<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
チャンピオンシップ準決勝 G大阪戦


今でも受け入れがたいレギュレーションで開催されたチャンピオンシップ
準決勝。埼スタに向かう道でも気分は上がってこずスタジアム内も04年のCS
のような「決戦」をひしひしと感じることはなく淡々とした空気でキックオフ
を迎えた。
先制され追いつき最後あと一歩までの展開なら埼スタは異様な雰囲気になって
いたはずなのに最後までレッズを勝たせようとする塊のような一体感もなく…
この試合での気持ちの持っていきようの難しさがあったんじゃないかな。

120分で1-3という結果は試合内容を思うと大阪はプラン通りしてやった
と思っているだろうな。
長谷川健太が監督になり大阪はリアリズムに徹ししぶとく強いフットボール
をするチームになったと思う。


そんなしぶとくセンターが固い相手に対し無理に楔を入れカウンターを狙わ
れるより後方から早めにサイドに展開し、ただなりの特性を活かそうという
意図が見えた。
前半は緊張感溢れる試合だったのに後半早々にDFの緩いパス交換を狙われて
失点。このスタイルで4年もやっているのに同じようなミスを2試合続けて
犯していては…
ズラタンがヘッドで押し込み追いついてから決定機を何度も東口の好セーブ
に阻まれて勝ちきれなかった。いい形は何度も作れたしここで負けてしまう
内容ではなかったと思う。
ただ先制されたこと、90分で勝負を決めきれなかったことで延長では
力尽きた。

一発勝負は結果が全て、ここ一番で勝負強くなるためにどうしたらいいのか?
僕には正直これ以上何をチームに加えたら勝負強さが付くのか
分からない。(だって今シーズン72点も積んだチームだもの、数字上は糾弾
する理由がない…)
それだけに事態はより深刻なのかも。
柏木陽介が「なにしに浦和に来たのか分からない」と心情を吐いていたの
が印象的な試合だった。
[PR]
by caz0322753 | 2015-11-30 14:42 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(2)
神戸戦@埼スタ
年間勝ち点1位を目指した2015シーズンは2位と言う結果で終了。
勝ち点はあのそうそうたるメンバーでリーグを獲った06シーズン
と並ぶ72点。
この数字で1位になれなかったのですから素直に広島は強かったと
敬服するしかないです。

で、最終節の神戸戦。
この組み合わせには嫌な予感しかしないけどなにかあったかな?
思い出そうとするとうーん頭が…
と思いつつ今年は遊歩道を横切る一般道が出来た以外相変わらず
変わり映えのない浦和美園駅から続く殺風景な道をてくてく歩く。

永田さん、加賀さんがDFに並ぶ天皇杯Ver.はスペクタクル溢れる
ゲーム展開を予想させる。サブにも名前がない興梠さんに代わり
ズラタンではなくただなりをトップにシャドウを武藤、高木にした
トリデンテからは行き詰った局面を打開できるズラタンは温存した
んだな?そう思っておりました。

前半13分までに重ねたゴールは3…w
レッズはあっという間に僕の予想を嘲笑うかのように異様なハイ
テンションで攻め続け52,133人の埼スタはここ最近の最終節が嘘
のようなお祭り状態。
3点あればあとはゲームを落ち着かせればいいのに1点返されると
追加点を狙いちょっと強引な縦パスからカウンターを狙われる落ち
着かない展開にしてしまったのがレッズらしいというか…
この嫌な感じはHTでも修正出来ず安易な連携ミスから永田さんが
ロストして1点差に追い上げられてしまったのだけど前半Topで効い
ていたただなりがチョンに抑えられ前線の起点が作れなくなったと
ころでミシャがズラタンを投入したことでトップに起点が戻り厚み
のある攻撃が戻ってきたのが青木、ウメの追加点に繋がったと思う。

正直、チャンピオンシップとやらはボーナスステージ(賞金的な意味で)
だと思っている。勝ち抜けばまたFIFAクラブワールドカップに出場
出来るとは言ってもこれもまた開催国枠ではちょっとね…
[PR]
by caz0322753 | 2015-11-24 22:23 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
真っ直ぐさ
My Graduation Toss/中元すず香


BABYMETALのVo.&ダンス担当SU-METALの中元すず香名義での数少ないソロ
音源。
楽曲提供はThe Brilliant Greenの二人。
元々さくら学院2012年度のシングル曲で当時唯一の最上級生だった中元すず香
をイメージして作られたとされる卒業をテーマにしたちょっとメロウな曲。
既にBABYMETALのSU-METALとして活動していたことと関係あるのかな、
かなりロックテイストの曲にすぅさんの癖のない真っ直ぐな声がよく合って
いるね。
[PR]
by caz0322753 | 2015-11-14 17:18 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)
そんな時代10
Slave to the grind/SKID ROW


91年発売のアルバムタイトル曲。
初めて聴いたときヘヴィすぎて驚いた。
怖いもの知らず、勢いのあるバンドが一気に頂点に上り詰める
姿を見せつけられた。
[PR]
by caz0322753 | 2015-11-13 22:26 | おんがく | Trackback | Comments(0)