<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
シティカップ、東アジア選手権
さいたまシティカップ アーセナルFC戦

アーセナルは何名かレギュラーメンバーがツアー不参加だったけど
観光気分全開という感じでもなくさっさと2点くらい取ってあとは流れ
で…のダレた展開なのに失点を重ねるような脱力ゲームになならなかった
のでそこそこ楽しめた。
08、09シーズン辺りはアーセナルのショートパスをこれでもかと廻して
崩し切ってフィニッシュ…出来ずカウンターで失点する様子をニヤニヤしながら
見ていたけど最近はあまり興味を引かないチームになっちゃったな。
試合前は出場する気さえみせなかったヤマが攻守で見せ場を作ったのは
さすがというか、この人のポテンシャル、限界は底が見えないw



東アジア選手権初優勝
多くの代表ファンにはないことになっていそうなJリーグを代表した
メンバーで優勝出来たことがなにより嬉しかった東亜選手権。
ACLでのJリーグ勢の不振などから色々揶揄されているけど純国内組
で優勝したことでJリーグの実力を示せたのでは?

始まってみるとメンバーが新鮮で楽しかった。
急造チームがTMすらなしでいきなり挑んだ中国戦、驚愕のメンバー
全取っかえのオージー戦、そして引き分けなら優勝の韓国戦で初戦
そのままのスタメンを使ったことからもザッケローニは結果よりも
プレー機会を与えることを重視していたように思えた。

で、韓国戦はとても厳しい展開で見ていて息がつまりそうになって
しまった。立ち上がりから前への圧力をかけ続けサイドから放り込む
韓国に対しピッチ状態も考えたのか無理にビルドアップせずひたすら
弾き返すだけ。特に元気、槙野の左サイドは穴と思われたようで執拗
に左サイドを使われた。あれだけ自陣で守備に追われている元気はなか
なか見る機会がないし起用されたのと真逆のタスクばかりで厳しいな
と思いながら見ていたのだけどサボらずほとんどの時間を守備に追われ
ながら最後の最後で駒野のパスを受けるとドリブルで左サイドを切り裂
きそのまま切り返さず左足でシュート!…をGKが弾いたこぼれ球をファー
で詰めていた柿谷が落ち着いて押し込み追いすがる韓国に止めを刺すゲット。
今季の元気は何度も終了間際に驚異的なドリブルやシュートでチームを救っ
てきたけど代表でもどうしてこの時間帯に!?と驚かせるプレーを見せて
くれた。
[PR]
by caz0322753 | 2013-07-29 21:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)
ヨロヨロと進撃中
「艦隊これくしょん」その後

沖ノ島海域(通称2-4)攻略
a0005688_19111812.jpg

このMAPが辛いのはルートの分岐点が多くて羅針盤が艦隊の針路を
ボス艦隊に導いてくれないこと。
嫌がらせか!?と思うほどボス艦隊への確定ルートは初見で試しに
進撃した一度だけという運のなさ…w
艦隊の消耗と道中の敵艦隊が強いので出撃する度に相当な量の資材
を消費し続け被弾の修理でも大量の資材、時間を消費し続ける消耗戦、
第2、第3艦隊を遠征でフル稼働させるブラック企業並みの酷使で資材
を確保しチマチマとレベル上げしながらのんびりとやっていたのでクリア
まで3週間近くかかったかな。攻略のための出撃回数は資材消費が激しく
てあまり出来ないので20回程度だと思う。

クリアした艦隊構成は
空母 加賀(改)LV.32
戦艦 比叡(改)LV.38
戦艦 霧島(改)LV.35 
航戦 山城(改)LV.34
航戦 伊勢(改)LV.32
空母 赤城さん(改)LV.33

旗艦を「加賀」にするか「翔鶴改」にするか最後まで迷った。
翔鶴は「艦これ」を始めた頃、初めて建造で引き当てた正規空母で
ずっと旗艦にしていたので思い入れが強いのだけど艦載機は加賀の
方が多く載せられる。
で、最終的に選んだのが先制打撃重視の作戦上「加賀」だった。
…箱入り娘の瑞鶴は当然母港でお留守番ですよ、ええ。


結局平均LV.34までレベルが上がっていたのは↑のように長期間
2-4で彷徨っていたこともあるw
攻略は道中の敵艦隊とは陣形を単横で被ダメージを出来るだけ少な
くし夜戦は回避して凌ぎボス戦前で本艦隊の損害は霧島の小破のみ
だった。ボス艦隊だけは単縦に、砲撃戦で霧島が大破、赤城さんが
中破したものの夜戦に突入する前に敵艦隊が撃沈3、大破1中破1に
なったので判定で勝てるだろと判断し夜戦はせずA判定で勝利。
a0005688_1912103.jpg

ボス戦のドロップはなんと戦艦「陸奥」だった。
[PR]
by caz0322753 | 2013-07-25 22:08 | 日記 | Trackback | Comments(0)
機動部隊編成など
「艦これ」は相変わらずチマチマと。
鎮守府近海から南西諸島防衛戦をクリアしMAP2に進んだので
建造後温存していた戦艦を逐次投入開始。火力にモノを言わせ
カムラン半島、バシー島沖、東部オリョール海を次々と鬼神w
のように進撃。
旗艦・空母翔鶴に開発で出来た紫電改弐、流星、彗星などなど
強力な艦載機を投入、MAPでドロップした空母赤城と戦艦比叡、
霧島、航空戦艦伊勢を主力艦にしていよいよ中盤のヤマ(らしい)
2-4沖ノ島海域へやってきたのだけど2コマ目でうちの最強艦隊が
壊滅寸前の打撃を受け戦慄なうw
クリアするには決定的にレベルが足りないようだ。

a0005688_15221910.jpg

a0005688_15224139.jpg

五航戦の正規空母翔鶴、瑞鶴が揃いました 
どちらもレシピは400/300/500/700で出現
(両艦合わせて試行5回)
[PR]
by caz0322753 | 2013-07-13 15:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)
FC東京戦@埼スタ
Jリーグは梅雨明けが2週間以上早まり予定外な真夏の球蹴り週間に突入。

暑すぎでしょ…身体だけでなくアタマも暑さで鈍くなっているような
全てにキレが全くないレッズを見たのは今年初めてだ。
入りから重そうだなぁと思うと同時にちょっとしたズレが修正されず
それが気持ち悪かったFC東京戦。

立ち上がりからプレスを強めてくるFC東京に対し後手後手の展開を
許しビルドアップが出来ず弾き返すだけの守備がさらに相手の二次攻撃
を許すことに。相手は無理せずパスを廻し逆にレッズがボールを奪った
あとの縦パスを狙い深い位置で嵌めようとするのは大阪、甲府と似たよう
な対策だったね。
後半立て直せるかと思ったのにミスの連鎖は収まらず槙野が高い位置で
ロストして最後はハセガワアーリアジャスールに切替されての無様な
追加点を献上…

でも結果論ではなくなぜかこれで勝負は決まったとは思わなかったんだよね、
FC東京はどこかで足が止まるだろう、そこで1点返せればと。
ピッチ上のレッズも心を折ることなくそして焦ることもなく自分たちの
フットボールを続けていたし啓太の負傷交代でCMFにポジションを下げた
柏木が両サイドに展開し両ワイドとトリデンテがドン引き最終ラインを
引き剥がそうとはしていた。(実効的ではなかったけど)
で、80分を過ぎてから興梠がDFを背負ってからーの反転して振り切り
起死回生のゲット。
そして圧巻だったのは元気で立ちふさがる瓦斯の壁を右で撃つとひけらかし
ながらマークしていた高橋君を切替しですっ転がして左足を振りぬき権田の
ニアをぶち抜く同点のゲット!

この時期の”球蹴り”に内容を求めるのは酷ではあるけどこの状態でまた
土曜日はaway川崎戦があるわけで、Jリーグが組んだこのクソのような
日程でクオリティどころか結果を求めることに申し訳なさすら感じます。
トレーニングではどうにも出来ない日本の高温多湿な真夏にリーグ戦を
続けることは2ステージ制より遥かに僕にはあり得ないことで早急に改善
をしてほしい改革なのですが。
[PR]
by caz0322753 | 2013-07-11 23:06 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
「Jリーグ百年構想」(失笑
結局7月9日が明日になってしまったわけですがここまでJリーグから
公式に来季以降のJ1リーグ開催方式についてファン、サポーター向け
の経緯説明は一切なく唐突な一部メディアからの2ステージ制移行は
決定事項のように読める記事が出ただけ。
6日の試合後国立霞ヶ丘の浦和側サイドスタンドに掲げられた無数の
意思表示のこともごく一部のメディア以外は一切取り上げず。
よく解ったことは公益社団法人日本プロサッカーリーグは加盟クラブ
の経営状態は考慮しても加盟クラブのファン、サポーターの考えに
耳を傾ける気さえないと。「おまえらは黙って決まったリーグ規定を
受け入れてJリーグに金だけ落とせばばいいんだよ」と。

2ステージ制が加盟クラブへの分配金増加などではなくJリーグを立ち
上げた本来の目的である「日本のフットボールの強化」に役立つと考え
ているなら正々堂々とその理由を俺らに話してくださいよ。
[PR]
by caz0322753 | 2013-07-08 09:04 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
away甲府戦@国立霞ヶ丘
心理戦
予想通り甲府は十分に対浦和攻略法を練習してきたようで焦った
ら負けだなと思わせる展開が90分近く続いた。
日曜日の大阪と違ったのは引いて嵌め込んだ後、大阪は鋭いカウンター
を仕掛けてきたけど甲府はほとんど速攻をしてこなかったことかな、
たまーに意を決したように柏がドリブルで仕掛けてきた(それが決定機
になりかけた)けど可能な限りリスクを回避したやり方を最後まで変え
なかった。

レッズはそんな甲府のプランに嵌りそうでよく耐えたね、梅崎のクロス
にファーで飛び込んできたのが那須だと分ったときは驚愕した、あの時間
帯にリベロがどうしてそこにいるのよ?wと。興梠が土屋を引っ張っていた
隙を衝いて確実に仕留めた那須さんカッコ良すぎ。
今後も引いてスペースを消すやり方をしてくる相手は増えると予想出来る
のでいかに相手の想定外のプレーを出せるかが重要になるだろうね。
[PR]
by caz0322753 | 2013-07-07 10:06 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
近頃は
一部で話題になっているブラウザゲーム「艦隊これくしょん」
旧帝国海軍の軍艦を使い敵艦隊と対戦するカードゲームで対戦
形式ではないので一人でチマチマ遊べる。
なにより無課金で気軽に遊べるのがイイ。

僕はミリヲタのフォロワーさん経由で存在を知ったわけですがめんどくさ
そうなので登録からずっと放置してたのをやり始めたばかりなのでまだ
全然進んでいない。
ゲームの進め方は艦隊を編成し敵艦隊に勝利することで所有している艦
のレベル上げをしつつドロップで新しい艦を入手したりゲーム中に入手
する資源を元手に艦を建造したり兵器を開発していく感じ。






a0005688_22152733.jpg

はい、どこから見ても旧帝国海軍の空母・翔鶴ですね??
[PR]
by caz0322753 | 2013-07-03 22:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)