CAPS LOCK
CAPS LOCK/CAPSULE
CAPSULE(大文字になった)のレーベル移籍後初アルバム。


アルバム発売に先行してオンエア解禁された「CONTROL」を聴いてここ数作の
ベースだったフロアを意識したエレクトロではなくテクノだなぁと思っていた
けどアルバム1枚を通して聴いてみた率直な感想は床も壁も天井も真っ白な空間
にモノクロの写真が1枚あるような…静かな空間に置かれたシンプルなオブジェ
的で最近の夜行性で外向けな音とは一線を画し、繊細というか緻密な音をミリ
単位の組み付け精度で構築した感じ。

パッケージの中に1枚だけあるアーティストフォトのこしじまさんは近作の
ダサかっこいい系と違いちょっと昔のイメージに近いようなオサレさんに写って
いてイイ感じ。
a0005688_0194274.jpg


「CONTROL」はぎっしりと詰まった音階の塊が波状攻撃のように耳に押し寄せて
くる心地よいアップテンポな曲。こしじまさんの声はまるでヴォーカロイドのよう
で完全に他の音と同化し曲に溶け込んでいる。
商業的成功は見込めない、実験的で趣味の世界をそのままSoundCloudにupしたか
のような曲「12345678」…機械化された無機質な世界に中盤突然こじしまさんが
唄う昔の童歌のような旋律が重なってくる。
「SPACE」スペースなのか宇宙なのかwちょっと20世紀につくられたSFのサントラ
のような(タイトルが思い出せない)
「RETURN」坂本教授と久石譲が混ざったようなピアノを強く意識した曲。メロディ
は透明でキレイなんだけど美しさではなく怖さを感じるのはなぜなんだろう。
[PR]
by caz0322753 | 2013-10-27 22:50 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://directpass.exblog.jp/tb/18852226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 祝・山田暢久J1 500試合出... 今日という日は >>