<   2012年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
away柏戦@国立霞ヶ丘
こ れ が B S 劇 場 で あ る

…僕はスカパーでみていたんですが。
順大が目一杯スローしたボールの行方が一瞬画面から消えた
のだけど矢島が競り勝ち、でも落としたボールを見た瞬間は
間に合わないかーと思ったのに…
ポポが一瞬早く触ったボールの軌道がゴールマウスに向かって
いることが分ってからの時間の流れはとても長くそして至福
の時間だった。


前節の完敗からどう立て直してくるか興味深かったaway柏戦。
入りからサイドを有効に使えていたし中盤の距離感もよくいい
感じだったのにCKからオウンゴールで失点。
このあとわずか27分過ぎで元気を諦めポポを投入することに
なった。流れはよくない、先週のことが頭を過る展開を救った
のはやっぱりミシャの目指すフットボールをしっかりピッチ上
で実践できた結果。
左後方から阿部勇樹が逆サイドのヒラへ大きな展開、マルシオは
張り付いてくるマーカーをプルアウェイで引き剥がしフリーになり
シュートはブロックされたものの詰めていた梅崎司が押し込んで
同点のゲット。

レッズに対する対戦クラブの対策として2シャドウに2枚マークを
付け楔を入れさせない、奪いどころに設定するのがテンプレになり
つつありネルシーニョも2枚のマーカー、守備時は最終ラインに5枚
並べる周到さで挑んできた。
昨日は永田さんやアベユキが後方からドリブルで持ち上がり組立
に変化を付けるシーンがなんどもあったしミシャも次のステップ
に取りかかっているんじゃないかな?
[PR]
by caz0322753 | 2012-09-30 12:42 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
無題だってば
ゲームのキャラなんてほとんど知らんがな…


全力出して暑くしていた太陽が一気にガクッと力尽きて
しまったかのような涼しさですが。


きゃりーなんとかさんの新曲が流れてきてちょっと聞き入って
しまった。
キャッチーでポップでヤスタカらしさがよく出ている。

ファッションモンスター/きゃりー(ry さん



こちらは3人娘オフィシャルグローバルサイトで流れていた曲。
公式ではないけど作りが面白い動画。
Perfume official global website ver.3.0

[PR]
by caz0322753 | 2012-09-24 22:43 | 俺用動画 | Trackback | Comments(0)
G大阪戦@埼スタ
浮ついた気持ちは現実にぶっ飛ばされました。

終始圧倒され何もさせてもらえず決定機ゼロで終了。
今季最悪最低の内容、結果だった。

後半の立ち上がり、単調なリズムでアクセントもサイド
チェンジもなく気ばかり焦っているのが手に取るように
分ったわw
今日のことはミシャがしっかりケアしてくれるだろうから
残り8試合、次のことを考えましょ。
[PR]
by caz0322753 | 2012-09-22 21:44 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
ラスボスの登場で
パネッタ米国国防長官が習近平と会談し尖閣諸島
は日米安保の適用範囲内だぞと釘を刺したそうですが。
つまり米国は暗に尖閣諸島は日本固有の領土だと中共
に分かりやすい意思表示をしたわけだ。

南シナ海における中国の傍若無人な覇権拡大を非難し
牽制している米国が東シナ海のこの事態をいつまでも
傍観しているとは思わなかったけど早くも国防長官自ら
中共の次期親玉に対し面と向かい脅しをかけたと。
これは民主党さまに対してのメッセージでもある気が
するね、MV-22配備の件についてとか。

でもね、自国領土の防衛は自力ですることが大前提な
わけで、米国は日本に加勢はするけど戦端を切ること
はないだろう。
もし万が一有事になったときに備え粛々と南西諸島の
防衛力増強を進めるべきだろうね。
[PR]
by caz0322753 | 2012-09-22 00:25 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
away横浜戦
awayで2-1の逆転勝利おいしかったです。

前半の入り方を思い出すとよく逆転出来たなと。
それでも最近のうちの選手たちは自分たちのフットボールに
自信を持ち始めてそれが確信になってきたようで慌てること
なく粛々とプレーし気がつけばレッズのペースに引きこんで
いた。
同点のゲットはそこまでシュートすら撃てなかったのに順大
のビルドアップから柏木のフィニッシュまで阿部、(※訂正)槙野、
元気、柏木、槙野、柏木と繋いで完璧な形で決めた。
元気から柏木に出たダイレクトパス、槙野のスルーから
柏木の左足で流し込んだ流れ…美しすぎてそのシーンをずっと
繰り返し見てたw

後半立ち上がりからの相手のハイプレスにも対応し逆にノコノコ
ハーフラインまで上がってきた中澤、栗原の足元の下手さを
マルシオが狙ってカウンター発動、元気に決めて欲しかった
シーンだったけど槙野(!)が詰めていてきっちり押し込み
逆転勝利。

この試合「も」啓太のポジション取りが秀逸だった。
常にフリーで受けられる位置に動き捌き中盤の起点に
なっていたね。
[PR]
by caz0322753 | 2012-09-17 09:15 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
戦略的思考のなさとか
民主党政権がこのタイミングでなぜ尖閣諸島国有化に踏み
切ったのか考えてみると中国への利敵行為なのかなーと
勘繰ってしまう。

先月韓国が竹島を巡り外交上の大失態をしでかし日本国内の
世論だけでなくあの民主党さまの首相に韓国が不法占拠して
いると言わせ提訴するとまで踏み込んだ発言をさせてしまった
ことを嗤っていたら今度は民主党さまが失態を冒していた。

日本はずっと尖閣諸島に領土問題は存在しないと言い続けて
きたわけで、中国は主権を主張しながらも実際には手出しでき
ない状況であり日本側からわざわざ国有化という刺激を中共に
与える必要は全くなかった。
これにより中国国内では反日感情を強め中共はそれに乗じ経済
活動上の恫喝もちらつかせてきた。
このまま事態が悪化すると否応なく日本は尖閣諸島について
領有権の案件として中共と話し合いのテーブルにつかなければ
ならなくなる。
中共の狙いはまさに領土問題が存在することを日本に認めさせる
ことにあるわけで、どうすんの?能無しバカ政権がやらかした後始末は。
[PR]
by caz0322753 | 2012-09-15 00:07 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
無題
公式PVじゃないけどいま見てもクオリティ高いなぁ

5iVE STAR/capsule


ヤスタカはこの路線をきゃりー(ryさんに担当させている
気がしないでもない。
[PR]
by caz0322753 | 2012-09-14 00:15 | 俺用動画 | Trackback | Comments(0)
無題
MAXじゃないと天皇杯はみれないんですかぁ

ツイッターを覗いたら開始早々に失点していたので
試合後ドキドキしながらオフィシャルで結果を確認して
ほっとしました。
そして協会は9月上旬の日中の暑さを考えた日程にしろよと。
コメントから推察すると色々普段と違う環境で難しい試合
になったようだけど、それは天皇杯ではいつものことなので
いかに相手のモチベーションを削ぎ心を折るような展開に
するかも重要なんだろうな。
他会場では広島が地域リーグクラブに90分負けしたように
フットボールはメンタル面で一点集中したとき実力以上の
なにかが勝敗を分けることもあるわけで…





満天の星空、天の川がキレイすぎて泣けるような そんな
夢を見たのでなにか悪い予兆か?と思って調べたらちょっと
切ない気分になった(´・_・`)
[PR]
by caz0322753 | 2012-09-09 06:48 | 日記 | Trackback | Comments(0)
今季は勝ち点4をプレゼント@埼スタ
勝てませんね…
a0005688_1244968.jpg


前半はレッズの後方からサイドへのフィードが効果的で
隣街の両サイドを蹂躙、そこからセンター、サイドと
面白いようにパスを繋ぎ元気が鮮やかな先制のゲット。
その後も数的優位を活かし隣町の混乱に乗じ更に何度も
バー、ポストを叩くシュートが続きこれは前半で試合は
決まるだろうなーと楽観していたんだけどねぇ…orz
倫敦帰りの一発で事態は急転してしまった。

後半完全に引きこもり体制を敷いてきたベルデニックの
プランに対してレッズは柏木が負傷で下がったため引いた
相手に対し崩しのアイディアやアクセントの付け方が
足りなく攻め倒し過ぎて逆に隙間を埋め尽くしてしまった
感じがした。
隣街は最終ラインに5枚並べてゴールを死守、それに対し
センターに当てサイドに振ってポポを投入してからは更に
サイドから抉る工夫はあったものの僕には今のレッズには
決定的に足りないピースがあるんだなぁと認めざるを得なかった。

ミシャの試合後コメントは間違ってはいない、間違っては
いないけど隣街戦は内容ではなく結果がすべて。
どんなに泥臭い得点でもいいから昨日は勝ちたかった…


隣街のことなんぞ興味ないので今まで知らなかったけど
24節で勝ち点24さらに得失-20 この-20は勝ち点で並ぶ
G大阪、新潟との残留争いでは致命的な数字。 
プレゼントしてしまった勝ち点4が残念すぎる。
[PR]
by caz0322753 | 2012-09-02 12:17 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)