混乱のなか
いつ以来の駒場だろうか?去年の桜戦以来の駒場だな・・・

相変わらず1列後ろの親父連中は的外れなヤジを飛ばしまくり
レッズの駄目さを嘆いている。それでも毎年ここに足を運んでくる。
そういうもんなんだろうな。

春らしくなった陽気のせいなのかぽわ~んとした空気に包まれた駒場。
駒場っていうのはな、もっと殺伐と(以下略)

坪井の抜けたところに平川を持ってきて左に酒井、中央に啓太さらに
3topの左は達也と左サイド総とっかえで挑んだギドだが急造ストッパーが
通用するほど大分は甘くなかったということだ。
アウベスと吉田が何度も裏を取る動きをみせレッズのDFは高いラインを維持
出来ない。それにしてもアウベスは噂通りのいいFWだった。高さとスピードを
兼ね備えている。去年の大分を想像していたのでMFのビチュヘといい弱点を
補ういい補強をしてきたと感じた。
で、レッズだが、U-23組を試して見たかったのかも知れないがこの2試合で
少し慣れてきた形を崩してしまったのが敗因だと思う。前節でも中央で守備の
要だった酒井に代わり啓太を入れたことで周りとの呼吸が合わずしかも啓太
自身の出来の悪さも加わり全く効果的な役割が出来なかった。
啓太はボールの展開力が一つの武器なのに肝心のパス精度が悪すぎ。
判断も遅く苦し紛れの横パスを繰り返すだけでは・・・
達也は初めて今年のチームに加わった割には良く出来ていたと思うがそれは
彼個人の能力によるものでしかなかった。あの緩急を織り交ぜたドリブルは
相手にとってはやっかいだろうな。
エメ、達也、永井、ヤマ、長谷部、山瀬・・・いずれもチャンスを作ったけどその
多くは個人技での打開でチームとして相手を崩しての形がまだあまり作れて
いないのは仕方ない。去年と全く違うコンセプトで攻撃をしているのだから。
開幕2試合が僕の予想以上にいい結果だったので昨日はかなり落胆したが
一晩たってみればまだ始まったばかりのチームなのだから0-2から一度は
追いついた点も少し褒めてあげなければと思った。
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-28 12:08 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
挑発?
なんなの?あの中国政府の態度は?
結局、愛国心高揚と政治、経済的不満の捌け口にするための自作自演だろ?w
この事件が起きた時に、日本政府はどう対応するのか興味深く見ていたけど
恐らく外務省が対中関係を配慮するあまり曖昧な対応をするのではと予想
していた。逮捕に踏み切ったのは思い切った対応だし評価出来ると思う。
ここで好き勝手にさせたら次に中国は漁船が故障したとか理由をつけて魚釣島に
上陸、既成事実化を計り自国の船舶の保護などを理由に海軍を派遣し、フィリピン領の島を侵略したときと同じことをしかねない。(スプラトリー諸島だったか?)
大体チベットで行っている弾圧をはじめ人権侵害問題や言論統制を行い
共産党の保身しか考えていない中国政府がよくも恥ずかしくもなく人権問題などと
言う言葉を日本政府に言えるものだ。
自国政府に対するデモなどは即刻解散させるくせに日本大使館に対するデモを
黙認したと言うことは今回の事件の裏に何があるのかがよ~く分かる。

天安門事件ってなんだったのだろう?民主化運動は?
それより目先の金ですかそうですか・・・
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-26 00:39 | Trackback | Comments(0)
ホーム開幕
今年初めて見るレッズ。なんだか朝から落ち着かず試合開始3時間
前に家を出てしまった。
途中の電車の中でキャバクラセブンにヤマが入っていたと話す女の子
たちの会話にちょっと聞き耳をたてたりしているうちに埼玉スタジアムに
到着。
いつものシートに落ち着いてすぐ脇のゴール裏を見渡すといつもの
光景が変わらずに見える。
隣の席の人が今年は変わったようでいつもと違う一人観戦のお兄ちゃんが
新しいレプを着てやってきた。

五輪組はサブにもいないかと予想していたが山瀬と啓太が入っていた。
達也は腰に痛みがあるとかで休養。いま達也に出てくれと言うのは
酷だろう。今後のことも考えればここでしっかりと体を休めることが大事。

前半は眠っていた。前節のような畳み掛けるような攻撃は見られず
ボールの動きも停滞気味。セットプレー時の守りが不安に見えていたら
そこから失点、あれ?大久保と西澤のツインシュート??
永井がサイドを切り裂いて何度か勝負を仕掛ける。どちらかと言うと左サイドが
得意な永井が右でも充分出来るところを見せ付けてくれた。
それにしても桜のDFはデカい。永井も長身だがそれよりも頭一つ抜けていた。
しかし永井のマッチアップにはスピードが足りなかったようで永井に翻弄された
いたようだった。
ハーフタイムを挟んで見違えるように動きが良くなったのはギドが的確な指示と
修正をしているからだろうか?(希望的観測)
桜がノーガードの撃ち合いを挑んできて最終ラインの裏にスペースがかなり
あったことも幸いしてレッズの高速FWが何度もゴールを襲う。
そして中盤でヤマがボールを奪いそのまま50メートル以上をドリブルで中央突破!
ペナ前で左に動いていた長谷部へラストパス、長谷部がそのまま持ち込んで
落ち着いて撃ったシュートは逆転のゴール!
この日の長谷部は効果的なパス出しとシュートと去年までのイメージを覆す正に
攻撃的MFとしてプレーしていたと思う。現代のトップ下はパス出しだけしていれば
言い訳ではない。今年は長谷部の成長を見るのが楽しみの一つになった。
新加入では酒井がいい働きをしていた。3ボランチでの守備面では酒井が
精力的に動き回り潰し役として頑張っていた。酒井の補強は大ヒットかも。
一方アレックスはまだフィットしていない。サイドに流れてもボールを捏ねることが
多く攻撃のリズムを壊してしまう。アレックスってドリブルで勝負というかスペースに
ボールを貰いながら流れの中でクロスを上げる選手かと思っていたのに・・・

エメ神様の2ゴールで突き放し終わってみればギドレッズの初勝利。
今年のエメは仕上がりが早い。スピード、フェイント全ての面においてキレキレ。
ただし、エメは永井と組むと少しズレがある。それは永井がクロスを入れる瞬間に
中をルックアップするタイミングが遅いからだと思う。そしてエメ達コンビの
ようなケミストリーが出来るほどの信頼関係がまだないからなのかもしれない。
何度かそういった場面があり、贅沢な悩みだが早く達也とのコンビが見たいと
思ってしまった。
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-23 01:13 | Trackback | Comments(0)
we are reds!!
いやエメのプレーを見るだけでもレッズのゲームを見る価値はありますよ、みなさん。

クソ寒い帰り道も近く感じる。
これからの1週間幸せな気分で過ごせる。
思わず勢いで買ってしまったTシャツの値段もキニシナイ。
大好きなフットボールの季節が始まった。
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-21 23:33 | Trackback | Comments(0)
straight ahead 
a0005688_01621.jpg
心配したが終わってみれば文句なしの1位通過。
得失点差が4あるので勝てばバーレーンのことは考えなくても
いいかなと少し楽観していたとは今だから言えること。
暑さと謎のウィルス性腸炎に苦しめられたUAEラウンド、コンディション
不良とバーレーンの抵抗で苦しんだ日本ラウンド。うちの選手たちもギリギリ
の状況での国際試合を経験してなにものにも代え難い経験を積んだと思う。
中1日での3試合を2週間でこなす強硬日程のせいでクラブに戻ってからの
コンディションが心配だが、今は心からおめでとうと言いたいです。

・・・大久保さん?もちろん21日はお休みですよね?

ところで啓太の「あの~」が耳について仕方なくありませんか?
キャプテンなんだからハキハキと答えんかいw
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-19 00:09 | Trackback | Comments(0)
免疫力
免疫力強化を謳う健康食品や本は癌患者とその家族にとっては
とても頼りたくなる物の一つだと思う。
昨日テレビで免疫細胞療法について放送していたが保険適用外という
ことで1クール6回の治療で120万円の費用がかかるそうだ。
癌に罹っていない人達にとっては法外に思えるかもしれないが通常の治療
ではもう治る見込みがない人(家族)は試してみたくなると思う。
自分もアガリクスやサメ軟骨エキス、プロポリスなど友人に金額を言うと
凄く驚くほど高額な物を母に飲ませていた。こういった物が実際に効果を
上げている人もいるのだろうが母は亡くなった。
免疫力が弱ってしまい体内の癌細胞が増殖し大きな腫瘍になったのだから、
免疫力を強化すれば腫瘍も縮小するのでは?とアガリクスなどを試して
みたが、今は大きくなった腫瘍が免疫力だけで縮小するわけないと思えてきた。
あの頃の自分は、なにかすがれる物を探していたのかも知れない・・・
ただ弱っていく母を見ているのが辛くて自分の気持ちを治める為に高額な
健康食品を買い続けていたのかも知れない。

日本では3人に1人が癌で亡くなる。それなのに日本の癌治療に対する研究費は
驚くほど少なく、それに携わる研究者もまた驚くほど少ない。
欧米では普通に使われている抗癌剤も日本ではその多くが認可されていない。
先進国と言われる日本も先端医療については10年遅れているそうだ・・・
治療法があるのにそれを受けられないというのはあまりに残酷だ。
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-18 01:11 | Trackback | Comments(0)
U-23代表戦 対レバノン
もう試合前の国歌独唱はやめろ。普通に演奏で何が悪い?
これも代理店の入れ知恵だろうが、相川ナナセやk-1のオッサンに
歌わせ失笑をかわせてなにかメリットがあるのか?きゃぷてんサン。
代表とは別に代表サポも様変わりしたな。女声がやけに聞こえてくる。
あれでは相手にブーイングしても何とも思われないだろう。
オリンピック予選ということもあるのだろうか、ここで引き分けたら終了
という悲壮感もなければ何としても勝たせようという意気込みも感じられない、
イベントを楽しむ雰囲気・・・
昔は良かったとは言わないが、97年の国立でのカザフ戦やUAE戦の
殺気立った雰囲気感じられなかった。

試合は日本が序盤から前掛かりで攻める、攻める。しかしレバノンもペナ付近では
キッチリと締めてきいてる為フィニッシュまで持っていくことが出来ない。
テレビではしきりに日本の攻勢を強調していたが得点は阿部のFKのみ・・・
2列目に松井、前田を置きながらポストがうまく使えない。右サイド石川も
突破まではいいのだがクロスを上げる前に相手DFの網にかかってしまった。
クロスを意識するよりも思い切ってミドルを撃つ選択もありだと思うけどなぁ。

後半、尚も攻め続けるがどうしても詰めが甘い。
攻めあぐねているうちにロングボールの処理を近藤が誤りカウンターで撃沈。
しかし、同点になったおかげ?でレバノンが少し前掛りになってくれればまだ
チャンスもあるな~と思っていたら前田のクロスに大久保がヘッドで合わせ
電光石火のゴール!
とにかく得失で4点差をつけ依然首位。次のバーレーン戦の結果次第だが
最後は痺れるような闘いが見れそうで楽しみだ。

マスゴミ期待の平山は、確かに高さもあり懐も深いけどまだマークがキツイと
仕事が出来ないしボールを持ったときの姿勢の悪さが気になる。
まぁまだ長い目で見てあげないといけないね。
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-16 22:50 | Trackback | Comments(0)
PLAY TO THE LIMIT!!
a0005688_14151.jpg
IN THE RIGHT SPILIT

ついに始まった2004シーズン。遅ればせながらのビデオ観戦を夕べ済ませ
やっとみんなに追いついた気分。
先日の甲府とのプレマッチを見てどうなることかと心配しっぱなしの日々だった
けどなんとか見れるくらいには仕上げてきたかなと言う感じ。
去年と比べて一番の違いは2列目がどんどんペナまで上がってくること!
ペナ中央にぽっかりと空いたスペースを埋めようとする動きが見れるだけでも
これは大きな変化だ。平河がアレックスと入れ替わってペナに進入してマイナスな
クロスを入れたり長谷部がドリブルで中央突破を試みるなんて場面もあり、ギドが
掲げている攻撃的なフットボールがどういう方向を示しているのかが少し解った。
一方守備はガチガチのマンマークからゾーンへと変更。この弊害が早速アン・ポンタン
のゴールの場面で見られたようだ。サイドからドリブルで持ち込むアンに対して誰が
付くのかが曖昧で体を寄せれば防げたかもしれないシュートを打たれてしまった。
得点はエメ神様のゴール。トラップからハーフボレー気味のボールがふわっと
ゴールに吸い込まれた。今年もエメは凄いぞと言うのを見せ付けるようなドリブル
突破も見せたし、早く田中フロドとのJ最強のコンビを見たいなぁ。
結果は1-1のドローだが悲観的になることはない試合だったと思う。試合後の挨拶
の時のサポコールもブーイングではなく凱歌をあげるような歓声に聞こえた。
(テレビなのでバックに聞こえる声だけだったけどね)

↑の画像は去年の横酷
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-15 14:02 | Trackback | Comments(2)
グッド・ウィル・ハンティング
結構好きな映画。
公開当時、マット・デイモンの才能に驚いた。
最近は所謂ハリウッド映画に出ているようだけどもっと
心に残るような作品をまた自分で作ってくれたらなぁ。

殻に閉じこもりながらも心のどこか出口を探している・・・
どこか頑ななところがちょっと解るような気がするな。
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-10 23:00 | Trackback | Comments(0)
温泉の素
以前旅館でもらった入浴剤を夕べ使ってみた。
なんだか硫黄の臭いがして、ま・さ・に 温泉気分。
が、布団に入るとなんだか体が硫黄臭い。
夜中に何度か硫黄臭さでうなされたかも。
日中もそこはかとなく硫黄の臭いを漂わせつつ取引先と打ち合わせを
したりしてへんな臭いに気づかれなかったのだろうか・・・心配だ。

大久保、代表復帰だって?
コイツはちょっと挑発するとすぐにキレるのも知られているだろうな。
UAEの挑発に乗り一発レッドでしょんぼりと退場する大久保・・・頼むから
本気モードの国際試合での駆け引きを覚えてくれよ。
[PR]
# by caz0322753 | 2004-03-08 22:53 | Trackback | Comments(0)