FIFAクラブワールドカップ5位で春夏秋冬のシーズンが終了
柏木陽介曰く春夏秋冬だった浦和レッズ2017シーズンが終了。

色々言われていますがACLを獲ってFIFAクラブワールドカップに出場
することは開催国枠で出場することとは重みが比較にならないほど違います。
何と言われようが俺たちのレッズはそれを成し遂げた。これは胸を張って
死ぬまで自慢しちゃうよw

レッズの2017シーズンはアラブ首長国連邦アブダビでFIFAクラブワールド
カップ5位決定戦という開幕前には想定していなかった形で終わりました。
いや、本当に。どうしてこうなった…と悪夢のようなシーズン終了でおかし
くなかったはずなのに違う国際大会では劇的な夢のような試合が続いて最終
的にレアル・マドリーとの対戦を期待されながら開催国枠の特に強くもない
相手にカウンターで沈められしまうネタクラブとしての期待は裏切らない
浦和レッズさん…自分のなかで整理するのが大変なシーズンでしたw

で、アフリカ大陸王者ウィダード・カサブランカ戦はマウリシオのゴラッソ、
目の覚めるようなコンビネーションから柏木のゲット、マウリシオのゲット
で3-2の勝利。この試合が今季58試合目だったそうで一度はボロボロになった
チームをなんとか立て直しアジア王者になりCWCという日本のクラブが立てる
最高峰のステージで58試合目を勝利で飾ったチームに心からお疲れさまでした
と言いたいです。
[PR]
by caz0322753 | 2017-12-14 23:58 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://directpass.exblog.jp/tb/238079593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< rest of the world 山田直輝が復帰 >>