<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
away鹿島戦
このドローがどんな意味を持つか、持たせるかは残された4試合次第。


ミシャが思い切ってスタメン3名を替えて挑んだaway鹿島戦は結果として
鹿島を優勝争いから蹴落としたことに。
開始早々に得たPKを失敗しミドル一発で先制される厳しい展開だったけど
後半も焦らずボールを回したことでちょっとした綻びを見つけ出し阿部勇樹
が柏木の落としを受けて放ったシュートのこぼれ球をただなりが押し込み
起死回生の同点ゴール。
中断明けは明らかにチーム状態は下降気味だけど去年と違うのは先制されて
も比較的落ち着いてチャンスを待つ意識が共有されていることかな。


マルシオのPK失敗は確かにその後のゲームプランを大きく左右したけど
自らボールを預けた興梠さんの思いやりを知るといいチームになっている
んだなと思うよ。
と、メモ帳に打っていたのがここまで。

昨日の試合、後半途中で負傷退場した興梠慎三が右足腓骨骨折と診断された。
得点源以上にチーム戦術の軸として欠かせない存在だった興梠さんの離脱は
勢いを失った今のレッズにとってあまりにも大きな試練になってしまった。
だがしかし、ちょっと冷静になって考えると、もし興梠さん不在でこのまま
再浮上することなく沈むのなら所詮そこまでのチームだっただけの話。
[PR]
by caz0322753 | 2014-10-27 20:18 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
甲府戦@埼スタ
浦和レッズ公式戦1000試合目は予想通りの展開、想定内の結果に。

後半AT、クリスティアーノが那須を振り切りペナに侵入した瞬間は
目の前が真っ暗になりました。一瞬の諦めそして安堵…

甲府は5-3-2でtopに人数を増やす一方最終ラインは5枚で隙のない
壁を構築、それに対してレッズは執拗に横にボールを動かして壁の
破綻を狙う作戦。慎重にボールを動かし過ぎ相手の守備の破綻どころ
か準備時間を与えていては流れの中からゴールは奪えないだろうなぁ。

後半は試合に入れなかったウメを関口に替えて左サイドが活性化
したことで徐々に甲府のタイトな守備を緩ませたけど何度か訪れた
決定機を決めきれず。
それと気になったのは中盤が薄くなるシステムなのに後ろが簡単に
蹴りだしてしまいその薄い中盤でセカンドを拾われパスを回されて
ペースを奪いきれなかったこと。相手が2topで前から追われること
を避けるためセーフティーにやったのだと思うけどこういう点も
仙台戦の安い失点のダメージだったのかな。

関口のなにかを振り切ったような個の力での突破が意外と甲府を
慌てさせたように見えた。ああいう相手には慎重にボールを回す
だけでなくときには勇気を出し1対1で仕掛けることも必要だった
のかも。

G大阪の連勝が止まりドローなのに勝ち点差は5に開いた。
最後の5試合からが本当の優勝争いだと思う。去年は追う立場
で負けられない試合で前掛かりになりすぎて続き自滅してしまった。
今年はどうだろ?あと5試合、失敗から学ぶことが出来るだろうか?
[PR]
by caz0322753 | 2014-10-23 21:42 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
懐かしい感覚
そろそろ本当の意味での優勝争いが始まりそう。
何年振りだろ?この感覚。

信じられないような集中を欠いた2失点のフワフワした守備対応、
そして後半の西川くんのミス。
どれも口は違うと言ってもカラダは正直だぜ?(どんな表現だw)

『残り全勝するつもりで』とか力んじゃって次の甲府は”最後の国立”
で塩辛く嵌められた相手なわけで、あまり意識しすぎて”自分たちのサッカー”
とやらが出来なくなることが一番の敵。
今季ここまで積み重ねてきたミシャのスタイルをいつものように続けられ
るかどうか真価が問われる残り6試合になる。

勝ち点計算や後ろは振り返らず前だけ見ていればいい。
圧倒的に強かったような印象がある06年だって最終節までもつれたのだ
から特に強さを感じない今年のチームがそう簡単に行くわけないよ。
[PR]
by caz0322753 | 2014-10-19 19:31 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
PS3壊れる
6年半前に買った40GBモデルがついに故障した。

うちのPS3は全然元気だよーとつい先日呟いたばかりだったのに
3連休中日の夕方それは突然に。
久しぶりにグランツーリスモ6で遊ぶかと起動すると長い長い
アップデートが始まりインストールを終えゲームを始めたところ
でなんの予兆もなく画面がブラックアウト。
これまでに何度かフリーズしたことはあったけど電源が落ちた
のは初めてなのでこれは来る時がきたなと。
所謂yellow light of death DEATH!(違うw 
…電源を入れても一瞬青ランプが点灯した後黄色が点灯し電源が
落ちてしまう初期型PS3で頻発する故障らしい。

一応気が向いたとき外付けHDDにバックアップはしていたのだけど、
問題は一番大切なデモンズソウル、ダークソウル、ダークソウル2
のセーブデータはHDDにバックアップ出来ないこと。僕はオンライン
ストレージのPS+を利用していないのでデータを救う唯一の方法は
故障したPS3を再起動させ新しいPS3にデータを丸ごと転送する方法
だけ。
(ソニーで基盤交換すると新しいPS3と認識されゲームデータの
移送は出来ない)

そこでネットで目にするYLODからPS3を再起動させる荒業を試して
みた。
用意したものはドライヤーそしてガムテープ。
YLODの原因は長期間の使用で基盤のハンダに亀裂が生じ接触不良
になること。その亀裂にドライヤーの熱で熱膨張を起こさせ一時
的に通電させようというかなり乱暴な救済措置だ。
最初はネットで見つけたやり方を真似て本体後部にまんべんなく
15分ほどドライヤーを当て冷めるまで放置したけど起動できず。
2度目は時間を20分に増やしたけどダメ、3度目はドライヤーを当て
る中央以外をガムテで塞ぎ本体前方の網目部分も全部塞ぎ熱が逃
げないように温め1時間ほど放置したところ数分間起動した。
『もしかして効果ある?』と4度目を試したら再起動成功!

あとは起動したPS3の機器認証を解除し新しいPS3へデータ転送が
終わるまで電源が落ちないことを祈るだけ。
a0005688_046125.jpg


無事転送出来ました。
a0005688_0464596.jpg

データ移送はHDD換装で経験済みだけど今回は5時間近くかかった。



※追記
ここに書いてある修復法はPS3に高温を送風し続けるためPS3やドライヤー
の破損や出火の危険があります。実行する場合は自己責任で。
[PR]
by caz0322753 | 2014-10-14 00:48 | 日記 | Trackback | Comments(0)
キックアンドラッシュな徳島戦
埼玉スタジアム2○○2 
14:04発走 
不良

練習の時からピッチに水が浮きボールが止まってしまうほどの悪条件。
水が浮いて見えない場所も人が動くとジャバジャバと水が飛ぶ状態…
そんな状態なのでキックオフから大きく前線に蹴りこむことでこの試合
の割り切った戦い方が示されていた。
ミシャらしい戦い方を無効化された埼スタで打開策はセットプレーだった
のだけど再三のCKを決められず、ボールがどう止まるか予測出来ないので
何が起きても不思議じゃない状況で右サイドを破られ先制された流れは
一昨年の札幌戦を思い出す最悪の展開だった。
成長を感じたのは徳島に先制された後も動揺することなく同じように割り
切ったプレーを持続できたこと。柏木のFKで追いつき後半柏木のFKから
この不良馬場で活き活きして見えたwただなりがすらし最後は那須が浮き
球をしっかりとミートして逆転のゲット。



それにしても埼スタのピッチはこんなに水捌けが悪かっただろうか?
一部に水が浮いたことはあったけどいくら朝から大雨だったとはいえ
ここまで酷い埼スタは記憶にないな。
[PR]
by caz0322753 | 2014-10-05 23:23 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
こんな時代
紅月-akatsuki(off vocal ver.)/BABYMETAL



「紅月」は内外のフェスでは披露されたことがない単独ライブでしか
セットリストに載らない正統派スピードメタルチューンでSU-METALの
歌の凄さを見せつけられる曲だが『ガキのおふざけだろw』と思っている
人たちの目に触れることは永遠にないだろう。
[PR]
by caz0322753 | 2014-10-04 20:08 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)