<   2016年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
名古屋戦@埼スタ
埼スタから浦和美園駅へ向かう足取りの軽いこと(追い風参考)


川崎戦のハイテンションな試合を経てどうモチベーションを維持するのか
難しかったのかな。前半はふわっとした気持ち悪い感触が消えなかった。
せっかく柏木の滅多に見れない反転右足からのゲットで先制したのにその
後の興梠さんが相手GKと1対1のシーンを作ったのにフェイクで転がしたり
切り替えしで遊び過ぎて決めきれず。
そうこうしているうちになんの攻撃的意図も感じられなかった名古屋に
シモビッチのゴラッソ一発で追いつかれてしまった。

後半は立っているだけのポールを相手にしているかのようにボックス内を
蹂躙し続け9分間で3得点。
この展開を生んだのはミシャが関根くんを左に配置換えしたことが大いに
関係していたと思う。突然関根くんとマッチアップした名古屋の右サイド
は全く動きに付いていけてなかった。ただなりの勝ち越しゲットをアシスト
した左サイドの崩しは右サイドセットの森脇がなぜか左に持ち出してきて
関根くんと縦の崩しを構築、お手本のような完璧な崩しだったなー
さらに相手のパスミスから素早く右サイドに展開するとバイタルで一度は
ロストしたものの柏木がハードな寄せで再び奪い取り興梠の得点をアシスト。
圧巻だったのはその直後右サイドで鳥籠のようにショートパスを廻し続け
ボックス内で駒井を起点に柏木、興梠と繋ぎ逆サイドの武藤が仕留めた4点目。

まるでレッズの攻撃パターンのお披露目のような時間が過ぎスタジアムが次
に沸いたのは伊藤涼太郎の公式戦デビュー。いきなり柏木のポジションにその
まま放り込まれてしまいちょっと可哀想wだったけど途中からシャドウの位置
に来てからは積極的に周りと絡もうとしていたね。育てることより結果を求め
られるミシャのレッズで高卒新人がリーグ戦でデビュー出来るのはなかなか
あることではないわけで関根くんが無観客試合でデビューしたのを思うと幸せ
なプロデビューになったね。
[PR]
by caz0322753 | 2016-04-30 18:31 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
まがい物
BABYMETALの母国、この日本で彼女たちが本格的に周知され始めたのだなと
実感する今日この頃、レッズサポ兼メイトさんにおかれましてはいかがお過
ごしでしょうか?

先週金曜日にはテレビ朝日のミュージックステーションに出演し異例とも
言える破格の扱いをしてもらい場違いな感じがしましたが、それもこれも
これまでと違い具体的に分かりやすい海外での実績が出来て一般視聴者に
紹介出来るようになったからかもしれません。

あ、BABYMETALについては海外では数年前からまがい物だのメタルじゃねぇ
だのその他口にしたくないもない表現が行き交っているのでなにを今更と
思っている。
ああやっと日本でもそういうコメントがメディアに登場する著名人から出る
程度に認知されたのかと海外との時差のすごさを実感してる程度DEATH
なにしろこの国では日本唯一のメタル専門誌が無視を決め込んだのを初め音楽
業界では所詮企画ものの色物アイドル程度の認識で音楽性の議論すら起きて
いないのでこれを機に屁理屈をこねまわしてみては如何でしょうか?w

ここでSU-METALさん(18)の言葉を載せておきましょう。
『新しいことをすると反対意見が出るのは当たり前だし、逆に皆が賛成でも
ちょっと気持ち悪いじゃないですか(笑)』
[PR]
by caz0322753 | 2016-04-26 22:01 | つぶやき | Trackback | Comments(4)
うまくないし勢いだけな浦和のaway川崎戦
シドニーからの長距離移動から中三日、あの悪コンディションでの激闘を
思うとかなり厳しいゲームになると誰もが思ったaway川崎戦は相手にほぼ
なにもさせない1-0の完勝。

休養十分な森脇、ウガ以外はシドニー帰りのメンバー。
立ち上がりからハイテンションな前から嵌める動きが出来ていて杞憂して
いた遠征疲れは感じなかった。
今年のレッズはトランジションの速さでロストした後の相手ボールホルダー
への複数の寄せで自由にさせないやり方が徹底されている。
川崎戦でいつもやられているパターンは前掛かりから引っ掛けられカウンター
を喰らうことなんだけどその点でこの試合はいい対応が出来ていたね。
で、ずっと課題なのはその立ち上がりの主導権を握っている時間帯で試合を
決めることが出来ないこと。この試合もほぼハーフコートで押し込んで
いたのにオンターゲットなフィニッシュはゼロで前半は終了。

たぶん川崎はレッズが後半足が止まるのを想定して前半は持たせていたの
だと思う。そこから得意なカウンターで仕留めようと。
僕も前半のハイテンションな時間帯で決めきれなかったのが後半効いて
きそうな気がしていたのだけどレッズはまるで憑りつかれたかのように
川崎を追い回し動きを緩める気配を見せなかった。
武藤の決勝点は浦和のトリデンテのコンビネーションから生まれた。
ただなりのワンタッチヒールからノートラップで武藤が浦和者に寿司を
もたらすコントロールシュートで先制のゲット。普段Jの試合を見ていて
もどかしいのはノートラップで撃てば得点出来そうなシーンで慎重に
トラップすることでGKに準備時間を与えてしまうことなんだけど武藤は
そんなもどかしさを消してくれるシュートを見せてくれた。

ミシャの試合の閉じ方は1点を守るメッセージ的な青木投入ではなく前線
にウメ、高木、駒井を次々と入れ相手にカウンターを警戒させる起用。
攻撃力を誇る川崎相手にズルズルと引いてしまうことなく最後まで球際の
勝負で負けずフルタイム戦えたことは大いに讃えたいな。


※追記
スカパーでレッズの試合と被らない試合を選ぶとき一番選択するのは川崎
の試合なんだよね。単純に攻撃的で見ていて楽しいから。だからミシャの
言いたいことはまぁ分かる。ここ数年Jリーグで多くのタイトルを獲得して
いるクラブは堅実で強いけどスペクタクルさは全然ないからね…
[PR]
by caz0322753 | 2016-04-24 23:58 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
アジアチャンピオンズリーグ GL awayシドニー戦
同日開催だと思ったら浦項×広州が火曜日、そして浦項が負けたことで
レッズは残り2試合で勝ち点1獲得すればGL突破が決まることになった
状況で迎えたシドニーFC戦。
ドローでいい試合とはいえピッチは数日前にラグビーが開催されたそうで
荒れ放題、ボールが弾みピッチはズルズルと滑る最悪のコンディションで
繋ぐスタイルのレッズにとっていつものように後方から組み立て直すよう
なやり方だと事故が起きても不思議ではなかった。

ピッチ状態は悪かったものの変にピッチ状態を意識しすぎずいつものような
やり方からのサイド攻撃が効いていたけど決めきれず。
後半センターを崩し柏木がヒールで流し興梠さんが放ったシュートはGKに
ディフレクトされてしまった。これが一番の決定機だったかなぁ。
ズラタンの負傷退場は痛かったけど興梠さん投入は既定路線だと思うの
で特に展開に影響はなかったと思う。65分くらいから足が止まり始め
この辺りでレッズはこのままスコアレスドローでいいと切り替えたかな、
自陣深い位置でのボール扱いに細心の注意を払いセーフティーな選択を
していたと思う。
終盤、3枚目の駒井を入れた後にウメが脚を攣るアクシデントがあったけど
なんとか耐えた。

ドローでおkな試合をそのとおりスコアレスドローで終えたこと、これって
ACLを勝ち抜くためには本当に大事。
07年のACLではawayで勝てなかったけど無敗で頂点に登り詰めた。
ミシャのレッズ3度目の挑戦でついにGLを突破できたのは過去の失敗の経験
が活きた。
[PR]
by caz0322753 | 2016-04-21 11:27 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
救援活動が実績作り?
MV-22オスプレイへの誤った認識の植え付けは諦めたと思っていたら熊本の
大地震で息を吹き返した模様。

記事から伝わる必死さの源がなにか気になります。
米軍オスプレイ、初の災害対応 実績づくりに疑問の声も(朝日新聞さま)

前震段階では米軍の救援申し出は必要ないと判断していたようですが
本震で被害が拡大し調査した結果孤立した地域への救援物資輸送に最適な
方法を選択したことをアピールのため「方針転換した」と報道する悪意。

なぜ一般国民はほとんど興味がない単なる輸送機なMV-22導入反対派という
変わった人びとが存在するのかというとMV-22はヘリ並みの短距離離着陸と
航空機並みの速度、航続距離を併せ持った機体で素早く部隊を前線に展開
可能なので日本にアメリカ海兵隊のMV-22があると困る国があるから。
その理由を配備反対の前面に出しても国民から賛意は得られないので開発段階
での事故を如何にも改善されていないかのようにあげつらい危険な飛行機と
主張し配備に疑問の声(という名の新聞社の主張)を上げていると。

国民に誤った印象を植え付けた一部メディアや政党が震災を利用して自分
たちの主張をすることの下衆さには反吐が出ますね。
[PR]
by caz0322753 | 2016-04-19 09:26 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
KLMってなに??な仙台戦@埼スタ
ヤスが仙台のコーチを務めているって知っていました?

a0005688_1702656.jpg


そんな呼び方があるなんてぜんっぜん知らなかったよーwというKLM
揃い踏み。

水曜日にawayシドニー戦を控えた仙台戦はある程度ローテーションして
くるかなと思ったら現時点のベストメンバーだった。
対する仙台はスタメンを確認しても『…だれ?』梁、ウィルソン、金園
など主力を欠いてかなり苦しいメンバー。
コイントスでエンドを変えやがる嫌がらせで北側に攻めた立ち上がりは一方的
な展開、仙台は一応4-5でブロックを作っていたけど隙があり楔を撃ち込んで
センターを突破出来そうだったのだけど攻略しきれないうちに仙台が慣れてき
てしまい一方的に攻めながら崩し切れない嫌な流れに。

後半、そのもどかしい現状を打破したのは左サイド槙野からのクロスをニアで
ヘッドで押し込んだただなりのゲット。そして歓喜が静まらない1分後になんと
も気の抜けた失点で追いつかれまたイーブンに戻る嫌な流れを変えたのは阿部
勇樹からのスルーを受け冷静に流し込んだ興梠さんのゲット。
更に左サイドのウメのクロスを武藤がヘッドで決めて浦和者に寿司をもたらす
3点目のゲット。
追いつかれたときはこのままカウンターを喰らって逆転負けパターンかなぁと
嫌な感じがしたけどピッチ上のレッズは焦らず冷静に相手の綻びを的確に衝い
ていた。

このKLMが良い関係性を作れているのはただなりがプレースタイルというか
考え方を変えたのが大きいと思う。自分が得点するためのプレーからチームが
得点するため泥臭い潰れ役のような仕事を厭わなくなった。
興梠も武藤も圧倒的な個の力があるわけではないけどチームとしてカタチを
作ることで周りを活かし活かされる存在として本領を発揮する。李忠成も
ようやくそのチームの一部になったように思う。
[PR]
by caz0322753 | 2016-04-17 17:40 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
away横浜戦
広州戦のハイテンションを味わったあとだけに物足りなさを感じて
しまった横浜戦。
去年この地で叩きのめされたトラウマがあるので横浜の前から嵌めて
こないプランは身体が重そうなレッズには助かった。

立ち上がりはそこまで低いラインではなかったのだけど何度か武藤が
裏に抜けたシーンを決めれないうちにブロックを低く再設定されて
しまったのが痛かった。そこでレッズはブロックの両サイドへロング
パスを入れるカタチは作れたもののそこから高くて強くて固い横浜の
守備を崩すにはアイディアが足りなかったな。
中央の密集地帯に楔を打ち込みフリックで打開する得意なカタチも
この試合では引っ掛かり決定機は作れず。
一方守備では散発のカウンターくらいしか忙しいシーンはなく、なに
よりほぼハーフコートで押し込みっぱなしだったので試合の流れと
何の関係もなく中村俊輔の高精度キックでポコっと点を獲ってしまう
横浜の必殺パターンを作らせなかった。(CKもゼロ)
後半は70分過ぎから足が止まりセカンドが拾えなくなってこれは
俊輔必殺パターンあるかも…とドキドキだったけど無用なファウルを
与えずよく我慢できたと思う。

ミシャは相手が守備的過ぎると大層お冠だったけどCKがあれだけあり
ながらセットプレーになんの期待も出来ないことを少しは考えたほうが
いいんじゃないの?(適当
[PR]
by caz0322753 | 2016-04-13 23:21 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
BABYMETAL「METAL RESISTANCE」レビュー
BABYMETAL、約2年ぶりのアルバム「METAL RESISTANCE」が
発売になったので国内盤のレビューを。
a0005688_1281633.jpg

THE ONE限定盤と初回限定盤とEU盤を並べてみた図


BABYMETALの強みはヘヴィメタル、ラウドミュージックをボーダレス
に取り入れられることだ。今回もメロスピからラップメタルまで幅広く
さらにブラックメタルやヴァイキングメタルwまでなんでもありなのだ
けど1stが活動開始時からのベスト的な内容だったのと比べてアルバムを
通したテーマがある。

#01 Road of Resistanceはこのアルバムを象徴する曲で今思うとこの
曲がロンドンで発表されたときに次作のコンセプトを示していたのだと
思う。

#02 KARATEはコミカルな合いの手とシリアスな歌の対比がベビメタ
らしいけど歌詞は内なる敵に立ち向かえというメッセージ色が強く出て
いる。

#05 Amore-蒼星-
透き通ったSU-METALの歌声が研ぎ澄まされた冷たい剣のよう。
アオボシというサブタイトルから分かるように1st収録曲「紅月」
と対になるメロディックスピードメタル。
息を飲むような透き通った歌声が心地よすぎて軽くトリップしそうな
すぅさんの歌声を堪能出来る。
歌詞は一聴すると空駆ける女騎士のハイファンタジーのような世界観
なのによく聞くと『24時間走り続ける』だの『愛よ地球を救え』だのと
なんだそれあの番組かいwと。

そして2ndで一番の問題作が#06 META!メタ太郎だ。
ヴァイキングメタルだと主張しているけど僕にはウルトラマンシリーズの
主題歌というか運動会の行進曲或いは高校野球の応援歌にしか聴こえないw
期待を裏切らなかったなんじゃこりゃ!?感。
メタ太郎は守りに入らずBABYMETALのマナーに則った曲。

#08 GJ!
BLACK BABYMETALが歌うラップメタル。
YUIMETAL、MOAMETALが歌うラップメタルはベビメタの多様性と
kawaiiの象徴。これライヴでめちゃ盛り上がると思う。

#09 Sis.Anger
BLACK BABYMETALが歌うブラックメタル。
実はこのアルバムを初めて聴いたとき一番フックがあったのがこの曲。
YUIMETAL、MOAMETALがイノセントな少女を演じ棒読みでブラックメタル
にありがちな表現(誰に向けた怒りなのかと皮肉にも取れる)を歌うことで
絶妙なアンバランスさを作りだしこれぞBABYMETALのマナーだと笑って
しまった。

そしてこのアルバムのハイライトともいえるのが#11 Tales of the Destineis
と#12 THE ONEだ。
複雑な変拍子を取り入れたプログレメタルに絶妙な合いの手を組み込んだ
Tales of the Destineisは一体これをライヴでどう演奏するんだろ?と心配に
なるくらいテクニカルな曲。最後のピアノソロから#12 THE ONEの壮大な
イントロのアルペジオがシームレスに流れてくると難解な閉鎖空間から一気に
視界が開けたかのような感覚に陥る。

アルバムを通して感じたのは「闘い」BABYMETALはその容姿や成り立ちから
今でも異端というか保守的なヘヴィメタルファンからは激しくバッシングされ
ている。1stがアイドル(Jポップ)とメタルの融合というテーマに沿った内容
で、過剰にアイドル(Jポップ)の部分がフォーカスされギミチョコ!!が代表
曲になってしまったけどこのアルバムでは思いつきでこのジャンルに取り組ん
でいるのではないとでも言いたげに音作りに甘さは殆ど加味されていない。
ギミチョコ!!が名刺代わりだったとすればこれがKOBAMETALがやりたかった
本来のBABYMETALなのかなぁと思ったり。
ていうかマネジメントやレーベルがこの内容で発売を許可したことが凄いと思うw
[PR]
by caz0322753 | 2016-04-10 01:48 | おんがく | Comments(0)
アメリカのお茶の間デビュー



アメリカ3大ネットワークの一つCBSでウィークデイの夜放送されている
The Late Show with Stephen ColbertにBABYMETALが出演し「ギミチョコ!!」
を披露した。


その衝撃はかなりのものだったようで当日公開されたyoutubeの番組公式動画
の再生数はわずか二日間で150万再生を超えコメント蘭はネット上では既に語り
つくされている内容のコメントで溢れている。
BABYMETALはこのわずか4分ほどの出演のため神バンドを帯同しスタジオで
生演奏をしているのだけど、これまで日本で出演したMステではバンドは当て振り
だしショートVer.だし三人のアップばかりでベビメタがライヴバンドである本来の
姿を放送してもらえなくて残念だったのと比べてベビメタの魅力をよく分かって
いるなぁと感心しました。
[PR]
by caz0322753 | 2016-04-08 19:02 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)
アジアチャンピオンズリーグ 広州恒大戦@埼スタ
フェリポン、埼スタの桜は綺麗でしたか?
a0005688_2321116.jpg



球際が強くなったねぇ、awayでもレッズのほうが厳しく行けているなと思った
けどロストした後のトランジションの速さはキャンプで取り組んだ成果が出て
いたと思う。
広州は勝たなければGL突破の可能性が消え、レッズは勝てばGL突破の可能性が
大きく開ける試合だったのだけどレッズのほうが絶対に勝ってやるという気持ち
が現れたプレーをしていたと思う。
武藤の決勝ゴールの瞬間の埼スタの咆哮は鳥肌モノだったしピッチ上のレッズを
後押しするスタンドとの一体感を凄く久しぶりに体感した。
前日、槙野がメディアになにか話したようだけど、この試合の重要さを浦和者
は十分理解していいましたよ、試合開始直前より試合中にどれほどスタンドの
サポが増えたことか。
[PR]
by caz0322753 | 2016-04-06 23:38 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)