<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
away横浜戦
優勝を目指していた我が浦和レッズはそのライバルとの直接対決
でなにもさせてもらえず0-3で完敗しました。

これ以上書くことがないのでここで「艦これ」夏の限定イベント
の様子を振り返ってみましょう。


E2までは楽勝だったけどそのE2のボスゲージ破壊で伊58がドロップ
せず結局最後まで伊58(ゴーヤ)を入手できなかったのが心残り。
E3は何度か出撃したものの平均レベル50に満たないうちの艦隊では
ちょっと力不足だったかな…ボス戦前に一撃大破で撤退が多かった。
イベント海域で入手可だった「大和」「三隈」どころかゴーヤも
掘れなかったけど軽巡「球磨」軽空母「瑞鳳」がドロップした
から今回はそれで満足するクマー(違う
a0005688_2222521.jpg

a0005688_223886.jpg

[PR]
by caz0322753 | 2013-08-29 00:03 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
エコモード@away清水戦
完勝だったんじゃないの?
先制、追加点で完全にペースを握り最後まで相手になにもさせ
なかった。
今日のウガは足になにか特別なスキルが装備されていた?吸い付く
ようなトラップとボールコントロールで2得点を演出。
1点目はそのウガ、興梠、ウガ、柏木と見事なコンビネーションから
の美しい得点。今日は両ワイドがフリーでロングフィードが面白い
ように通っていたしDFラインをスライドすらさせずでゴトビが一切
浦和対策をしてこなかったのはなぜなんだろう?
後半は立ち上がりの清水がプッシュしてきた時間帯をいなしてから
は終始面白いようにパスが回り相手を走らせ続けカウンター狙いに
終始。スカパーの解説はもっと最終ラインにプレッシャーを掛けろ
と話していたけどレッズのパス回しは受け手のポジショニングが
良くてボールの取りどころが絞れず清水は無駄に走らされていたん
ですよ、あれは。


スカパーのアンテナが壊れてしまったため初めてオンデマンドの
ライブ中継で観戦したんだけどこれ便利だね。
[PR]
by caz0322753 | 2013-08-25 00:31 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
大分戦@埼スタ


連続3失点はどれも目も当てられないものだったけど
時は逆回転出来ない。ならば前に進むしかない。

今夜の埼スタはそんなスタンドの気持ちが後押しした結果だと思う。
勿論内容は悪かった。
守備のエアポケットのような空間を作ってしまう欠陥は修正する必要
がある。しかしそれをしたり顔で指摘するより相当な実力差がないと
難しい、まして同じカテゴリの相手にこの夏場の体力的に厳しい時期
に0-3という絶望的な差でも心折れずに逆転勝ちした選手たちを讃え
たいです。
[PR]
by caz0322753 | 2013-08-17 23:42 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
所沢へ零戦を見に行ってきた
所沢にある所沢航空発祥記念館で現存する零式艦上戦闘機で唯一
完全な状態で保存されている零戦五二型の特別展示が開催中な
ので見に行ってきた。

この零戦はサイパンで鹵獲され米軍が本国へ送りその後アメリカ
国内の博物館で保存されている機体。なにが凄いってエンジンも
オリジナルの栄二一型で今も飛行できるコンディションが保た
れているそうだ。
丁重に保存してくれたアメリカの人たちに感謝だなぁ。

a0005688_1525714.jpg

しかしエントランスの脇に「零戦来日!」の文字が…来日てw
せめて里帰りにしてほしかった(´・_・`)

a0005688_1532629.jpg

a0005688_1535314.jpg

a0005688_1542026.jpg


実物は意外と大きかった、もっとコンパクトだと思っていたけど
コックピットから機首までの長さそして大きく翼端が楕円形にカット
された主翼が印象的。
a0005688_1552045.jpg

主翼付け根と胴体部分の造形は空力を意識した繊細で柔らかいライン
a0005688_1553433.jpg

a0005688_157986.jpg

a0005688_1572226.jpg

戦闘機は機能を突き詰めた結果どうしてこんな美しい姿になるのだろう…
[PR]
by caz0322753 | 2013-08-15 21:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)
Jリーグをプレミアに?

2ステージ制の来年からの導入は諦めたようだが次に打ち出して
きた提案は10クラブ程度でプレミアリーグを作ることらしい。

どうやってプレミアリーグ加入クラブを選定するのかまでは
示されてないけど、リーグ全体の価値を高めるのは諦め、なに
かしら価値を見いだせる10クラブで上位リーグを作れば収入が
増える!(かもしれない)程度の底の浅い思いつきだろうよ。
イングランド・プレミアリーグがリーグの価値を高めた理由は
そもそも複数のクラブがフーリガン問題、スタジアムでの事故など
で荒廃したリーグを脱退し新リーグ構想をぶち上げたことが発端。
そして重要だったのは独占放送を条件に巨額の放映権を提示した
テレビ局の存在だ。各クラブは巨額な分配金を資金に大物を獲得し
スタジアムの近代化、フーリガンの排除で環境を整えそれが新たな
観客、大物のプレミアリーグクラブへの加入を促進し更に外国資本
がクラブ経営に参入し巨額の資金で有名選手を集める相乗効果で
リーグ、クラブの価値が文字通り「プレミア」化し世界中に放映権
が売れ更に収入が増加し現在に至ると。

Jリーグが考えているプレミア化はイングランドのそれとは違い
10クラブ限定で価値観を高め収入増を狙う考えのようなのでその
場合残された8クラブは切り捨てるのだろうか?
[PR]
by caz0322753 | 2013-08-08 22:15 | フットボール | Trackback | Comments(0)
シーズンダブル達成の広島戦@埼スタ
バルス!(流行に弱いのです

ミシャもレッズのみなさんも内容の低調さを自覚していた磐田戦を
奇跡的な逆転勝利で切り抜け中2日で迎えた広島戦。
普段は自分たちの攻撃的なスタイルを貫くミシャがそれをかなぐり
捨ててでも広島には勝ちたいと思う気持ちが表れた試合はレッズの
完勝で対広島シーズンダブルを達成!

この試合はレッズが先制出来たことがすべてと言っていいくらい
興梠の高等技術すぎるバックヘッドが明暗を分けた。
最近はずっと先制される展開ばかりでただでさえ消耗が激しいスタイル
なのに自分たちのペースで試合が出来ないことで更に疲労が増える悪循環
も低調な試合が続いた原因かも。磐田戦は失点を恐れるあまり消極的な試合
運びになりさらに悪い状況に自ら陥ってしまった。そんな負け試合をあっと
驚く逆転勝ちで拾ったことが本当に大きかったなぁ。
で、広島戦に戻るw久しぶりの先制点でやっと自分たちのペースで試合を
進めることが出来た余裕か後ろで軽くボールと戯れ広島の喰い付きを誘う
啓太のプレーに沸く埼スタ、前の3枚にマンマークを付けパスの出しどころ
を消す、焦れて縦に入れたらすかさずカットしてカウンターといつも見慣れ
た相手の浦和対策を広島に置き換えて実行するシークエンスが見事に嵌った。

2点目の流れは順大のフィードから興梠、元気、柏木、興梠、元気と
トリデンテが連動してイメージ通りの崩しから元気がこぼれ球を押し込んで。
いやー興梠が決めていたら本当に美しい展開からのゴールだったのにぃw

啓太の復帰はちょっと緊急出動っぽいあやうさがあったけど改めてこの
チームに於ける啓太の存在の大きさを思い知ったね。
那須も悪いわけではないけどボールの裁き方、受ける位置取りの気の使い
方などこのスタイルでCMFに要求されるタスクの困難さを思うとある意味
一番替えが効かないのは啓太とアベユキなんだよな…
[PR]
by caz0322753 | 2013-08-04 19:41 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)