<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
今年の浦和レッズを振り返ってみたり
もう興梠慎三の加入は正式発表を待つだけなの?

ここ最近の浦和レッズはケルンから槙野智章を買い取り広島から森脇良太、
仙台から関口訓充と代表クラスを2名補強し更に新規トップパートナーを
獲得…去年のことを忘れたわけではないけどきちんと仕事をしていること
は素直に認めたいと思う。

今年のレッズを見ていて嬉しかったのは梅崎司が本当に楽しそうに
ヘロヘロになりながらフットボールをしている姿を何度も見れたこと。
移籍してから大きな怪我が続き不本意な年月ばかりが過ぎていたと
思うけどいつか必ず復活すると頑張ってきた努力が報われたな。
あとは柏木陽介のウラマガのインタビューを読んで色々思うことが
あったなぁ…どこかの目の肥えた方たちは外様だなんだとレッテル
貼りにお忙しそうですが、僕はこの3年浦和のために必死に闘って
いる柏木のプレーを見てきて本当に生真面目で責任を背負ってプレー
していることが痛いほど伝わってくるしそれは槙野を見ても同じで
いかに上っ面だけで他所の選手を見ていたのかと反省しています。

そしてミシャ。まさか1年でここまであのシステムを浸透させるとは。
もちろんそれには柏木、槙野そして阿部勇樹の貢献が大きかったと
思うけど啓太や坪井のプレーの変化を見ればその指導でどれだけチーム
が活性化したのかがよく分った。

来季は直輝の復帰が一番の楽しみ。まだ時間はかかるだろうけど
ミシャのフットボールで躍動する直輝の姿を待とう。

それではみなさま、よいお年を!
[PR]
by caz0322753 | 2012-12-31 22:52 | 日記 | Trackback | Comments(0)
無題
投票には行きましたが最後まで比例はどの政党にすればいいか
決められず記入するか白票かで迷いました。で、どうしたか
はヒミツですw

いろんな人の考えを読んでいてなんだかなぁと思ってしまったのは
ツイッターで拡散していた「徴兵制」についての件。
もう少し目の前にある箱を利用し情報を集め冷静に判断するように
したほうがいいのでは?憲法改正して徴兵で中国に攻め込むぞー!
ですか?まずは憲法改正手続きの煩雑さから知ったほうがいい。


尖閣諸島の日本領空に中国国家海洋局所属のY12が侵入した件。
飛行機自体は軍用機ではないけど明らかに意図的な侵犯で空自
を誘い出す行動だったと思う。
で、早速中国外務省がスクランブルで尖閣諸島上空まで出動した
空自のF-15Jが中国領空を侵犯したと言い出した。どうも中国は
先に自衛隊を尖閣に引っ張り出すことで中国が領有を主張する
空海域に先に軍隊を派遣したのは日本だとの既成事実化を狙って
いたようで、これは考えたくないけど中国は軍用艦、軍用機を
尖閣諸島付近に向ける口実づくりを始めたのだと思う。
これまでも中国は太平洋上で中国艦隊を監視していた海自の
護衛艦にヘリを接近させ挑発行為を繰り返すなど中国軍は通常
考えられない軽率な行動を取ることがあり尖閣付近での偶発的な
事故が一気に軍事衝突にならないとは言い切れない。

暴走老人がスイッチを入れた今回の問題、選挙結果でいい気になって
いるようですが、『徴兵して支那を追い返すぞー!』なんですかね?w
[PR]
by caz0322753 | 2012-12-17 23:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)
「ホビット/思いがけない冒険」
「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」の公開が04年の2月
なのであれから8年も経ったのかと遠い目に。
LOTRも3部作だったけどホビットも同じく3部作だそうで。

画面に現れた懐かしいホビット庄…牧歌的な風景にあの音楽が
流れビルボの袋小路屋敷が映り、時はビルボの誕生日直前、まだ
己の運命の過酷さをしらないフロドの未来を知っているだけ
に無邪気なフロドを見てちょっと複雑な気持ちに。
内容は見てのお楽しみだけどストーリーはLOTRの60年前、ビルボ
がガンダルフやドワーフ達と旅に出て仲間として認められるまで
が第1作の内容で、ビルボがあの指輪を手に入れたシーンを見ること
が出来る。

LOTRは指輪を葬り去る使命を帯びたフロドがサウロンの手を逃れ
ながらの滅びの山へ向かう話しなのでシリアスで悲壮感が漂う話
だったけど「ホビット」は旅の目的がネガティブではないしビルボ
の飄々としたキャラもあっていい意味で普通の冒険物語になっている
と思った。ビルボ役のマーティン・フリーマンをどこかで見たことが
あるなーと引っ掛かっていたらドラマ「シャーロック」のワトソン役
だったのね。
[PR]
by caz0322753 | 2012-12-15 22:23 | 日記 | Trackback | Comments(0)
最終節@埼スタ
2012Jリーグディビジョン1の全日程が終了しました。
毎年思うのですが楽しい期間はあっという間に過ぎ
ます、まるで子供の頃の夏休みのように。
a0005688_199690.jpg


PSM中継がなく熊ペトロのフットボールがどれくらい
形になっているか全然分からないまま迎えた広島での
開幕戦、これは相当時間が掛かるかもと思ったら雨で
凍えそうなホーム開幕の柏戦でランコさんのゲットから
初勝利を挙げたことで今年のレッズは大きく動き出した。
台風のような暴風雨の川崎戦は9人で勝点1を死守し苦手
なaway鹿島は鋭いカウンターの餌食で沈めた。
苦労するとの予想を裏切り驚異的な速度で新しいスタイル
を吸収し望外の順位で季節は進み優勝争いに加わるため
の大一番ホーム・札幌戦でそれはこのチームではまだまだ
力不足だと教えられた。
終盤は失速してしまったけどミシャは目先の敗戦にブレる
ことなく正しい道を進んでいるとチームを鼓舞し続けた。
迎えたホーム・広島戦はこの1年でどれだけ成長できたか
を実感できる、言葉だけでなく正しい道を進んでいると
実証したゲームだった。
そして昨日、去年の天皇杯・FC東京戦を見て『うちの選手っ
て下手なの?』と思ったことを無暗やたらとボールに喰いつい
てくる名古屋を嘲笑うかのようにパスを廻す光景を見ながら思
い出していた。

去年の最終節はチームを救ってくれた堀さんに感謝しながら
クソのような言い訳を並べる橋本社長がブーイングに圧倒
される様子をぼーっと脱力しながら眺めていた。残留した
ものの未来は真っ暗闇、このクラブはなにも学ばない、来年
も同じような光景を眺めるんだろうなと。
a0005688_1992920.jpg

2013年、浦和REDS 再びアジアのステージへ。
[PR]
by caz0322753 | 2012-12-02 19:15 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)