<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
見えない敵との闘いw
橋本社長はフィンケ監督にもう1年任せることを決めたらしい。

自分でも矛盾してると思うのはさんざんすぽーつしんぶんなんかと
言っていながらそれを通じてしかクラブの動向がわからないことだ。
清尾さんのコラムを読むと、浦和レッズ担当の記者連中は
「フィンケを浦和から追い出すことが俺たちに課せられた使命だっ」と
意味不明な正義感に萌えてw迷走しているのではないかと。
「フィンケ体制継続は大罪である(キリッ」みたいな。
誰と闘ってんだよ、あんたらはw

例えば政治についてなら一般人は議員や公務員の仕事内容を
いちいち知ることは出来ないからメディアがその成果について
客観的な評価をする役割があると思うのだけどスポーツは見ていれば
記者でなくても出来るの。
監督に対する評価は社長やフロントがすればいいこと、そして
金を払って見ているサポはあんたたちなんかより全然冷静に
チームを評価しているよ。あんたたちが庇い続ける一部の選手や
クラブの中の人に対する評価もねw
[PR]
by caz0322753 | 2009-10-31 11:08 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
荒れ気味
「赤い血が流れている」ってなんのことかと思ったら
FCニッポンのラモスがマスコミ受けするようなことをしゃべってたのか。
いい加減にしろよ、こっちはてめぇらの暇つぶしに付き合ってる余裕なんか
ねぇんだよ。

8月にテレビを買ったときに申請していたエコポイント。
すっかり忘れていたら今日交換品のギフト券が届いた。
これ使って古くなったiPod nanoを買い換えようかな。


米国に喧嘩をふっかけて得意げなアタマでっかちな外相や首相は普天間
基地移転はさんざん地元と折衝を重ねてようやく妥協点を見つけて実現に
向けて動き出したのにいきなり県外移転だ嘉手納統合だと内閣不一致で
言いたいこというだけで日米の信頼関係をぶち壊すことしか考えていない。
政府間で合意していたことをなにを今更「時間をかけて検討する」だよ
米国じゃなくても怒るだろ、こんな約束破りのいい加減な国。

で、今度は嘉手納に展開してる米軍のF-15Cを20機に削減する案だと。
なんだか日教組が小学生向けの算数の問題に「嘉手納のF-15は本当に
日本を守るためにあるのかなあ」と薄気味悪い思想を刷り込んだ有名な
話を連想させるね、騒音が問題ならF-15Cより静かなF-22の配備を
お願いすれば?
国民の総意・民主党は東アジア共同体として沖縄から米軍を追い出して
人民解放軍を入れたいのか?
沖縄の空に翻る五星紅旗・・・想像するだけで吐き気がするわ。
[PR]
by caz0322753 | 2009-10-29 23:47 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
月曜日の昼休みから
もしかして松本山雅戦ってこんな感じだったのだろうか?

及第点とさえ思える選手が一人もいない試合は珍しいね、
この試合はここ数年のワーストゲームだと思う。
中盤で組み立てながら向かってくる相手に対してはそれなりに
出来るのに縦ポンカウンターは1つ見せられるとトラウマなのか
縮み上がってパニクってCBとボランチがそれぞれ勝手に自己防衛を
始めてしまう。で、SBは放置されてこちらも抜かれたら終了な
玉砕守備をするしかない。
攻撃は・・・もう書くの面倒になった。

この惨敗でまだ来季もフィンケ監督に託そうと思っていた人のなかに
解任を望む人が多くなったと思うしそれは仕方ないかな・・・
残念だけど僕にはそれに反論出来るだけの質の向上があった1年だと
は思えないからね。
全ての浦和が土台作りという言葉に甘えていつの間にかモラトリアムの
ようになってしまった気がするので今の状態は健全といえば健全。

監督はオフも夏も補強をせずに戦うことを選んでいる。これは現有戦力の
見極めと順化を我慢強く進めている・・・のだと思う・・・そう思いたいw
戦術に合わない、チームのために動きたくない、自己主張ばかりの(ry 
は切ってもいいと思う、戦力は劣ってももっと連動して流れるような
フットボールをしてるクラブはあるのだし別にいなくてもいいでしょ、そんなの。

※追記

ていうか解任する前に「話が違うから辞める」と逃げられるのでは?
[PR]
by caz0322753 | 2009-10-26 12:47 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(4)
吼えるよ
犬飼元シャッチョが浦和サポは吼えろと仰っていますが
特に吼えたくもないので代わりにこのお方に吼えてもらいましょう。




安藤・・・蕩れ。
テレビでだけど久しぶりに浦和女子の試合を見て感じたのは
トップより全然スムーズに動けてること。
安藤梢が見せたトラップからフェイク、シュートで仕留めるまでの
冷静な動きに見蕩れた。
[PR]
by caz0322753 | 2009-10-19 23:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)
新潟戦@新潟
ほっとしたというのが終了後の素直な気持ち。

ピッチ上のレッズは意識を共有しながら戦っていたように見えた。
全体として前に向かって奪いに行く守備が最後まで出来ていたし
切り替えも早くボールへの執念を見せていた。
なによりも闘う気持ちが伝わってきたことが嬉しい。
ホリが右SBとしていいプレーを見せてくれたのが大きかったね、
正直言ってマッチアップするジウトンのスピードに対応出来るか
不安だったけどよく頑張った。

啓太のアクシデントで前半途中から中盤の構成に直輝が入ると
中盤が動き出した。ようやく直輝らしいプレーが見れるように
なってきたかな、それと呼応するようにロビーが生き返った
わけは直輝のフリーランと関係があるのでは?
選択肢が丸分かり状態と複数あるのでは相手の対応が全然違うのだから。

ポーランド人のみくるスキーというアニヲタみたいな名前の主審は
どう見てもJの標準以下のレベル。カードが8枚も出るような
荒れた内容じゃなかった。

内容については・・・開始40秒?で新潟から貰ったゴールがなかったら
スコアレスドローで納得する内容だったと思う。
新潟もかなり酷くてとてもACL圏や優勝争いをしてるチームには
見えなかった。
レッズも攻撃面ではバイタルで崩して決定機を作ることは
出来なかったし緩い横パスを掻っ攫われてカウンターという
よく見る光景が繰り返されていた。残り5試合で攻守両面で
いい内容のゲームが少しでも見れたら来季への期待が膨らむのだけど・・・
[PR]
by caz0322753 | 2009-10-18 10:36 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(2)
浦和レッズは粛々と進むだけ
明日は読売巨人軍のプロパガンダ紙によると偶然大原を通りかかった
サイクリング中の人たちに「ここアマチュアに敗れた情けないクラブ」と
紛れもない事実を指摘されたクラブのaway新潟戦。
しかし偶然通りかかった人の会話を読売巨人軍のプロパガ(ry の記者
がたまたま近くにいて聞き取れたのはさすが超エリートなジャーナリスト、
ネタを嗅ぎつける能力が通常の3倍なのだろう。

今週は最近ちょっとないくらい敗戦から立ち直れなくて、
CWCでミランに負けたときと同じくらいいろいろと考えさせられた。
まあ勝負事に絶対はないのだから負けは負けと受け止めて進む
しかないのだけど・・・
社長も信藤TDもどーんと構えていたらいいのにねぇ、
顔色を見られてつけ込まれてるような気がするよ。


そんな週末金曜日、格好のストレスの捌け口を読売巨人軍のプロパ(ry
が提供してくれたので少し回復。
でもいくらクラブが抗議しても記者は反省するわけもなく益々私怨に
燃えて逆恨みするだけだと思うなあ。どうでもいいくだらないときだけ
報道の自由だとか知る権利をふりかざすのが日本のジャーナリズム(笑)
その知る権利でアフガニスタンの米軍従軍レポなんかを読みたいのだけど
読売巨人軍のプロ(ry のエリート記者さんが現地に行ってくれないかな?
[PR]
by caz0322753 | 2009-10-17 00:10 | 日記 | Trackback | Comments(0)
.
10月11日、今日はなにかあった気がするのだけど気のせいだと思う。
うんきっとそう・・・だよ

なのでA.Tの新譜とついでにリンコのソロアルバムを捕獲してきた。
別に委託で買えばいいのだけど、どんな人があんな曲を作ってるのか
好奇心があったのでー(ええ、リンコさんが売り子をするから(ry )

捕獲場所の屋上?から。
a0005688_22574392.jpga0005688_2258034.jpg








海を見ただけで舞い上がってしまう海なし県生まれ。


早速iTunesに取り込んでみる。
a0005688_23254943.jpg

・・・CD情報なし、不明なアーティスト。
パッケージもいつもの手作り感溢れる作り。
このCDも手焼きに違いないw
中身は前作とは違いオサレなテクノに戻ってる感じ。#01の掴みがいいなー

で、リンコのCDはプレスでどこから見ても市販品レベル
のクオリティ。取り込んでみると・・・普通に情報が出たw
こちらは確かにギターポップっぽいつくり。A.Tとは全く違う
生音ベース。チョット声が弱いかも。
彼女が影響を受けたヴォーカリストにこしじまとしこを挙げて
いたことを知った。なんか繋がった気がした。


結局プロとかアマなんてくくりじゃなく人の心を揺さぶれるか
どうかなんだよ。浦和レッズさん。
[PR]
by caz0322753 | 2009-10-12 00:23 | おんがく | Trackback | Comments(0)
オバマが「核なき世界」とのたまったらノーベル平和賞だって。
ゴアのときといいノーベル賞委員会?は身体を張って笑いを
とっていると思う。
というより米国というヤクザ国家への皮肉なのだろうか。



代表選手が抜けている間にJFA会長によると「日本で一番権威がある大会」
である天皇杯全日本サッカー選手権大会にJリーグクラブが登場するわけ
ですが。
で、レッズの初戦の相手は、松本山・・・?全然知らないので
検索してみた。
レッズより全然見やすく目に優しい松本・・・のオフィシャルサイトによると
松本山雅(やまが)FCと読むことが分かった。
天皇杯では格下相手にJ1クラブが受けに回り苦戦するのはよくあること
なので気を抜かずに。
[PR]
by caz0322753 | 2009-10-10 00:18 | 日記 | Trackback | Comments(0)
from far away

Die Hard The Hunter/DEF LEPPARD


スティーヴとフィルのギターソロが流れるようにクロスする。
二人の組み合わせはもう絶対に二度と見れないことが哀しい。
このツアーのライブビデオ、BDかDVDで出して・・・くれるわけないか。
[PR]
by caz0322753 | 2009-10-06 00:49 | 俺用動画 | Trackback | Comments(0)
千葉戦@埼スタ
まずは高橋峻希、初ゴールオメ!


a0005688_23302740.jpga0005688_23305031.jpg








後がない戦いを続けている千葉のハイテンションに圧倒されて
受身の入りになってしまい梅崎が中途半端なパスをかっさらわれて失点。
2試合連続で開始早々に集中を欠いた失点にはうんざりする、本当に。
千葉の前線からのチェイス、中盤のプレッシャーを避けるためか執拗に
ロングボールを放り込む作業には辟易した。精度の低いパスがそれを
更に追い討ちする。そこには繋いで展開して厚みのある攻撃をしかける
コンビネーションフッ(ry なんか欠片もなかった。
あーツマンネ(怒 
どうすんだよ、後半は。

で、後半。頭から達也が入ると積極的に動き回り仕掛けて千葉のDFを
引きずり回すとスペースが生まれパスが実効的に繋がるようになる。
半年以上かけて作ったつもりのフットボールなんてほとんど
出場してない達也個人の労を惜しまない動き以下のモノなのかねぇ。
早く直輝がコンディションを上げてくれればいいなと思うと同時に
誰もがサボらず動かないと結局個の力の使いどころが変わっただけに
なってしまう。
つまりなにが足りないのかの答えの1つはそこにあるのでは?

10分過ぎからコンビネーションで崩しつつ決めきれない場面が
続き悶絶する埼スタ。アベユキがペナに飛び込んできた流れでもわかる
けど、最近ボランチがバイタルで流れるように攻撃に参加出来るように
なってきたのはフィンケ監督のやりたい形が出来つつあるのだと思いたい。

終わってみれば3-1の勝利。でも前半のイライラ感を高橋峻希の胸のすくような
ゴールでうやむやにしたような感じは拭えない。
開幕からしばらくあったビルドアップで感じた楽しさは失っているけど
逆にフィニッシュでは創造性が生まれてきている。まだまだ完成は先。
[PR]
by caz0322753 | 2009-10-04 00:04 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)