<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ついにリーグで連勝達成…!
試合後の川崎側のコメントに懐かしさを感じた。
『ゲームは支配してたのにぃ、内容では勝(ry 』みたいな。
昔はよくG大阪にこんな負け惜しみを言われたよなぁ。

川崎も浦和も共に1年目の監督なのに一方は真逆のスタイルへの
転換を順調にこなし一方は2年間もがいた揚句すべてを投げ捨て
個の力に頼り切り必死に勝ち点を確保せざるを得ないチーム状態。
ここ数年の不振はフロント、監督だけの問題ではないんだろうなぁ。

入りから川崎が圧倒していたけど一瞬の隙をついて柏木が
カウンターの起点になる絶妙なスルーをマルシオの前の
スペースへ送るとクリアし切れなかったDFがキレイにゴール
へ流し込み先制。
永田によると『点を取られる気がしない』くらい最近の
守備には自信があるらしく事実非常に失点は少ないわけで、
執拗にサイドから崩そうとする川崎の攻勢をいつものように
永田、スピラが体を張って弾き返し順大が鋭い判断で防いで
守りきった勝利。
こういう試合は現地にいるとやりきった充実感が堪らないよね、
テレビの前だとひたすら疲れるけどw

なんにしても勝つことでやっていることに自信が持てるし
結果が伴えばそれは確信になる。
自分で書いいて一体なにを書いているのかわからないけど
今年は勝ち点を積むことで刹那的にニヤつくしかない('A`)

ところで、柏木、直輝、元気がスタメンで揃うのは一番
見たかったカタチだったけど残念ながら元気は試合に使って
はいけない状態に見えてなぜ無理をさせるのか理解できなかった。
ペトロが本当に元気を一番のダイヤwだと思うなら外す勇気
を持つべき。
足首の捻挫が治っていない元気を使い続ける一方で直輝を
65分で下げる謎采配。ペトロにとって元気は己の精神的安定
を保つためピッチ上に置いておきたいのだろうか?
[PR]
by caz0322753 | 2011-07-31 10:24 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
捧げる勝利@埼スタ
立ち上がり10分ほどで順大がエリア外でパウリーニョを
タックルで止めて一発退場。
絶対に勝たなければならない1戦でなにこのハンデ…


主審のオーギタニは不思議な判定を繰り返しブーイング
を浴びて意固地になりレッズが受けた明らかなファウルを
あからさまな態度でスルー。おまえはなにしに来たんだよ、
誰と闘ってんだよ。

そんなわけで10人で80分近くを戦わなければならなくなった
わけだけど甲府は2度の決定機もパウリーニョのシュートは
バーを叩き決めきれず。
レッズはスタメン起用されたランコ・デスポトビッチが
角度のない位置から決めたかと思ったらオフサイドで脱力w

後半、左サイドの攻撃担当は元気なのになぜか守備に
徹しているはずのヒラがオーバーラップしてバイタルへ。
柏木がその前方に出したスルーに反応して昔の自分を
思い出したヒラはそのままゴールへ向かうとシュート
コースをブロックしてきたDFと交錯、ボールは
そのままゴールへ吸い込まれて先制のゲットw
追いすがる甲府を突き放した柏木のミドルは凄かったなぁ、
ノートラップで狙いすました左足ミドル。

なんだろね、よくわからないけど終わってみれば守備的
にならざるを得ない展開なのに先制、追加点で完封勝ち。
絶対に勝ちてぇと森さんの遺影を見ながら入場した試合は
♪もりかんぺお~んのチャントとwe are diamondsの凱歌
でいいお見送りが出来たかな?
[PR]
by caz0322753 | 2011-07-24 00:54 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
あれとなでしことしつこい風邪と
体調が戻らずなにをするのも怠い感じで。


レッズは森さんのため喪章を付けて挑んだaway磐田戦で
柏木の今季初ゴールで先制したもののロスタイムにPKを
与えて勝利を捧げることは叶わなかった。
スピラは責任を一身に背負ったような落ち込みようだった
けど誰も彼を責めたりしないと思う。
出来の悪かった磐田を突き放せなかったことが全て。
この試合でデビューしたランコ・デスポトビッチは振りの早い
モーションからシュートをポストに当てたもののまだ全然動けて
いなかったけどいきなり日本の夏の暑さに放り込まれたらまぁ
普通はあんなもんだろうな。コンディションが上がってきたら
チェイスもしてくれるよね…??


まさか自分が生きている間に日本がワールドカップで優勝
する姿を見ることが出来るとは。
よくアメリカを相手にここまで出来たなぁと2度追いついて
PKに持ち込んだこと自体が信じられないほど力の差はあった。
アメリカはフィジカルの強さとスピードだけでなく意外と
スキルの高さもあり正直言って勝てる要素が見えなかったのに…
延長前半に突き放されここまでかーと思っていたら澤がニアに
飛び込み右アウトサイドで流し込んだ瞬間はあまりの神がかり
な展開に鳥肌が立ったよ。

日本のショートパスをベースに流動的に動きスペースを作り
3人目がそこにスルスルと入り流れるようなパスワークを展開
するフットボールは本当に楽しかった。
ただなんとなく繋いでいるのではなく意図のある強いパスが少
ないタッチで回るから見ていて楽しいんだろうな。
[PR]
by caz0322753 | 2011-07-20 22:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)
精一杯やっている振り、支えている振り
今週はバカにふさわしく夏風邪をひいてしまいやっと
週末にたどり着いた感じ。熱が下がらないのは辛いっす。

陰鬱とした山形戦の後、はしらたにGMが大本営(URD:OM)を
相手に一生懸命書いた作文の内容はいくら妄想と願望でも
もう少し現実味がないと読み手は感情移入が出来ませんよ。
大本営(URD:OM)も少しは突っ込めよ…
僕は最後まで最善を尽くす気がないはしらたにGMとも無能な
ペトロともひとつになって乗り越える気はさらさらありません。



さっきsports naviのサイトでコパアメリカで苦悩する
メッシについての記事を読んでいてアルヘンティーナは
南アWカップからなにも変わっていないんだなと思った。
個の力はありながら組織を構築する術を持たないバティスタ
と攻撃的なメンバーを揃えてあとはメッシに全てお任せのマラドーナ。
どちらもメッシを活かす術を知らないのが残念すぎる。
[PR]
by caz0322753 | 2011-07-09 10:48 | 日記 | Trackback | Comments(0)
朦朧としながらの山形戦
風邪をひいて高熱にうなされながらスカパー観戦。
ポジション固定の上下動限定サッカーがやりたいなら
ゲームでやれよ。棒でクルクル動かすあれを。

試合前からポジションについて語っていたよなぁ。
ハームタイムの監督コメントでも。
あの内容で勝ち点1を持って帰れたのは最良の結果
だと思う。内容は今季最低、最悪。

せっかく流動性をもたらすメンバーを使ってもそれは
マルシオを休ませるための「代役」という認識でしかない。
直輝は自重気味に見えたし、まったく全然少しもフットボール
を楽しんでいるように見えなかったのが悲しかった。
それ以前に90分+4分一切躍動感を感じない球蹴りだったことは
中3日でコンディションが悪いと「バルサのよう」(笑)な
動きは出来ない、チームとして意図して作られた訳ではない
その場限りの選手間の閃き頼みの限界を思い知らされた。


上手くいかなければ選手のせい、練習で指示したことが出来ない
と己の非は決して認めず時代錯誤なお花畑サッカーを
夢見る指揮官とそれを黙認し続ける社長、GM…

※追記
オフィシャルが監督会見のコメントを改竄したらしい、
多くの方が指摘されているので間違いないんだろう。
サポに知られたくないのなら推敲くらいやれよwww
ほんとに堕ちるところまで堕ちたんだなw
[PR]
by caz0322753 | 2011-07-07 07:03 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
夏の妥協の産物・G大阪戦@埼スタ
「宝(たから)の持ち腐れ」じゃねぇかよ?とスタメン発表時に
憤りを感じる梅雨真っ只中ですが。
a0005688_20512362.jpg



前半と後半で別のチーム、別の戦術を使い分けるペトロの妥協の
産物は夏場には結構効果的。無暗やたらとFWを送り込んでいた
頃からは進歩がある…のかな。お互い足が止まり出した時間に
投入された直輝、柏木で中盤を制圧しショートパスとポジション
チェンジで振り回してチャンスを生み出す。

元気の同点のゲットは達也から峻希の前のスペースに出された
パスをドリブルからスピードに乗ったまま上げたクロスから。
視界の右から24番がスペースに飛び込んできて渾身のヘッド!を
叩き込んだ時はいろんなモヤモヤを一瞬忘れさせてくれた。
それにしても峻希の無尽蔵のスタミナはなんなんだろう?気持ちの
塊のようなプレーでフルタイム上下動を繰り返し体を張った守備。
浦和の子たちはみんな苦境でもたくましく育っているなぁと嬉しくなる。






ほんとにね、最近雑念でモヤモヤして困る。

バカなんだろうな、( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
[PR]
by caz0322753 | 2011-07-04 22:43 | つぶやき | Trackback | Comments(0)