<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
甲府戦@埼スタ
息が詰まりそうな蒸し暑さで浦和美園から埼スタまで約1.5kmを歩いた
だけで一仕事終えたような気分にw

勝てなくなっちゃったね。
上手く回っていたときはそれが決まるかと思うミドルで勝てたりして
勢いがついたけど2ndはいい形の攻撃が出来ている、あとは決めるだけ
なのに決めきれず逆転負け、追いつかれ勝ち点を逃し続けている。

この試合も完璧に崩したシュートが阻まれてからのカウンターで対応した
岡本さんが競り合いで右肩を脱臼しそこから追いつかれてしまうなんとも
言えない後味の悪さ。岡本さん良かったのにね…
アディショナルタイムの甲府の決定機は西川くんのおかげで勝ち点1を拾え
たと思わなければならないほどのビッグプレー。今季のレッズは最後まで
焦れないチームになったはずなのにリスクマネジメントを忘れ最前線のサイド
に張っている#5を見てこれはヤバいと思ったらその通りに。
今季やっていることを信じているのならどこかで割り切って勝ち点1を積む
試合でいいと考えるのも年間1位を獲るためには必要では?

東アジアカップでインターバルが入るので一度頭を冷やして全員初心を思い
返したほうがいいね。(と、思ったら5人も中国送りだったw)

※昨夜は柏木を下げて武藤を1列下げたことに納得いかなかったのだけど
内転筋を痛めていたためと判明。一度歯車が狂うとこうもガタガタになるのね…
[PR]
by caz0322753 | 2015-07-30 09:22 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
そんな時代9
メギツネ/BABYMETAL

1年ちょっと前、意を決してこのブログで紹介した動画はもう削除されて
いることに気がついた。


「メギツネ」はBABYMETALのメジャー2枚目のシングル。
リリースは2013年6月19日。そしてこれが今日現在の最新シングルだ。
すぅさんはこの曲を貰ってから自分のモノにするまで半年掛かったと話し
ているようにBABYMETALの楽曲は作られてから世に出るまで練り直され
歌いこまれているからあれほどの完成度になるんだろうなぁ。

当時のニュース記事を検索するとBABYMETALもアイドルちゃんらしい新曲
キャンペーンをしていた様子が分かる。
ベビメタ、いなりんと嶺脇社長と新曲ヒットをお祈りDEATH(ナタリー)

”ベイビーメタル”という名前を知ったのはこの新曲発売当時ネットで目にした
「アイドルとメタルの融合」という文字列が切っ掛け。
リンクされていた「メギツネ」のMVを『なんだこれ?どこがメタル?ひでぇな
(失笑』とすぐに見るのをやめたことは今でも覚えている。

しばらく経ちたまたまyoutubeの関連動画に出てきた「BABYMETAL」に気づき
動画を見て衝撃を受けたのがブログに貼った13年のライブ(イナズマロック
フェス)だった。
[PR]
by caz0322753 | 2015-07-27 21:25 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)
away名古屋戦
5年後の東京オリンピックは7月24日開幕だそうで…
この身の危険すら感じる東京の蒸し暑さのほうがスタジアム問題より深刻
なんじゃないだろか。

今季初の連敗。
広島、名古屋といい攻撃が出来ているなーと見ているとあっさりと失点して
逆転負けが続いているのが気になる。
で、away名古屋戦。
立ち上がりから名古屋の守備はその場にいるだけなので思った通りのパス回し
が出来ていてこれは早い時間帯で勝負は決められるなーと余裕ぶっこいて見て
いたら柏木が思い切りのいい攻撃参加でペナに飛び込んでからの先制。ほぅら
思ったとおり!とニヤニヤしていたらニヤニヤしたままカウンターからちょっと間の抜
けた失点で追いつかれたよ…まぁまぁでも今日の名古屋のザルっぷりなら全然
ダイジョウブとそっくり返って眺めていたら森脇が永井を止めきれずファウル。
主審(よく知らない奴)はいきなり赤いカードを示し数的不利に。
試合を通じ一人少ないことを感じさせない攻撃的布陣で主導権は渡さずに凌いで
いたんだけどなぁ。広島戦と同じように守備があっさりしすぎ。ズルズルと引い
て矢野に十分な余裕を与え目の覚めるようなゲットで逆転を許す。

2敗とも暑さやコンディションがどうのではなく前半戦ではあまりなかった軽い
守備というかボールへの執着心が感じられず、連敗したことよりそのことのほう
が少し気になる。山形戦も相手の決定力があったら負けておかしくなかったし。
連敗しているけど内容はいい…ってあまり思い上がった考えを持ち失点シーンを
軽く考えているようだと次も繰り返してしまうだろうな。
[PR]
by caz0322753 | 2015-07-26 17:23 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
そんな時代8

スリル/BAND-MAID


ガールズバンドの動画を色々見ているんだけどこのジャンルも何でも
ありなアイドルちゃんに近いアプローチが流行っているのかな。
そんな中でイントロからガツンと引っ掛かったのがBAND-MAIDという
メイドコスプレをしたお嬢さん方のこの曲。骨太なギターサウンドが
ヘヴィでいい感じ。
[PR]
by caz0322753 | 2015-07-16 23:22 | おんがく | Trackback | Comments(0)
無題
米国、日本にオスプレイ5機を410億円で売却へ(ロイター)

報道メディアは安全保障法案でそれどころではないようですが、去年米
海兵隊普天間基地に配備が決まったときはNHKや朝日新聞が執拗に墜落
事故が相次ぐ危険な輸送機だと報道していたV-22オスプレイの購入が正式
に決まりました。
米軍基地への配備であれほどネガキャンをしたのだから自衛隊が導入する
ことにも猛烈な反発があるのかと思っていたらまったくないのはなぜです
かね?w

そんな日本国はどうやらクーデターにより「戦争をする国」になった
そうで国会前や日比谷公園には連日2万人(主催者発表)を越す「戦争法」
という謎の法案成立に反対する暇…いや意識の高い誇大妄想…いや、平和
主義者が独裁者アベにより迫りくる戦争を恐れ集結しているそうだ。

一方国会内では民主党のせんせい方が自分たちが提出した対案の審議を
拒否するという斜め上の行動をとり採決を放り出し「アベ政治を許さない」
などと書かれたプラカードを手にカメラに向かってアピールをする始末。
おまえらは国会内に侵入したデモ隊の一味なんですか?
で、採決が終わると手にしていたプラカードを床に投げ捨てさっさと
いなくなりました。お昼はクーデターにカツカレーかな?
[PR]
by caz0322753 | 2015-07-16 00:13 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
away山形戦
松本、山形とawayでの連戦は勝ち点4をゲットする悪くない結果。


山形のプランに嵌められ狙い通りのカウンターから2、3度決定的なシーン
は相手のシュートスキルの無さで救われた。
一方浦和レッズさんは立ち上がりこそ押し込んでいたけど後半は山形の
タイトなブロックに加えてミスが重なり中盤まで運んではロストして
追いかける展開で走らされて早い時間帯で足が止まってしまった。
前線を活性化させる措置ではブロックを作っている相手に高木俊幸で
仕掛けてブロックを破綻させる意図だったのだろうけど繋ぎのミスで
パスすら来ず、ズラタンも中盤からパスが来ないので殆ど目立つプレー
はなし。この試合のミシャは用兵で沈滞感を打開する手を打てなかったね。

この試合は負けずによかったと思わざるを得ない内容だったけどそれより
次節は那須を欠いて挑まねばならないことを思うと山形がレッズに与えた
ダメージは勝ち点-2以上の重さがあったと思う。

山形は意思統一が出来ているコレクティブないいチームだな、
ギシは勝てる試合を落としたと悔しがっているかも。
[PR]
by caz0322753 | 2015-07-15 22:48 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
away松本山雅戦
うんざりした。


前半は前線にマンマークを付けた反町をあざ笑うかのようにダイレクトプレー
でマークを剥がし空いたスペースを使いサイドを自由に使わせてもらえた。
あれほど何度も森脇が深く抉れることも珍しい。
先制のカタチも相手がマンマークで引っ張られ空いたスペースに阿部勇樹が
持ち上がりサイドに展開しこれまたフリーだった森脇のクロスから浦和に寿司
をもたらす先制のゲット。
松本はスタメンにオビナがいないので前半は前から追って凌ぎ後半終盤に得意
なロングボール攻勢でというプランだと思ったらその通りだったね。
そんなプランが早々に崩壊すると前半はリードされていようが追うのは止めて
自陣から出てこない…かなり割り切った戦い方をするチームだな。

後半ゲームの流れが変わったのは柏木がペナに飛び込み粘った折り返しから
興梠さんが切り替えしで相手DFをすっ転ばしコースを作り追加点を決めてから。
たまにテレビで見ると松本の戦術は終盤相手の足が止まってきた時間帯に放り
込みで押し込み自陣に張り付かせ苦し紛れのクリアをさせてロングスローや
セットプレーを狙うカタチが多い。ニアに人数を掛けファーにこぼれることを
願うだけの単純なパワープレーなんだけどこれが結構嵌るから怖いんだよね。

ターゲットのオビナめがけて蹴り込む形は埼スタでは無効化出来たのだけど
夏場のゲームの終盤は流石に厳しかったのか下げさせられたラインを上げる
ことが出来ず弾き返すのが精一杯。バックラインから繋いでいなせなかった
のは劣悪なピッチ状態ではハイリスクだったからだろうな。



リスペクトとは相手に強要することで得られるものではない。
[PR]
by caz0322753 | 2015-07-12 10:29 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)