<   2017年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
GNRお仕事@さいたまスーパーアリーナ
『さいたまああああ!』
ここはTOKYOではないとちゃんと呼んでくれたのはすぅさんだけだよw

行って参りました。
15年1月の新春キツネ祭り以来のさいたまスーパーアリーナ、去年9月の
BLACK NIGHT以来のBABYMETAL
a0005688_23571777.jpg


スタジアムモードのSSAはアリーナというより文字通りスタジアム級の広さ。
そういえばレッズフェスタでスタジアムモードのSSAに来たことがあったっけ。
僕の席はアリーナの一番後ろのブロック、ここから肉眼で三人を視認するのは
ほぼ無理だと分かっていたのだけど埼スタのゴール裏最前から南のゴール前に
いる西川くんを見るよりも遠いかも。
a0005688_2358129.jpg


当たり前だけどオーディエンスの殆どはリユニオンしたGUNS N' ROSESを観に
来ています。
その中にポツリポツリと見たことがあるデザインの黒Teeやフードタオル姿が
いるだけのアリーナで暗転して立ち上がってしまっていいものか戸惑う状況
だった。開演時間が近づくとさっきまで人もまばらだった会場はほぼフルハウス
に。おいおい、マジかよ。まだ前座なんですよ?もっとゆっくりいらしたら?
しかし暗転するとみなさん普通に立ち上がってBABYMETALの登場を待っていた
ように見えた。名前くらいは知っているのか、『ちょっと話題になったベイビー
メタルとかいうアイドルを見てやるか、どうせロクでもないけど嗤い話しの
ネタになるし』程度のノリなのかは分かりませんでしたが。

そんな中、僕らのスイッチを入れる「BABYMETAL DEATH」のイントロが鳴り
響くとさっきまでの遠慮がちな気持ちなど忘れてしまった。
このMETALLICAのONEオマージュなメタルチューンに不可思議極まりないダンス
と『べびぃめたるです、すぅめたるです、ゆいめたるです、もあめたるでふっ』と
しか言わない曲で会場の空気は一気になんじゃコレ?ドン引き状態になった…のかな?
いいぞ、もっとぶちかませと神バンドのソロを挟んで「あわだまフィーバー」、
「メギツネ」で”棒立ち”のオーディエンスに向かい『用意はいいかい?三つ数
えたら飛び跳ねるんだよ?』(日本語訳)と煽るSU-METALさん。
「ギミチョコ!!」で『みんな拍手拍手!』(日本語訳)と促すSU-METALさん。
伊達に海外のフェスや前座お仕事で場数を踏んでいない、肝の据わりっぷりは
数々の厳しいことを乗り越えてきた自信からなんだろうね。
「KARATE」は圧巻だった。ヘヴィなリフはGNRファンにはちょっと重すぎたかなー
と思うけどコール&レスポンスに繋げるすぅさんのアカペラの伸びやかな歌声の
素晴らしさに聴きほれた。このアカペラパートは決まった節がないようでその場
での即興なのかリハで決めるのか…いつも違って聞こえる。
最後は「イジメ、ダメ、ゼッタイ」予備知識がないGNRファンにイジメはダメだよ
確かにと訴求できたような気がしないでもないけど棒立ちの周囲など構うことなく
僕ら(隣のメイトさん数名と)はすぅさんの『うぃーあー?』という問い掛けに
『べびいいいめたあああああある!』とキツネサインを高々と掲げつつ絶叫で応え
『しーゆー!』で締めたのでした。

今回初めてベビメタが他バンドの前座を務める現場に行ったのだけど想像した
ほど冷たい反応ではなかったな。曲が終わると拍手や歓声が沸いたし掃ける
ときも大きな拍手があった。
肝心のBABYMETAL自身は…前座仕事だろうが一切妥協せずいや単独ライヴ以上の
熱量でメインアクトを喰ってやると本気で思っている。ありったけの自分たちを
届けたいという想いが伝わってくるアツいライヴだった。
[PR]
by caz0322753 | 2017-01-31 00:14 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)
NOT IN THIS LIFETIME…
過去と今と未来が交差した日
a0005688_23391920.jpg


会場の周りに続々と集まってくる人たちはあの時代の空気を体験したで
あろう年齢層が中心。今の時代は世界的にロックが凋落しこれといった
新しい世界的なムーブメントを起こすロックスターが生まれてこない。
GUNS N' ROSESはロックが世界を支配していた時代最期のスーパーバンド
の称号を得たバンド。ハチャメチャなエピソードと極上のハードロック、
僅か(実質的に)2枚のアルバムだけを残し自我崩壊したロックアイコン。
そのリユニオンツアーは世界中で絶賛され今夏の欧州ツアー100万枚の
チケットが1時間で完売したとか。
a0005688_20331029.jpg

二十数年ぶりの再会(チケット半券を保管してあった!)

スラッシュのギターソロ、ダフの「Attitude」、アクセルのピアノ弾き語り、
メロウな口笛から始まるPatienceどれもこれも懐かしさに溢れていて変わって
いなくて。過去の自分の思い出を反芻するような素敵なライヴでした。

最近のGNRは開演時間が遅れないよという話は聞いていた。オープニングアクト
のBABYMETALが引っ込んでから35分ほど過ぎた頃、客入れBGMで流れっぱ
なしだったQUEENがすっと消えGNRの登場をアナウンスするMCがフルハウスの
さいたまスーパーアリーナにGUNS N' Fxxk'n ROSESの降臨を告げnot in this
lifetimeなショウが始まりオープニングの「It's so easy」で豆粒みたいな三人が
同じステージに立っているのを見た瞬間から僕の時が巻き戻ってしまいました。
Mr.Brownstoneと懐かしい1stの曲が続き3曲目は「Chinese Democracy」
いやぁ…アクセルのソロアルバム(違います)の曲を二人がやっているよ?と
また違う感慨が湧いてくる。そしてまた時が戻りイントロの一発目の音でなにが
始まるか気が付く「Welcome to the Jungle」で扇情的なアクセルのあの高音が
聴こえてくる。あー全然大丈夫じゃね?声は出ているじゃんと。
実はリユニオンツアーが決まったときあまり気乗りしていなかった理由、それは
衰えたアクセルを見たくなかったのがあった。あの頃のアクセルは全身からロック
スターってこういうヒトなのかというオーラを発散しまくっていたわけで一時より
は細くなったとはいえ昔のようにステージを縦横無尽に走りまくり煽りまくる
カリスマはそこにいるのかと…全部杞憂でした。

スラッシュのギターソロにアクセルのピアノが加わりクラプトンの「レイラ」の
メロディが流れる。そしてアクセルの弾き語りで「Nobember Rain」が始まると
会場が一体になりスマホのライトでGNRを包み込んだ。なんとも穏やかな優しい
雰囲気。昔のオーディエンスと刺し違えるかのような殺伐としたアクセルでは考
えられないシーンだったなぁ。
a0005688_2048151.jpg


このリユニオンツアーが本当にアクセルとスラッシュが和解して昔のような
友人関係に戻ったことを意味するのかは僕には分からない。
だけどあれほど拗れ二度と同じステージに立つことさえないだろうと思って
いた二人がGUNS N' ROSESとして目の前に立ち笑顔を見せてショウをやって
いる。それだけで十分なのです

a0005688_20553341.jpg

リユニオン後のメンバー全員がオンステージ以外で勢ぞろいした写真は
これが初らしい。
二十数年という時は人の心を解きほぐせるほどの時間…なのかもしれない。
(いや、kawaiiは人の心を動かすのよねw)
[PR]
by caz0322753 | 2017-01-30 23:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)
到着
新機種、飛行に不安の声=機体運用実績少なく―F35配備で山口・沖縄(時事通信)

F-35戦闘機に特に関心がない一般層になんとなくな不安を植え付ける
姑息な記事ですね。
F-35はA、B、Cと3機種がありBは垂直離着陸(V/STOL)が可能な機種で
アメリカの強襲揚陸艦の狭い飛行甲板での運用を目的に開発された機体な
のだけど開発期間を含め今まで一度の墜落事故も起こしていない。
(F-35シリーズ全体でも墜落事故はない)

F-35Bが強襲揚陸艦で離着艦をする動画


一方いままで海兵隊岩国基地で運用されているAV-8BハリアーⅡは米軍の
航空機の中でも重大事故率が高い機種だった。
単発エンジンの割に機体重量があり過重な負荷がトラブルに繋がる可能性
と書いてあるけどF-35Bが搭載しているエンジンP&W製F135は単発で双発
エンジン並みの強力な推力がある最新型ね。
[PR]
by caz0322753 | 2017-01-19 16:29 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
メタリカさん!
a0005688_1852633.jpg

※画像の大きさで僕がどれだけ衝撃を受けたかご理解ください

BABYMETALがやり続けてきたことを見てくれて評価してくれる人が
世界にはたくさんいる。

これからも道なき道を突き進んでほしい。
[PR]
by caz0322753 | 2017-01-13 19:05 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)
新シーズン
2017年の新加入選手会見と17モデルのキットが発表されて
ようやく気持ちが切り替わったかな。

チャンピオンシップ決勝で負けてからずーっと胸の奥深くに
やり場のない怒りの熱が熾火のように消えずに残っていたの
だけど新加入会見の様子を見てようやく吹っ切れた感じがします。
(なんだあの重工が持ち込んだH-ⅡBのミニチュアを囲んだ画像はw)

ケンタッキーのカーネルおじさんを見沼代用水に放り込む日を夢見て
(やめろ)
[PR]
by caz0322753 | 2017-01-12 23:52 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
泣けた

響け!ユーフォニアム 2 Ep.05 三日月の舞

本放送で演奏を1曲フルで流した異例のシーン。
ユーフォはもっと評価されるべき泣ける作品なんだけど一般に
あまり知られていないのが本当にもったいない。
[PR]
by caz0322753 | 2017-01-03 01:17 | おんがく | Trackback | Comments(0)