<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
away柏戦
中二日で迎えたJ1開幕戦。あ、今年も2ステージ制を実施しているのね。
(詳しいレギュレーションはシラネ)

これがうわさに聞いた槙野真ん中システムか。柏木がCMFに復帰して
右CBに遠藤、左に森脇を据えてきた。
ウメは完全休養で代わりになんと高卒新人の伊藤涼太郎が。いくら
過密日程を考慮したメンバー構成だとしても新人でいきなりサブに入る
伊藤君はミシャが認める何かを持っているのだろうなぁ、楽しみだ。

トランジションの速さを意識した守備自体は去年から実践していたけど
目新しかったのは相手ボールホルダーへのアプローチや囲い込む人数が
増えていること。ただこれはフルタイム持続させられるものでもなく
60分過ぎで前から嵌められなくなり後手を踏み出し失点に繋がってしまった
のでペース配分を見誤り飛ばし過ぎていたのかなぁ。

前半に関根くんの右からのクロスを武藤が体で押し込んだボールは明らか
にゴールラインを割っていたのに認められず。
後半にウガの左からのクロスをただなりが手で押し込んだボールは明らか
にゴールラインを割っていたのに明らかにハンドですほんとうに(ry
その直後、クリアボールを拾い前線のただなりが反転して撃ったシュート
のこぼれ球に素早く反応した武藤がゴールに流し込み先制のゲット。

柏は後半からレッズの左サイドが攻略点と気がついたようで#11を右に置き
換えてきた。失点のシーンはフィジカルが強い相手に対する森脇の軽さが
露呈するよく見るパターン。これはもう向上出来ない欠点なんだろうか。
一方右にはレッズで初スタメンだった遠藤。想像以上にいいプレーヤーだと
思った。試合中何度『遠藤いいねー』と一人テレビの前で呟いていたことか
(気持ち悪いDEATHネ)
試合後会見でミシャが追いつかれても勝てると思っていたとコメントして
いたけど僕も柏のセットプレーでのマークの外しっぷりが酷かったので可能性
は全然あるなと見ていました(結果論ですね)
まだ本調子でない柏木がピッチを去った後CKキッカーを任された武藤が
ニアのズラタンの頭に合わせ勝ち越しのゲット。
6分というどこでどう計算すると6分なんだよと全国のテレビの前のよい子が
突っ込みを入れたアディショナルタイムで阿部勇樹が口を切り出血しピッチ
を離れたときは嫌な感じがしたけど、猿ぐつわをされてピッチ上に再び放り込
まれたキャプテンの鬼気迫る姿に思わずなんだその逼迫した手当の結果なのに
緊迫した空気をほぐすような姿は…と思ったり。
[PR]
by caz0322753 | 2016-02-28 12:09 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
アジアチャンピオンズリーグ シドニーFC戦@埼スタ
いつもの道をてくてく歩いていると赤を基調にしたライトアップ
された埼スタが見えてきてあーまた今年も始まるんだなぁと。

5年目を迎えたミシャのレッズ。キャンプの様子は殆ど追ってなかった
ので槙野がセンターをやっていることも前日まで知らなかった。
で、2016年の新しいレッズ、スタメンのセンターは新しさを象徴する…
永田さん。
あれれ?と肩透かしされたようなw
シドニーの監督は14年に仙台を指揮していたアーノルド。当然レッズ
対策はしてきたようで5バックの守備的なスタイルを選んでいた。
ただこの試合のレッズは柏木が不在のため縦に楔を打ち込むよりサイド
からが多かったので5バックと中盤でレッズを分断しカウンター狙い
(だったのかな?)は当てが外れたようだ。
早い時間帯に相手の守備の連係ミスを衝いて新しい浦和の#9がボールを
かっさらい先制のゲット。武藤のボックスでの抜け目ない動きは今年も
健在というか注目されざるを得ない状況で早々に得点出来てよかったね。

後半シャドウで使われた興梠さんが落ちてきて受けて捌いてリズムを作り
裏に抜ける動きからPKをゲットして追加点。
全体的に内容は良くなかったけどそれは公式戦での連携がまだしっくり
いっていないだけでやるべきことはピッチ上の全員がよく理解している
のは伝わって来てたので仕上がり具合は特に心配も不安もないかな。

新戦力では遠藤航と駒井義成がベンチスタート。
遠藤は後半途中から青木に代わってCMFで登場。ピッチサイドに遠藤が
いることに気がついたときからの拍手が期待を表していた。
僕はイリッチがどんなもんなのか気になるのだけど槙野をセンターで
やらせているということで、慣れるまでお披露目は遠藤より時間が掛かり
そうかなぁ。
[PR]
by caz0322753 | 2016-02-26 21:41 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
WE CAN OVERCOME ANYTHING
WE CAN OVERCOME ANYTHING.
SMASHING BOUNDARIES.
CRUSHING HATERS.
a0005688_11215895.jpg

わたしたちは乗り越えてみせる、
境界線をぶち破り、
ヘイターどもを黙らせる
(意訳)

英国のメタル系専門誌METAL HAMMERが次号の表紙にBABYMETALを
起用する。その表紙に書かれたコピーがなかなかいい。

日本のメディアでは「海外で大人気」だのと最近流行りのつまらない自尊心
を満たすためのニッポンすごい!の一部のように紹介されるのがテンプレート
のようになっているけどBABYMETALが海外で活動することが文字通り戦い
でありそれは決して輝かしいことばかりでないことは伝えられていない。
BABYMETALがメタルかどうかの論争はエスカレートし十代の少女たちへ
容赦ない言葉の暴力が向けられ、海外のフェスでもすべて受け入れられ喝采
を浴びているわけではないという話も聞いている。
METAL HAMMER誌はそれをふまえこのようなコピーを載せたのだろう。
[PR]
by caz0322753 | 2016-02-19 11:40 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
やまない雨
1stアルバムに収録されなかった唯一のオリジナル曲
NO RAIN NO RAINBOW/BABYMETAL

(…ここに貼った動画は削除されたのでこの曲を聴いてみたい
方ははぜひ収録される2ndアルバムを買ってくださいw)

SU-METALがソロで歌うパワーバラード。
元々バラードが好きというすぅさんの圧倒的なポテンシャルをみせつけ
られる。そして「中元すず香」としての曲も聴きたいなぁと思うのです。
[PR]
by caz0322753 | 2016-02-06 20:13 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)