<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
いよいよ×2
空自向けF-35A、いよいよ小牧での組み立て始まる 2017年ロールアウト
(Fly Team)
去年12月の記事ですが。

日本向けF-35Aは最初の4機までがアメリカで製造され5号機からは
三菱重工小牧工場に作られたFACOで最終組み立てをすることになる。
アメリカ本国以外で最終組み立て工場にあたるFACOがあるのは日本と
イタリアだけで、各国のF-35の重整備はこの3か所のみで行われる。
次期主力戦闘機がF-35Aに決定した当時は国内で機体の一部とエンジン
やレーダーを製造するような報道だったけど三菱重工は機体パーツ製造
を見送りIHIがエンジン、三菱電機がレーダー部品の製造を担当する。
選考過程で開発の遅れや嵩んだ開発費が指摘されていたF-35だけど
気がつけばF-35Aは既に200機近く製造され各国向け初号機がロールアウト
し始めている。日本は最後まで次期主力戦闘機をF-22Aに拘ったため
デリバリーを受ける列の最後になると危惧されていたけどもう来年には
初号機の引き渡しがあるんだねぇ(遠い目

防衛装備庁、先進技術実証機「X-2」の初飛行を2月中旬に実施 正式発表
(Fly Team)
モックアップが公開された当時「心神」と呼ばれていた先進技術実証機
ATD-Xがついに初飛行すると。
一部のメディアはまるで日本がもうすぐステルス戦闘機を作れるかの
ように伝えているけどこれはステルス性能、推力偏向パドルなどを実証
するための機種なのでこれがそのまま戦闘機製造に繋がるわけではないのよ。
a0005688_07495.jpg

a0005688_072069.jpg

推力偏向パドル


防衛省はF-3という次世代戦闘機の自主開発を目指してはいるけど現実的
に考えるとハードとソフトの難題を克服し多く見積もって2兆円とも言われ
ている開発費をかけ日本だけの調達では当然恐ろしく高額な戦闘機になる
わけで…これは国産ロケットの問題と似ているかな。
[PR]
by caz0322753 | 2016-01-30 00:13 | 日記 | Trackback | Comments(0)
最近の浦和レッズ その2
そういえばレッズって契約更新のお知らせは監督以外しないな



新加入会見と背番号そして16シーズンのキットが発表され
(前夜お漏らしがありましたが)あっという間にまた始まるのだ
なぁと。

最近の浦和レッズ
来る人
・カザフスタンのFCアスタナからDFのブランコ・イリッチ(32)
の加入が内定。
このスロベニア出身DFは足下のスキルが高いという噂。最近那須の
衰えが気になる一方永田さんはフィジカルに不安があるのでこれは
ACLの高さ対策も考えると一番欲しかった補強。

ゆく人
・直輝が湘南ベルマーレへのローン延長
直輝の置かれている状況はかなり厳しいと思う。昨シーズン湘南で戦力
として十分な役割をこなしたのかは試合数、出場時間を見ると物足りない
数字だ。
それでももう1年チャンスが与えられたのだから存在感を示して欲しいな。

・阪野が愛媛FCへ期限付き移籍
阪野はJ2下位の栃木で突出した結果を残せなかったのが現実。水戸在籍時
の高崎くらいの力を示せたら復帰の目もあるのだけど…

・岡本が湘南ベルマーレへ期限付き移籍
長崎で修業し十分実戦経験を積んで復帰し少ないながらも出場機会を得た
試合でチャンスを掴みきれなかったのが痛かった。森脇の対人守備の甘さ
を憂うと復帰してきたら今後十分取って代われると思う。

・斎藤君が水戸ホーリーホック、茂木君が愛媛FCへ期限付き移籍
山道強化本部長がレッズはセカンドチームを若手の強化目的で利用しない
方針だと表明した。
で、実戦経験を積ませるため岡山に貸し出し中の矢島は今季も引き続き岡山
でプレーすることになった。U-23代表でリオ五輪出場を目指す矢島にとって
この決断はいい選択だと思う。

今季の背番号変更で意外だったのは武藤かな。浦和レッズの9番は余計な重み
を持たせる人も多く大変なこともあるだろうけど移籍1年目でレッズの救世主
的働きで結果を残しサポからの信頼を勝ち得たこのタイミングならいい選択
なんじゃないかな。
(9はFWのズラタンがいいかなと思っていたことはヒミツだ)
柏木が本人の希望で10に。日本人の10はヤス以来なのか…
[PR]
by caz0322753 | 2016-01-14 10:00 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
そんな時代11
今日、1月8日はスティーヴ・クラーク25回目の命日。

去年の11月9日、DEF LEPPARD@日本武道館に行ってきた。
a0005688_22515082.jpg


「Hysteria」ではステージ後方のLEDビジョンに若かりし頃のレップス
そして今は亡きスティーヴ・クラークの映像がまるで走馬灯のように淡々
と流されていた。
いつまでも変わらない友情、バンドの結束。ファンの想い。
メロウなHysteriaにマッチしすぎる映像で気がつくとボロボロ泣けて仕方
なかった…

Hysteria/DEF LEPPARD

[PR]
by caz0322753 | 2016-01-08 23:03 | おんがく | Trackback | Comments(0)