<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
まだ現役
新世代のF-14?(時事通信)
本国・米海軍ではとっくに退役させたF-14トムキャット。

そういえばイランに売ったF-14はどうなったんだろ?と思って
検索したことがあったのだけどこの記事によるとイランは
F-14を改修して今でも運用しているようだ。
日本でいえばF-4EJ改みたいなものか。F-4EJ改は外観は
古いけどアビオニクスは近代化改修でAWACSともデータリンク
しているので電子戦ならバカにされるほどボロくはないんだよ?

イランはイスラム革命以後米国を敵とみなし断交状態、最近では
ブッシュとラムズフェルドがイラクの次はイランだとお花畑満開で
潰すつもりだった国。当然部品供給などないわけで苦肉の策でなんとか
維持しているらしい。

世間的にはF-14といえば「トップガン」なのかな?トム・クルーズの
ナビがグリーン先生・・・いやアンソニー・エドワーズだったとはERを
見ても頭髪的な理由で分からなかったw
F-14の特徴といったら可変翼と高性能レーダと射程100km以上の
空対空ミサイルAIM-54フェニックスを装備していたこと。
フェニックスは旧ソ連の戦略爆撃機を迎撃するミサイルだった
のだけどイランではその高性能レーダーを活かして空中警戒の
役割をしているという話もある。
[PR]
by caz0322753 | 2010-04-29 01:58 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
とくになし
レッズはワールドカップ中断期間にオーストリア合宿をするらしい。
ドイツ大会のときはドイツで合宿をしてマリッチが移籍した
まだ3部だったホッフェンハイムと試合をしていた記憶が・・・
いまブンデスの順位を確認するとフライブルクより上なんだね。


PS3「ニーアレプリカント」を衝動買いしていたのを
忘れていてamazonからなにが届いたのかパッケージを
開けるまで思い出せなかった。
デモンズばかりやっていると死んでも直前からやり直せる
だけで優しさを感じてしまうw
ディスクを入れた状態でゲームアイコンにあわせると
XMBの背景がカイネの画像に。これはちょっといいな。
a0005688_0332153.jpg





ATがM3で旧作を販売してくれるそうなので気になっている。
またLincoさんが売り子をするそうなので名古屋戦の前に
行ってみるか考え中。
音楽系は去年初めて行ったけど例のイベントと比べると
まだ馴染みやすいw 時間があったらもっと試聴したい
のだけど対面販売で試聴だけしてスルーするのは悪い気がしてしまう。
[PR]
by caz0322753 | 2010-04-28 01:23 | 日記 | Trackback | Comments(0)
まだ高い壁があるような@埼スタ
寒かった。なんでもうすぐ5月なのに冬みたいに寒いのかとw

結果は0-1で負けちゃったけど、いい内容で勝った後に気が抜けた
ような試合をした わけではない。
ある程度基本は出来るようになったのでここからは応用ですと
課題を出されたような試合だったんじゃないかな。
で、結果は引いた相手に対して基本どおりサイドから崩すこと
だけでなくワンツーで守備ブロックを突破しようとしたり何度か
アクセントは見せたものの崩しきれなかったと。
まだまだだね、浦和REDSは。
気になったのはアベユキに疲れが見えたこと。今日は体もアタマも
キレがなかったように思えた。ここからの連戦を前にちょっと不安だ。


オマケ
a0005688_23305572.jpg

ワールドカップ@埼スタ
まさか実物をこの目で見れるとは・・・小さなカップだけどこれが
世界中を熱狂させる「ワールドカップ」
このカップを手にしたレッズOBが2人もいることが驚きだ。
[PR]
by caz0322753 | 2010-04-24 23:59 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
無題
中国艦艇、沖ノ鳥島近海居座る 政府“隠蔽” 中国に配慮?(産経)
ルーピー鳩山やオザワがいくら媚を売っても中共は東シナ海を
友愛の海にする気などないし東アジア共同体なんか興味はないからw

尖閣諸島や東シナ海の大陸棚について中共が権利を主張する理由は
分かりやすいけど、なぜ太平洋に浮かぶ沖ノ鳥島について必死に
沖ノ鳥島は島ではないと主張するのかは日本の海洋資源独占への
警戒は表向きで本心は太平洋西域支配への妨げだからでしょ。
中共は東シナ海から更に太平洋へ進出するルートを確保して
南西諸島の太平洋側に第2列島線という対米防衛ライン設定を
目論み外洋艦隊を構築し米軍による台湾侵攻の妨げとシーレーン
の支配という野望を持っているわけで、沖ノ鳥島が自衛隊の基地化
されることを恐れている。
で、防衛省がF-15Jを沖縄に配備しヘリ搭載護衛艦「ひゅうが」
を就役させ更に大きな22DDH建造が決定している理由は中共の
東シナ海での横暴は許さないという意思表明なんだけど、民主党さま
政権が脱官僚だのと屁理屈をこねて政権主導の親中反米政策を続けたら
気がつけば沖縄は丸裸の友愛の島になっているかもねー

いま話題の普天間基地の役割は米国の中共による台湾侵攻に
対応する海兵隊の駐留基地なわけで、オザワを先頭に議員総出で
中共詣でをする国民の総意・民主党さまが沖縄県外移転を模索し
泡沫政党のお笑い社民党が国外移転しか認めないと主張している
理由は沖縄県民のためなどではないとよい子のみんななら地図を
見ればすぐ分かるよねー?

さらにこんな報道が
海自機に速射砲の照準=中国海軍の駆逐艦、東シナ海で-関係筋(時事通信)
旧ソビエト軍も再三自衛隊に対して威嚇行動をとっていたそうだが
ロックオンまでしたら二国間に重大な問題を引き起こす程度の
認識は持っていた。

公海上での出来事なので中共の取った行動は違法行為ではない
のだけど常識で考えて武力持った者同士が敵対行為とみなされる
ロックオンをすれば偶発的武力衝突が起こりかねないわけで、これが
逆の立場だとマスゴミはキチガイのように自衛隊を叩くに違いない。
まぁ、ちうごくじんにマナーや文明人の慣習を説いたところで時間の
無駄なのは分かってはいるけど、中共の横暴を野放しにしている
民主党さまは自衛官の安全より人権弾圧独裁政党の親玉・コキントー
への配慮が優先なんですね。
[PR]
by caz0322753 | 2010-04-22 23:13 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
予兆
日曜日の試合のことを思い返すとニヤけてしまうのは川崎に
勝ったからではなく1年掛けてフィンケ監督のやろうとしている
フットボールが姿を現してきてそれがやっぱり間違った方向では
なかったんだと確信できたから。
もちろんチーム自体のコンディションもいいのだろうしこれから
相手のスカウティングが進めばまた壁に当たるのだろうけどいろいろ
あったけど1つの壁は乗り越えたんだなあ・・・


いま目の前にある卓上カレンダーはお嬢のお手製なので祭日が
分からない仕様(いいんだよこれで)なのだけど、確か1日から
5連休だったはず・・・相手は清水と名古屋か。
でもその前に土曜日の磐田にいい内容で勝つことが重要だよね。


改めて川崎戦を見てみると相手ボールのときのポジション
バランスがとれていて混乱が見られなくなってきていた。
監督の言う全体がスライドしながら~という話が具現化出来て
きている感じ。(・・・まだ感じねw)
録画を見て感じたのは川崎にプッシュされていた時間も
3ラインを崩さず連動した守備が出来ていたこと。場当たり的に
個々がプレスを掛けていくのではなく慌てずにそれでいて
引き過ぎずプレスとカバーで対応できていた。
去年から取り組んできた4バックをベースにしたシステムの
大転換がようやくチームとしてモノに出来てきたんだなあと
綺麗にフォーメーションを保ちながらピッチを移動するレッズ
を見てちょっと嬉しくなった。

攻撃面での予兆は縦の関係でシンプルにボールが運べること
サイドアタックに対してペナに複数が詰めているのを見たときだ。
ホリの得点は決して「ごっつあんごーる」などではない。
あれを「ごっつあんごーる」としか思えないならフットボールのなにを
見ているのかと失笑ものだ。
こんな光景が増えてきたのはボールホルダーと周りの意識がシンクロ
してきたからだろうね、ゲームの進め方も戦況と時間帯でフレキシブルに
対応できているしなんだか別のチームを見ているようでようやく
フィンケ監督の蒔いた種が芽を出してきたんだねぇ。
[PR]
by caz0322753 | 2010-04-21 23:58 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
前だけ見据えて
a0005688_22553132.jpg

萌のミドルが南のゴールに突き刺さり先制
その興奮が収まる間もなく、達也が強烈なミドルをぶち込んで突き放す。
a0005688_22555292.jpg

ホリがこぼれ球を押し込んで試合を決めた。

高原が左コーナーで粘って繫いでエジさん放ったシュートを川島がディフレクト、
こぼれ球に飛び込んできたのは・・・?「ホリだああああああ」と絶叫していたw
[PR]
by caz0322753 | 2010-04-18 23:21 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
逆転勝ち@神戸
ナビのためにスカパーの契約を追加。

今日のレッズはミスの多さと動きのなさばかりが目に付いて
カウンターしか出来ない神戸にとってはまたとない相手だったのでは?
まるで去年の連敗中の再現のような場面が繰り返される展開。
不安定な最終ラインにプレスを掛けられバックパスと縦に繋がらない
時間が続き溜息が出る。
そんな悪い流れの中、カウンター一発で沈められただけなら
去年のレッズのままなのだけど今日はちょっと違った。

失点後、前半から噛み合わないプレーが目に付いた啓太を諦め高原を
投入し2topにすると流れが変わったのは監督のいい判断だった。
で、高原の同点のゴールは原口が左サイドから低いクロスを入れ
るとDFがクリアしきれなかったボールをエジさんが拾い左前方に出した
ロブのパスを左足ボレーでゲット。オフサイドっぽい?と思ったら
左奥に1人残っていたね。
そして阿部勇樹の逆転ゴールはアベユキがバイタル中央に走りこんで
くるタイミングに合わせて柏木が右横のスペースへ丁寧にボールを
置くようなパスを出すとボールが少し浮いたタイミングで右足を振りぬき
新潟戦とは逆サイドに低い弾道のミドルを突き刺した。

さらにエジさんのゴールはゲームを閉めるため投入されたホリが
なぜかバイタルに侵入していてwペナセンターにいたエジさんへ
仕上げをどうぞというパスを。ホリはパスを出した後しっかりと
斜め前のスペースに走っていた。ゲームを閉める役割とはいえ
機を見てこういうプレーが出来る点も監督がホリをベンチに置く
理由なのかもね。

内容はあんまりだったけどそれでも出場機会に恵まれていない
高原が起用に応えて結果を残したし、なにより高原が入って流れを
引き寄せたことはチームにとって良かったと思う。

順大はPK阻止を取り消されやり直し判定にも集中を切らさず
もう一度阻止したのはカッコよすぎるぞ。
[PR]
by caz0322753 | 2010-04-14 23:26 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
少しずつ見えてきた新しいレッズの姿
達也からの折り返しをセンターで受けたのは左SBのサヌ、
サヌが軽く捌いたパスをボランチの阿部勇樹が右足を振り抜き
目の醒めるような弾道のシュートで先制のゲット。
何人もの選手が流動的かつ実効的なポジショニングで得たチャンスで
奪った得点だった。
これがフィンケ監督が志向しているフットボールの1つの形なのかな。

宇賀神の負傷で前半の早い時間でフィンケ監督が代わりに投入した
のはついに姿を現したウィルフリード・サヌ。
なんの予備知識もなく勝手にスピードタイプのドリブラーだと
思い込んでいたのだけどこれが全然違い柔らかいタッチに加えて
周りを見てプレーすることが出来るタイプ・・・のような印象。
その良さがでたのがアベユキの先制ゴールを生んだプレー、
まだ意思疎通に難があるけど今後が期待できるお披露目だったのでは。

それにしても今季のアベユキのプレーは素晴らしい。
前に向かう守備から前線への飛び出しまで迷いのない
見ていて躍動感が伝わってくるプレーを見せてくれる。
そして達也のプレーもだいぶトップフォームを思い出して
来たようでこれからが楽しみ。
[PR]
by caz0322753 | 2010-04-11 00:01 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
もしも時をかけられたら
「おまえ・・・タイムリープしてね?」

「そ、そんなことよりうちの妹がバカでさぁ」

蹴球日本代表の時を巻戻すならどの時点までがいいだろう?


東アジア選手権・韓国戦の後にもう何もかも手遅れなので
このまま進むしかないと書いたのだけど、セルビア戦を見た
あとはこのまま進むことすら出来ないように思えてきた。
これまでは代表が負けても醒めた目で見ていたけどドイツ大会
での屈辱を晴らすため費やしてきたこの4年間がすべてムダ
になったのかと気がついたら鉛を飲み込んだような気分に
なってしまった。まだ本大会前なのに。


ユナイテッドが業務提携先に負けたー
1-2で迎えたQ Final2ndレグは前半で3点を奪いながら
ラファエルの退場で数的不利になり結末はCKをロッベンが
ダイレクトボレーで合わせたシュートがゴールに突き刺さり
awayゴール数でバイエルンが上回り終了。
あ、バルサは次を勝ち抜くとサンチャゴ・ベルナベウに乗り込んで
Finalを戦うのか。レアル・マドリードにとってはなんという屈辱w
[PR]
by caz0322753 | 2010-04-09 00:35 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
真っ青

これがワールドカップ本大会メンバー選出前最後の試合。
アベユキがスタメンで出場していたのでちょっとドキドキしながら
見ていた。

相手のセルビアはテストマッチと割り切って国内組の構成、しかも
なぜか監督はスタンド観戦。日テレの資料読みによるとコーチの育成
も兼ねていたそうです。へー(棒
そんなセルビアに0-3で完敗、しかも最後はGKまで交代されるという
屈辱モノの内容。
で、岡田たけし監督率いるさむらいぶるー(笑)はテストマッチなら
開き直って文字通りテストの場にすればよかったのにピッチ上には
いつものように足がイタイイタイだけど頑張るオレカッケーな#10や疲労困憊で
見ていて可哀想な遠藤がいる、不思議っ!


最近はソウルミュージック?R&B?の影響を受けて感情を
目一杯込めて唄ってます的な曲が多くてラジオから流れてくるのを
聴くだけで辟易する。
疲れるんだよ、いちいち。ガキの薄っぺらな恋愛論なんかw
[PR]
by caz0322753 | 2010-04-07 22:56 | つぶやき | Trackback | Comments(0)