<   2009年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
地下室の鼠×2





[PR]
by caz0322753 | 2009-06-30 00:30 | 俺用動画 | Trackback | Comments(0)
ぼやーっと見えた神戸戦@駒場
年に一度?のリーグ・駒場はアクシデント続き。
朝からなんだか調子が悪かった目が痛くて耐えられなくなり
駒場へ向う途中で右目のコンタクトを外してしまい左右の視力
バランス狂いまくりorz
で、到着すると連れが紙チケを忘れていて発券手続きをして
もらったのだけど待っている間にもお仲間が来るわ来るわ・・・
そそっかしい人多いのね。
驚いたのは埼スタシーチケで入場出来ると思っていた人が
複数いたこと。それはムリですから。


で、試合はついに18歳のユース組3人をスタメン起用。
直輝と原口はもう主力なのでいまさらだけど永田拓也の左SBは
坪井離脱でポジションがシフトしたことによる起用とはいえ
この日のスタメンを見てユース組の動きの質について色々と思う
ことがあった。前にも書いたけどレッズは予想以上に速い速度で
その姿を変えるんじゃないかな。


今季最低の試合を見せられたあとの試合、コンビネーションが崩壊し
道を外れそうになったレッズを6日間でおまいらが進む道はこっちですよ 
と修正してしまう監督。
2得点ともパスを繋いで展開してのゲット。
左サイドから一気に逆サイドへ展開すると直輝がヘッドでセンターへ
折り返し萌がダイレでゴール左へシュート、ゴールを逸れたボールに
エジさんが飛び込んでゲット。
2点目の高原はほんとにすごいシュートだったけどそれ以上に
高原のフィニッシュまでの流れるようなパス廻しは何度見てもニヤけて
しまうw 数えたら10本のパス、それも実効的な無駄のないパスを繋いでのゴール。

萌はもうMFで使っていかなければならない存在なのでは?
中盤を活性化させる縦横無尽の動き、躊躇なく潰しにいく姿勢、スペース
への意識、ユース組との意識の共有、どれをとってもファーストチョイスでしょ。

高いラインの裏を取られて決定機を作られること数回、1-0を続けていた
頃のように囲い込んでカウンターの芽を摘む守備にまだまだ甘さが
見受けられるのは気になるけどそれは今後修正してくれるはず。


駒場はノスタルジィを感じる場所ではあるんだけど、それはシーチケを
持っている既得権益があればこそ。需要と供給バランスを崩した大人の事情
での「駒場デー」は埼スタなら普通に観戦出来る人たちの楽しみを奪いながら
成り立っている面もある。PVに500人?
[PR]
by caz0322753 | 2009-06-28 22:47 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
補強ポイント?
夏の移籍マーケットからの補強はないと思ってたら
レッズが「アフリカ人FW」を獲得するとかしないとか。

「アフリカ人」とはまた大雑把な表現だなー、アフリカ系FWというと
ドログバ、アデバヨール、エトーなどなど西アフリカ系が思い浮かぶけど
タンコ・コーチの現役復帰・・・ないよね?w
現状で一番の補強ポイントはSBなんだけど、FWもエジさんが
離脱したらかなりヤバイかなぁ。でも左SBだろーどう考えても。





お台場ガンダム画像に刺激されて昔の記憶が蘇り、ものすっごく久しぶり
にガンプラを買ってしまったー
昔は全然買えなかったシャア専用ザクが山積みで売ってた。
a0005688_132093.jpg

あぁそうさ、連邦よりジオンw
[PR]
by caz0322753 | 2009-06-25 01:43 | 日記 | Trackback | Comments(2)
夏の球蹴りシーズン到来
蒸し暑さにやられてこの夏初めて自室のエアコンを使ってしまった。
使う前にフィルター掃除は忘れずに。
あ、去年エアコンを交換したら電気代が減りすぎて目を疑った
こと思い出した。


フィンケ監督の志向するフットボールが日本の夏場に通用しないか
どうか発展途上で無駄な動きが多すぎる現状では僕には分からない。
間違いなくキツイと思うけど、北国を中心にJリーグクラブサポの
多くは蒸し暑さで疲弊してヘロヘロな選手たちの球蹴りを見るほうが冬開催より
マシと思っている馬(ry だし鬼武チェアマンも真夏の球蹴り賛同派なので、
コンビネーションを熟成しより実効的なプレーが出来るようにサポートメンバーも
含めてクオリティを高めるしかない。

前にも書いたけど、今やるべきことは適度にセーブしながらゲームを進める
ことではなく「途中で足が止まるのは分かりきってた」なんて相手監督に
得意顔で語られようが目指すフットボールを作り上げる作業を粛々と続けるべき。
ていうか、意地でも貫け。
[PR]
by caz0322753 | 2009-06-24 00:20 | 日記 | Trackback | Comments(0)
横浜で自滅の巻


フットボールは難しいね、少し上手く行き始めると課題が
突きつけられる。
代表組が復帰したと思ったらコンビネーションにズレが
生じてそれが徐々に広がりついに完全に消え失せた。
後半はほぼフルタイムリアクション状態。
プレスが掛からずパスの出しどころは消せない、相手の2列目
からの飛び出しを常に追いかけてる、ボランチは最終ラインに吸収され
セカンドを拾われまくり波状攻撃に晒され続ける、なにこの08浦和崩壊型の再現。
で、焦れたトゥーリオがオレがオレがとバンザイオーバーラップを
仕掛けて出来たギャップを使われて(以下略


まあ今年は壁にぶち当たりながらそれをどう乗り越えるかも
楽しんでるので次の神戸戦に向けて監督がメンバーを含めて
どう修正してくるか興味深い。フィンケ監督はあの絶対的な個をどう扱うんだろ?
フットボールは繊細で難しい。だから惹き込まれる。

チョット体調が悪いの、昨夜は蕁麻疹まで出てきてそのままダウン。
週末でいいことはROMだすこと決めてくれたことだけだ・・・
[PR]
by caz0322753 | 2009-06-22 00:32 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
リーグ再開
予定を見ると横浜戦も14時KOなのかよ・・・
この季節になに考えてんだ日程くんは。

横浜は開港150周年なんだって。
youtubeでその一環イベントのブルーインパルス展示飛行を見たけど
デルタでベイブリッジをくぐる・・・わけなかったw


で、代表組が復帰してくるのだけど、ナビでバランスよく見えた
啓太と萌のセットはもっと見てみたい。
工事中の左SBは永田のSBらしいオーバーラップを見ると使いながら
育てたい気もするけど寄せの甘さを見るとまだその段階じゃないか。
そうなると萌しかいないのだけどSBで使うのはもったいないな。
それと高いラインを維持していたDFライン(坪井が統率してたらしい)
が今後も維持できるのかが興味深い。高さには絶対の自信があるトゥーリオ
は対照的に裏を取られる不安からあまり高い位置を取りたがらない。
監督の志向するフットボールをやるためにはリスクを負ってでも
坪井を信頼して高いラインをとって欲しい気がするけどチョット怖いことも事実w
[PR]
by caz0322753 | 2009-06-20 11:12 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
吾唯足知
いまさらながら「夏目友人帳」を見てる。
面白い、そして切ないなぁ。



臓器移植法改正案はA案が衆院で可決された。
僕の経験だと大切な人の死を受け入れるまでには
それ相当の時間が必要だったので脳死が人の死だと
言われて納得できる自信がない。
難しいね、医療の進歩に人の心が追いつかない。

人の欲望は底なしだ。
[PR]
by caz0322753 | 2009-06-20 01:41 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
♪浦和には浦和だけ
予選突破を賭けた勝たなくてはいけない試合。
若いメンバー中心でそのタスクを果たすことが出来たー

この3試合でまさか勝点9を積めるとは、しかも代表と故障者続出で
ベストには程遠い状態で。
そして勝点と同じようにいやそれ以上に抱えきれない収穫を得たんじゃ
ないかな。その収穫で最も大きかったのが山田暢久さんのCBだとはねぇ。
ヤマと坪井が取る高いDFラインのおかげでコンパクトな陣形で組織的な
プレスから攻撃へのスイッチがより入りやすくなったと思う。
そのアクセントになったのが啓太と萌のボランチコンビの縦の動き
なのだけどこれでアベユキが戻ってきたらどうするんだ?悩ましい・・・

直輝と原口元気が共に埼スタで初ゴール。
直輝は後方からのパスに飛び出してGKとの一対一を冷静にかわしてゲット。
ん?と副審を見たらセンターに向って走ってたのでほっとしたw
原口元気のゴールは狙い済ましてそこしかない右隅上方のポイントへ
ピンポイントのシュートだった。ほっとしたような表情が印象的。

永田拓也は初アシスト。
サイドから深く侵入してエジさんへマイナスのパス。サイドには
こういう崩しが欲しいんだよね、単調な山なりアーリークロスじゃなくて。
初スタメンでフルタイム、かなりきつそうに見えたけど風邪引いてたのかい。
a0005688_0375375.jpga0005688_038741.jpg














圧巻だったのは6点目。
右サイドで繋ぎまくって大宮を鳥かご状態にしてポンと縦に飛び出した
セルがこれまたマイナスを送ってヤマが鮮やかな仕上げ。
久しぶりだなー隣街をボッコボコにしてやったのは。
[PR]
by caz0322753 | 2009-06-14 00:59 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(0)
浦和レッズ×スカパーDVD
スカパーから届いていてた開幕ドキュメントDVDを見てみた。
普段見れない試合前の様子とかが見れてなかなか面白い内容。
試合前、ウォームアップでピッチに上がる前に屋内で黙々と
身体をほぐす選手たちに突如として届くForza REDS!の連呼、
気合を入れる掛け声が聞こえるロッカーのドア前に佇む信藤TDの姿、
交わすぎこちない握手w  
余計なナレーション、BGMもなく淡々と開幕戦に挑む選手たちの
表情を伝える映像はシンプルだけどいい感じに出来ていた。



サッカー批評を読んだのだけど、今回のテーマは「10年後も
残るクラブ、消えるクラブ」
クラブのあり方についてちょと重い内容だけどいろいろと考えさせられる内容。
プロビンチアと呼ばれるクラブはそれぞれビジョンと現実の狭間で
苦闘してるというのにFCニッポンのお花畑具合が異彩を放っていた。


ユナイテッドがロナウドのレアル・マドリードのへの移籍に同意したそう。
これで守備をしない一発芸人のロナウドの尻拭い役のパクチーも負担が減るか。
だけどカカとロナウドってw ウイイレでもそんな一度に獲れないorz
こうなるとテベスは残留させるべきだと思うけどもう手遅れなのかな、
とにかく125億円!のロナウド資金が入るわけで、もういいから
ファーガソンは若旦那を買い戻せw
[PR]
by caz0322753 | 2009-06-12 01:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)
そら
オリオン座のベテルギウスが縮小している(AFP)
ベテルギウスまでの距離はろ、640光年・・・もしかしたら更に収縮し
超新星爆発が起こり今はベテルギウスって存在していないのかもね。
しかし640年前の姿を見ているって理論は理解出来ても不思議だ。


a0005688_0252639.jpg

7日に撮った赤い月 手持ちだと難しいなあ。
いまごろ「かぐや」は月に落下してその役目を終えたところか・・・


ガンダム、お台場に立つ。
ついに三菱重工製のMSがロールアウトしたのかー 
おおっ これはw

最近のガンダムは現実の戦闘機以上に操作性が進化しているのか
戦闘中の操縦はお任せでパイロットは叫んでいるだけに見えるけど、
ファーストでは両手だけでなく足でペダルも操作していた記憶がある。

ついでにザクも作ってくれないかなあ、もちろん量産型。ザクマシンガンを
構えた格好で。さらについでにレインボーブリッジの下にズゴックの頭を(ry
[PR]
by caz0322753 | 2009-06-11 00:28 | つぶやき | Trackback | Comments(0)