。

「そうだ、タンコ・コーチを(ry 」


明日はどんなメンバーが見れるのか楽しみだ。
[PR]
by caz0322753 | 2009-05-30 00:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)
時間も支配するフットボール
ああ眠い。


CLファイナルはちょっといやかなり衝撃的なゲームだった。

入り方はユナイテッドがいい感じで、ロナウドのFKで勢いをつけて
一気にゲームを持って行くかと思って見ていたのだけど。
10分、バルサはイニエスタの縦に切り込むドリブル突破が打開点。スルスルと
右サイドに開いていたエトーにパスを出すとアジリティを活かした切り替えし
で軽くビディッチを置き去りにしてニアにぶち込んでゲット。
本当にあっという間の出来事、ユナイテッドは騙されたような気分だったのでは?

バルサのパス廻しは一言で表現すると優雅、エレガント(一言じゃないしw)
それをあのハードワークとプレッシングで相手を追い込むユナイテッド相手に
実行出来るのだからもう呆れるしかない。
そのパスワークは無駄を省いた動きがベースで一見足元にボールを
繋いでいるだけのように見えて狡猾に誘い込みパスコースを幾つも作り出す。
それでいてロストした瞬間に今度は獰猛に人数を掛けて奪い返すことを
忘れない勤勉さも併せ持っているのだからもうね。


これがボールだけでなく時間も支配するフットボールなのか?
今トレンドのハイプレスから手数を掛けずにフィニッシュに持ち込む
フットボールはもうモダンではないというようなことをフィンケ監督が
話していたけど、それを証明したのがこのゲームなんだろうな。

あ、僕は10年以上前からのユナイテッド好きだから、念のためw
[PR]
by caz0322753 | 2009-05-29 00:08 | 日記 | Trackback | Comments(0)
直輝代表戦デビュー
さて、今日は「代表戦があること知らなかった」と代表興味ネェアピール
をする日でしたが。

なんと直輝が代表デビュー。玉田のアクシデントがあったのと2点差の
余裕からか岡田が見たいからか・・・なんでもいいけど。
まだなにも合わせたことがないのにピッチに放り込まれてどうなることか
と見ていたけどさすがにチョット本来の動きではなかったかな、
それでも全く合わせたことがないチームに放り込まれた割にはしっかり
アシストもしてたしタダでは終わらせないとこが頼もしかった。

直輝は代表スターシステムで勘違いするタイプじゃないと思うけど、
TBSの気味の悪い放送を見ているとフィンケ監督の心配も理解できるよ・・・

岡田の代表もいろいろ言われながらもパスで崩すフットボールが
浸透してきたね。このスタイルはやっぱり大木コーチの影響なの?
後半にあった左サイドでのショートパスから縦の動きを絡めてペナに
侵入してグラウンダークロス の流れはレッズも参考にしたい流れからの崩し。


さ、今夜はUEFA CLファイナル@ローマ
最強の個を揃えたユナイテッド、バルサが対照的な手法で
ぶつかり合うんだねー、楽しみすぎる。
[PR]
by caz0322753 | 2009-05-27 22:51 | 日記 | Trackback(1) | Comments(0)
away隣街戦@緑区中野田
入り方はよかったのだけどカウンターから不運な先制を
許してしまったのがそもそも噛み合わない始まり。
大宮は理想どおりのプランだったはずでガチガチに守って
カウンターに徹することを許してしまった。


やっぱりまだまだ出来不出来の波が大きくて、一定の高いレベルの
クオリティを保つことが出来ないんだろうね。
山積みの課題の中で一番分厚いのは攻撃のアプローチからフィニッシュまで
の一連の動き。ガチガチに自陣に引き篭もりスペースを消されて
いる状態から穴を見つけるのか自ら開けるのか。何度かバイタルでドリブルから
マークを引き連れて開けたスペースに~というやり方も見せてたし無策なわけでは
ないわけで、今は個の力でこじ開けるだけではないフットボールをもがきながら
進めている状態。

後半途中からは雑なゲームすぎ。今日は大宮のゲームだったと思っていた
のだけど、大宮の選手コメントを読むと印象が違ったようだ。
この程度で強かったと言ってくれたのは社交辞令と受け取っておこうw
まあ、この試合単体で考えればロスタイム、エジさんのゴールが決まっていたら
劇的な勝利で気分は良かったと思うけど、せっかく大阪戦で進化の過程を
気持ちよく実感したのだから次はクオリティの高い勝ち方に拘りたい・・・って
考えは甘いのかな?甘いんだろうなwでもそれでいいや。
[PR]
by caz0322753 | 2009-05-24 23:20 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
ニッポン人選手で浦和の誰かが初代表
直輝がフル代表に初選出 オメ!

いろいろ思うことはある蹴球日本代表だけど、ついにとうとう
浦和の下部組織で育った選手が日本代表に選ばれたことは
本当に嬉しい。謙三の円柱理論からトップで通用する選手育成への
方針転換の成果がこんなに早く出るとは・・・


昨夜のナビ・大分戦@九石はネットラジオ中継で聴いていたのだけど
実況アナが素晴らしすぎてピッチ上でなにが起きているのか全然分からなかったw
・突然「あーっゴールまえっ!」(どっちの?)
・「角度のあるところからのゴール」(??あるところ?)
・「浦和の誰かが倒れてます」(その誰かを伝えるのがおまえの仕事だろうがw)
彼は本当にアナウンサーだったのだろうか?いや、人手不足で連れて(ry
[PR]
by caz0322753 | 2009-05-22 00:15 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
ヤバイのか騒ぎすぎなのか


厚労省は冷静な対応を呼びかけているけどマスゴミが冷静な
報道をするわけもなく。
普通に罹るインフルエンザと同程度の症状ならそれほどナーバスに
なる必要はないと思うけど・・・「新型」のインパクトが恐怖心を
煽っているのかな。
結局水際では防ぎきれないことが露呈してしまったことで、近い将来
海外でH5N1の集団感染が起きたときにもたぶん同じような経緯で
突然想定外の感染から蔓延するんだろうなぁ。
それが中世ヨーロッパの黒死病のように全人口の3割が死滅する
終わりの始まりならば甘んじて受け入れるしかないなぁ。



プリウスはバックオーダーを8万台抱えてるという話。
クルマを生活の道具と割り切れば道具としての使い勝手のよさが
選択の最優先になる。
もう子供の頃からそんなクルマのある家庭で育ち運転免許取得年齢を
迎えた世代も出てきてる頃だし、自分の部屋の延長のような広告を展開
してるクルマもある始末で、そこにはハンドリングがどうとかより
3列シートや剛性を犠牲にしたスライドドアやiPodが使えるかが重要
なんだろう(あ、iPodは重要だw)
[PR]
by caz0322753 | 2009-05-20 01:28 | 日記 | Trackback | Comments(0)
たのしい確認作業と手作り
大阪戦の録画をいま見てた。
フィンケ監督の志向するフットボールのテーマというか、ピッチ上のレッズは
当然監督の意図を受けてバイタルでも勝負を焦らず穴を見つけそこに付け込もうと
ボールを動かしダメなら一度下げて組み立て直すやり方を試行錯誤しながら実践して
いるのだけどもう少しシンプルにミドルを選択するとかエジさんが何度かチャレンジ
したように深く抉って折り返しのクロスを送るとか得点するにはアクセントが必要なのかも。

原口元気のプレーについては今は自分のやりたい得意な武器でどこまで
やれるかどんどん試していい段階だと思う。
あと姐さんも同感してくれたけど、啓太がだいぶ戻ってきてる感じで
攻守に前に向うプレーが見れるようになってる。ファウルで止められたけど
カウンターの芽を早い寄せでカットして反転攻撃の切っ掛けを作ろうとした
場面とかヨカッタ。現代のボランチは無難に守備して捌いてるだけじゃ物足りないもの。


これはいいハウスだねぇ

A.TのアルバムはCD-Rに手焼き。
どんだけ時間が掛かるんだろ。
当然ジャケットも歌詞カードも手作りでそれに微笑ましい
手作業の痕跡があったり・・・
楽曲のクオリティはアマチュアと思えないだけにそのギャップがw
[PR]
by caz0322753 | 2009-05-18 00:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)
針路はぶれていないドロー
なかなか楽しいゲームだった。
上質なゲーム・・・とまでは思わないのはプレー精度は
まだまだあがると信じているから。
このゲームがお花畑党の代表選挙?とかいうコントのせいで
地上波から追いやられたのは残念だなー

久しぶりにコンディションがいい状態、課題がたーっぷりつまった
練習を経て目の前に現れたレッズはしっかりととるべき針路を選択して
いたので一安心。
思わずニヤけてしまうようなプレーが見れてうんうん頷きながら
の90分はあっという間に過ぎてエンパテ(スペイン風ねw)
ここ数試合は劇的な勝利の陰でリアリズムが頭をもたげてくるのでは?
と不安になることがあったのだけど杞憂だったみたい。


内容については録画を見てからエントリするかもしないかもー

a0005688_23165545.jpg

フルハウスで53,000人以上を飲み込んだ埼スタ。広大な緩衝帯の広さだけが去年の
忌々しい出来事を思い出させた。
[PR]
by caz0322753 | 2009-05-16 23:49 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
妥当@埼スタ
めちゃめちゃ暑かった、しかも微妙に蒸し暑い。

ちうごく帰りの川崎にカウンター喰らって負けてりゃ世話ないねorz
いや、これは妥当な結果だと思う。前節は「勝っちゃった」というのが
素直な感想だったけど、今日はやらなければならないことを確認する意味で
コンビネーションの精度のなさ、個に頼ろうとする悪い癖の結果がこれ。

試合の閉め方、監督はどう思ってたんだろ?ドローでよかった?
どうしても勝点3を奪うべきだった?と思いながら帰宅して監督コメント
を読んで納得した。そっか、それなら仕方ない。
もっとコンビネーションを高めてゴールを奪い取ればいいわけだ。

セルはやっぱり監督のやり方を理解していないと結論が出た感じ。
それでもこの状況でファーストチョイスするしかない苦しい状況っていうか
どうせなら高橋峻希を思い切って抜擢したほうがよかったかも。
まずセルとの違いはパスアンドゴーとプレッシングの意思だ。
若年寄りみたいなプレーで満足してるならそれだけの選手で終わりだろう。
[PR]
by caz0322753 | 2009-05-10 20:23 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)